【完全図解】え?もう終わり?WordPressをXサーバーにインストールする方法

【完全図解】WordPressのインストール方法

 

ここあです。

 

これからの時代、個人にも必要となる

副業にも最適なオウンドメディア。

 

特に、インターネット上でのオウンドメディアとして

あなたのお店となるWebサイトを立ち上げる場合は

  1. レンタルサーバーを契約する
  2. 独自ドメインを取得する
  3. サーバーに独自ドメインを設定する
  4. CMSのWordPressをインストールする ←今はここです。

これらの作業が必要となります。

 

これからオウンドメディアを立ち上げたいけど

レンタルサーバーの契約や独自ドメインの取得が

まだ済んでいないという場合は

 

先にそれらの作業を済ませてから

以下の行程に進んでくださいね。

 

今回は、日本でのシェア率84.2%(2017年現在)のCMS

WordPressというコンテンツ管理システムを

 

レンタルサーバーにインストールする方法を

図解で詳しく解説していきます。

 

なお、WordPressのインストール先である

レンタルサーバーについては

 

WordPressの自動インストール機能が付いた

エックスサーバーを使用します。

 

もしもこれからレンタルサーバーの契約をするなら

WordPressの自動インストール機能がついた

エックスサーバーがかなりおすすめです^^

 

それでは順番に説明していきますね。

 

WordPressをエックスサーバーにインストールする方法

 WordPressをエックスサーバーにインストールする方法

 

先にもお伝えしましたが

レンタルサーバーをエックスサーバーで契約すれば

WordPressの自動インストール機能が付いているので

 

WordPressのインストールは超簡単です^^

 

まずはエックスサーバーの

サーバーパネルにログインしましょう。

エックスサーバーオフィシャルサイトへ

 

サーバーパネルへは画面右上の

ログインボタンから選択できます。

エックスサーバートップページ

 

 

サーバーパネルのログイン画面を開いたら

IDとパスワードを入力し、ログインしてください。

エックスサーバーのサーバーパネルにログイン

 

 

サーバーパネルにログインしたら画面左下にある

設定対象ドメインを確認し

  1. WordPressをインストールするドメインを選択
  2. 設定するをクリック

の設定をしてください。

エックスサーバー設定対象ドメインの選択

 

 

WordPressをインストールするドメインが設定できたら

あなたが選んだ設定対象ドメインに切り替わります。

エックスサーバー設定対象ドメインの選択

 

 

設定対象ドメインになっていることを確認したら

その右側にあるWordPressの項目にある

WordPress簡単インストールをクリックしましょう。

WordPress簡単インストール

 

 

WordPress簡単インストールをクリックすると

画面が切り替わりますので、続いて

WordPressのインストールをクリックしてください。

WordPressのインストール

 

 

WordPressのインストールをクリックすると

インストールをする前に、簡単な設定画面が表示されますので

必要事項を入力してきましょう。

WordPressインストール設定

 

①ブログ名

ブログ名は後から変更可能です。

ブログ名が決まっていない場合は暫定のブログ名を入力してください。

 

②ユーザー名

WordPressの管理画面にログインする時に必要となります。
※メモを取るのを忘れないようにしてくださいね。登録ユーザー名は変更できませんのでご注意ください。

 

③パスワード

こちらもユーザー名同様、WordPressの管理画面にログインする時に必要となります。
※こちらもメモの取り忘れにはくれぐれもご注意ください。パスワードの変更は後からできます。

 

④メールアドレス

ここで登録したメールアドレスにWordPressからのお知らせや

ブログへのコメントが送信されます。
※メールアドレスは必ず受信が確認できるアドレスを登録してください。後から変更可能です。

 

⑤データベース

自動でデータベースを生成するの方に必ずチェックを入れてください。

 

⑥インストール

必要事項が全て入力できたら、インストール(確認)をクリックしましょう。

 

インストール(確認)をクリックすると

インストールの確認画面が表示されますので

インストール設定確認画面

 

 

入力内容を改めて確認の上

インストール(確定)をクリックしてください。

インストールを行うと、インストール先ディレクトリ内の「index.html」が削除されます。ご注意ください。とメッセージが表示されますが、無視して大丈夫です^^

 

以下の画面が表示されたらインストールは完了です。

インストール完了画面

 

ここから管理画面へというWordPressへのリンク先のURLを

クリックすると、WordPressのログイン画面に移動できます。

 

この後、作業をするしないに関わらず

WordPressの管理画面にログインできるか

念のため確認しておきましょう。

 

WordPressがインストールできたらログインしてみよう!

WordPressがインストールできたらログインしてみよう!

 

先程、エックスサーバーで

WordPressのインストールを完了した時に

表示されたURLをクリックすることで

 

WordPressのログイン画面へと進むことができます。

 

URLをクリックすると、以下のように

WordPressのログイン画面が表示されますので

ユーザー名とパスワードを入力し、ログインしてみましょう。

WordPressログイン画面

 

①ユーザー名またはメールアドレス

WordPressをインストールする時に、あなたが登録した

ユーザー名を入力してください。

 

パスワード

ユーザー名同様、WordPressをインストールする時に

あなたが登録したパスワードを入力します。

 

③ログイン

ユーザー名、パスワードが入力できたら

最後にログインボタンをクリックしてログインしましょう。

 

ログイン後、WordPressの管理画面が表示されたら

無事にインストールが完了しているということです。

WordPressダッシュボード画面

 

 

いよいよ、あなたのオウンドメディアの扉が開かれました。

 

ついでに、あなたのWebサイトの管理画面を

  • Windowsの場合:Ctrl + D
  • Macの場合:command + D

で、お気に入り登録しておきましょう。

 

WordPressのインストールは以上です!

ね、「え?もう終わり?」って思ったでしょ?(笑)

 

WordPressのインストールはたったこれだけなんです。

自動インストール機能が付いた

エックスサーバーの場合は…ですけどね…^^

 

WordPressにログインできない!そんな時は?

もしかすると…

「WordPressにログインできない…。なんで?」と

あなたは焦っているかもしれません。

 

しかし、焦らなくても大丈夫です^^

 

サーバーを契約し、すぐに独自ドメインを設定し

WordPressまで一気にインストールした場合

WordPressのダッシュボードに入れないことがあります。

 

というのも…

 

エックスサーバーを契約し、独自ドメインを

すぐに設定しても、サーバーの管理側で

それらの設定をしてもらわなければなりません。

 

なので、エックスサーバー側で正式に

独自ドメインの設定作業が完了しなければ

 

私たちが行う表面上の作業は完了していても

実はまだ機能しないということが起こり得るんですね…。

 

なので、エックスサーバーの契約から

WordPressのインストールまで一気に作業を進めた場合は

ここで一旦お茶でも飲んでのんびりしてください^^

 

エックスサーバーと独自ドメインの設定(紐付け)には

数時間〜最大で24時間程度かかる可能性があるので

WordPressまでインストールし、仮にログインできなければ

 

「また明日にしよう!」ぐらいな気持ちで…

サーバー側の設定が完了するまで

のんびりと待ってみてくださいね。

 

WordPressにログインできない場合は

  • WordPressがあなたに嫌がらせをしている…(笑)
  • あなたのインストールが失敗している

というワケではありませんので

ログインできなくても全然焦る必要はありません^^

 

もしも、WordPressにログインできなかった場合は

焦らず時間をおいてから改めてログインしてみてくださいね。

 

ここから先はおまけです。

興味のある方だけ読み進めてください。

 

サブドメインを作ってWordPressをインストールする方法

サブドメインを作ってWordPressをインストールする方法

 

ここからは新たに取得した独自ドメインではなく

あなたのドメインにサブドメインを作り

 

サブドメインにWordPressをインストールする方法を

ご説明致します。

 

サブドメインとは、読んで字のごとく

サブのドメインになります(笑)全然説明になってない…^^;

 

例えば、Yahooの場合…

  • メインドメイン:https://www.yahoo.co.jp/
  • サブドメイン:https://auctions.yahoo.co.jp/

auctionsの部分がサブドメインとなります。

 

つまり、Yahooのオークションサイトである「ヤフオク」は

サブドメインで運営されているんですね^^

 

サブドメインには…

  • お金が一切かからない
  • いくつでも増やせる

というメリットがあり

 

デメリットは…

  • SEOがメインのドメインよりは弱くなる
  • Googleアドセンスの申請ができない

ということです。

 

だから、SEO対策をしっかりと行い

あなたのWebサイトにターゲットユーザーを

たくさん集めたい場合は

 

やはり、メインとなる独自ドメインを取得して

オウンドメディアを立ち上げ運営する方がベストです。

 

また、Googleアドセンスは

サブドメインでの申請ができないため

 

クリック報酬型のGoogleアドセンスを使った

アドセンスアフィリエイトを行う場合も

必ず独自ドメインを取得して申請しなければなりません。

 

では逆に、どんな時にサブドメインが有効かというと…

例えば

  • テストサイトを立ち上げる時
  • 特設サイトを作る時

などにサブドメインは使えます。

 

WordPressのテンプレートによっては

1つ購入すれば何サイトにも使用可能なテーマがあるので

 

メインサイトとは別に新しく手に入れたテーマを

テストサイトとして立ち上げる場合には重宝します。

いわゆる練習用というやつですね^^

 

また、サブドメインで特設サイトを作り

パスワードロックをかけ、あなたのWebサイトからの

購入特典として、特設サイトへユーザーを案内することもできます。

 

そもそも購入特典だけの特設サイトをわざわざ

独自ドメインで立ち上げるメリットがありませんからね…。

 

とりあえず、サブドメインはそんな使い方ができる

ということだけ覚えておいてくださいね^^

 

エックスサーバーであれば…

ドメインは無制限に増やせるし

一番安価なX10プランですらディスク容量が200GBもあるので

 

そうそうドメインを増やしても

ディスク容量がいっぱいになるということはありません。

 

ということで、サブドメインの作り方と

WordPressのインストール方法だけ簡単に説明しておきます。

 

エックスサーバーでサブドメインを追加する方法

まずは、エックスサーバーのサーバーパネルに移動します。

エックスサーバーオフィシャルサイトへ

※トップページからサーバーパネルにログインしてくださいね^^

 

サーバーパネルにログインしたら

サブドメイン設定をクリックしましょう。

エックスサーバーサブドメイン設定

 

 

サブドメイン設定をクリックすると

以下の画面が表示されますのでそのまま続いて

サブドメイン設定の追加をクリックします。

サブドメイン設定

 

 

サブドメイン設定の追加をクリックすると

このようなサブドメインを設定する画面に移動ます。

エックスサーバーサブドメイン設定

 

 

①サブドメイン

あなたが好きなドメイン名を入力してください。

 

②コメント

コメントはエックスサーバー上であなたが管理するためのものです。

WordPressのサイトには影響がありませんので、管理しやすい名前を気軽につけてください。

 

③無料独自SSLを利用する

サブドメインのテストサイトであれ、特設サイトであれ、

サイトのSSL化はしておくに越したことはありません。

必ず無料独自SSLを利用するにチェックを入れてください。

 

④サブドメイン設定の追加(確認)

サブドメイン名、コメントが入力できたら

サブドメイン設定の追加(確認)をクリックしてください。

 

サブドメイン設定の追加(確認)をクリックすると

「以下のサブドメインを追加しますか?」という確認画面が表示されます。

サブドメイン設定の追加(確認)画面

 

内容を確認し、問題がなければ

サブドメイン設定の追加(確定)をクリックしましょう。

 

サブドメイン設定の追加(確定)をクリックすると

「サブドメイン設定の追加が完了しました」という

メッセージと共に、サブドメイン設定の追加が完了します。

サブドメイン設定確定画面

 

 

サブドメイン設定の一覧をクリックしてみると

先程、追加設定したサブドメインが登録されています。

サブドメイン設定一覧

 

 

上記画面を見て分かるとおり、先程入力した②のコメントは

このサブドメイン設定の一覧で

 

そのドメインがどんなサイトなのかを

あなたが見分けるためだけのコメントになります。

 

コメントはいつでも変更できるし

サブドメインは一番右にある削除ボタンをクリックすることで

削除することができるので、気軽に作ってみてくださいね^^

 

サブドメインにWordPressをインストールする方法

サブドメインにWordPressを

インストールする方法は簡単です。

 

メインのドメインにWordPressをインストールする要領と

全くかわりません。

 

サブドメインにWordPressをインストールする場合も

エックスサーバーのサーバーパネルから

WordPress簡単インストールをクリックし

WordPress簡単インストール

 

 

続いてWordPressのインストールをクリックします。

WordPressのインストール

 

 

WordPressのインストールをクリックすると

先程と同じくWordPressのインストール設定が開くので

 

インストールURLを先程追加したサブドメインに切り替えて…

 

 

ブログ名以下は、メインサイトと同様に必要事項を入力して

最後にインストール(確認)ボタンをクリックすれば

WordPressのインストールが完了します。

 

このようにサブドメインでWordPressをインストールする場合

サブドメインの追加登録さえしてしまえば

 

インストールURLをサブドメインに切り替える

という部分が違うだけで後は全て同じです。

 

だから、サブドメインにWordPressをインストールし

テストサイトなどを立ち上げるのも非常に簡単で

費用が発生するというリスクもありません。

 

せっかくドメイン無制限のエックスサーバーで

契約した以上は、サブドメインも上手く使って

あなたのオウンドメディアの運営してくださいね^^

 

WordPressをインストールする方法まとめ

WordPressをインストールする方法まとめ

 

今回はメインサイトとなる独自ドメインのURLに

WordPressをインストールする方法と

サブドメインにWordPressをインストールする方法を解説しました。

 

しかし、WordPressをインストールできたからと言って

すぐにあなたのオウンドメディアが

運営できるというワケではありません。

 

WordPressにはしかるべき初期設定や

テンプレートをインストールして

サイトのデザインを整えたり

 

便利なプラグインを追加して機能を拡張したりと

まだまだやるべきことがたくさんあります。

 

しかし、サーバーを契約し、独自ドメインを取得して

WordPressまでインストールできたあなたなら

この後の行程も、つまずくことなく進めることができるはずです。

 

だから、せっかくここまで進めた以上は

あなたのオウンドメディアをより運営しやすくするために

この後の行程もしっかり行ってくださいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

WordPressがサーバーにインストールできたら

続いてオウンドメディアの常時SSL化をすぐにしましょう。

WordPressの常時SSL化はインストール直後にすると超簡単!

 

オウンドメディアの構築に関し、分からないことがあれば

いつでも気軽にご相談ください。

「ここあ」に問い合わせる

 

 

合わせて読みたいおすすめの記事

【完全図解】WordPressのインストール方法

ABOUTこの記事をかいた人

ここあ

グラフィックデザイナー歴20年。2017年アフィリエイトを始めて独立。デザイナーのスキルも生かし、アフィリエイトでストレスフリーな生活を楽しみながら、ネットビジネスの素晴らしさを一人でも多くの方に伝えたくこのブログを立ち上げました。