オウンドメディアに欠かせない!独自ドメインの取得方法と注意点

オウンドメディアに欠かせない!独自ドメインの取得方法と注意点

 

ここあです。

 

オウンドメディアの構築に欠かせないのが

インターネット上の住所となるドメインです。

 

インターネットは全世界に繋がっているため

あなたの住所となる独自ドメインは

世界でたった1つの住所でなければなりません。

 

つまり、言い換えるとドメインは

他の人とは同じものを使うことができないんですね。

 

だから、オウンドメディアを立ち上げる時には

あなただけのドメイン(独自ドメイン)

取得しなければならないのです。

 

ただ、嬉しいことに、これからあなたの

オウンドメディアの住所となる独自ドメインは

 

あなたが付けたいドメイン名(独自ドメイン)

自由に作ることができます!

 

せっかくこれからあなたの資産となる

オウンドメディアを構築する以上は

たくさんの人にあなたのURLを伝えたいですよね。

 

だから、あなたのオウンドメディアを

日本だけでなく世界中の人に見てもらえるように

 

独自ドメインはあなたの愛着が湧く

素敵なドメイン名で取得しましょう。

 

今回は、そんなあなただけの

独自ドメインの取得方法と注意点について

詳しく解説していきます。

 

これから初めてオウンドメディアを構築するという人にも

分かるようにドメインの概略から順番に説明していきます。

 

ドメインについて詳しく知りたくない人は

適当に読み飛ばしてください(笑)

 

ドメインとは?

独自ドメインは 世界でたった1つの住所

 

Webサイトを表示させるための

URL(URL:Uniform Resource Locator)

ホームページアドレスと言われる理由は…

 

httpやhttpsで始まるアドレスが

インターネット上に存在する情報

 

つまり、Webサイトのテキストや

画像データがある場所を示しているためです。

 

だから、ホームページアドレス(URL)

インターネット上の住所のようなものと言われるんですね。

 

ついでにあなたに覚えておいて欲しいのは…

ホームページとは厳密に

Webサイトのトップページ(=home)を表す言葉です。

 

ホームページアドレス=home(トップ)ページを

表示させるための住所と考えると

すごく理解しやすいのではないでしょうか?

 

だから、オウンドメディアとしてのあなたのサイトは

本来、ホームページとは言わず

Webサイトというのが正しい言い方です。

 

ちょっと話がそれましたが…^^;

 

ドメインとはそんなURLの以下の部分

Googleなら、https://www.google.comの

google.comに当たる部分

 

yahooなら、https://www.yahoo.co.jpの

yahoo.co.jpに当たる部分がドメインになります。

 

ちなみに、yahooオークションの

https://auctions.yahoo.co.jpのauctionsの部分を

サブドメインと言います。

 

さらに余談ですが…^^;

 

httpとは、Hyper Text Transfer Protocolの略で

HTML(Hyper Text Markup Language)で書かれた文書などの情報を

やりとりするための通信手段。

 

WWWは、World Wide Webの略で

単純に、世界に広がった蜘蛛の巣という意味。

 

つまり、子供にも分かるように言うと…

 

https://www.google.comのURLが示している意味は

世界中に広がった蜘蛛の巣にある住所(google.com)

htts通信で探してきて表示してねという意味です。

 

ある意味、URLはお宝の地図ですね…(笑)

 

sはSecureの意味で暗号化通信してるということ…。

まぁ、どうでも良い話ですが、知ってて損はないですよね?

 

また、ドメインはURLだけではくメールにも存在します。

Googleで言うなら、Gmailの○○○@gmail.comの

gmail.comがドメイン。

 

yahooで言うなら、○○○@yahoo.co.jpの

yahoo.co.jpの部分がドメインということになります。

 

とりあえず、知識として知っておいてくださいね^^

 

独自ドメインを取得するメリットとは?

独自ドメインを取得するメリットとは?

 

独自ドメインを取得する最大のメリットは

自社やあなたのブランディングに使えることです。

 

今でこそyahooメールやGmailといった

フリーメールが世間広くに浸透したおかげで

ビジネスとしても使うことができるようになりましたが

 

一昔前はフリーメールなんて信用が無くて

ビジネスではとてもじゃないけど使うことができませんした。

 

しかし、それでも会社のブランドとして

独自ドメインのメールアドレスを使うことで

ブランドとしての認知度も上げることができるし

 

会社の顧客であるクライアントと

メールでやり取りする場合にもやはり

 

独自ドメインのメールドレスを使う方が

圧倒的に信頼感を得ることができます。

 

クリック報酬型の広告でお馴染みの

Googleアドセンスに限って言えば…

 

以前は、無料ブログのドメインですら

アドセンス広告の申請にも使えたのに

 

今となっては、アドセンス広告を

気軽に取得しようとする人が増えたためか…

 

独自ドメイン以外のURLで申請しようものなら

「一昨日来やがれ!この野郎!」と

門前払いされてしまいます(笑)

 

つまり、今は、Googleアドセンスの申請は

誰が所有者か分からない無料ブログのURLでは

申請できなくなっているんですね。

 

Googleアドセンスは成果を出した人に宣伝費として

報酬が支払われる仕組みなので

 

どこの誰が使っているか分からない

信用のないドメインではお金を稼ぐことが

できなくなっているのです。

 

また、さらに個人で名を上げるために

オウンドメディアを立ち上げる際

ドメイン名を自分の本名で取得し
※taro-yamada.comみたいな…

 

オウンドメディアで堂々と名前や顔写真を披露して

自己ブランディングをしている人もいます。

 

オウンドメディアを企業で運営するにしろ、個人にしろ

ネット上でビジネスを行う以上は何よりも信用が大切です。

 

オウンドメディアの価値を高めていくには

サイト訪問者に「このサイトめっちゃいい!」と言われるぐらい

有益な情報を発信しながら価値を高めていかなければなりません。

 

これからさらに増えてくるオウンドメディアのことを考れば

オウンドメディアのブランド化は必須のテーマです。

オウンドメディアはブランディングしてこそ価値がある?(準備中)

 

独自ドメインを取得するデメリットとは?

独自ドメインを取得するデメリットとは?

 

独自ドメインを取得・維持するにはお金がかかります。

 

つまり、独自ドメインを取得するデメリットは…

  • ドメイン取得費
  • ドメイン更新費(年間費用)

といった、わずかながらの費用がかかりますので

お金の面に関しては多少のデメリットがあります。

 

だから当然、独自ドメインの維持費用となる

更新費を支払わなければ、ドメインも使用できなくなり

オウンドメディアの運営を続けることもできません。

 

ドメインに関してもレンタルサーバー同様

更新には注意が必要となります。

 

ただ、独自ドメインの取得費および、更新費はピンキリで

さらに、キャンペーンなどを上手く使えば…

取得費は1円や99円で取得できるものもあれば

 

高額なものになると年間費用25万円という

「誰が使うねん!」とツッコみたくなるような

.richのようなドメインもあります(笑)さすがリッチ…

 

また、更新費はだいたい年間1,500円〜3,000円ぐらい。

それほど大きな出費にはなりませんが、更新費も

価格に若干ばらつきがあります。

 

その辺はあなたの予算に応じて

独自ドメインを取得してくださいね…。

 

独自ドメイン取得時の注意点

独自ドメイン取得時の注意点

 

さて、それではあなたの独自ドメインを取得する前に

いくつか注意点となるポイントも

合わせてお伝えしておきますね。

 

まずは、独自ドメインを取得する前に

以下の4点に気を付けて、あなたのドメイン名を決めましょう。

  • トップレベルドメイン
  • ドメインの取得費用と維持費用
  • ドメインの考え方
  • Whois情報公開

順番に解説していきます。

 

トップレベルドメインについて

独自ドメインはあなたの好きな英数字を組み合わせ

世界にたった1つだけのURL(住所)

作ることができます。
※例外として「日本語.jp」といった日本語ドメインもあります。

 

しかし、URL末尾のトップレベルドメインと言われる

  • .co.jp
  • .com

などには、それぞれにちゃんとした意味があり

 

どれでも好きなものを選んでいい

というワケではないんですね。

 

例えば、co.jp、ac.jpなどのトップレベルドメインの場合は

法人組織でしか取得することができません。

 

なので、あらかじめトップレベルドメインをどれにするか

価格も含めて決めてからの方が

独自ドメインは決めやすくなります。

 

ただ、厄介なのが…

独自ドメインは全世界の人も含めた他の人とは違う

唯一の名前じゃないとダメということ。

 

つまり…

  • これもだめ…
  • あれもだめ…
  • え〜!こんなんもあかんの?!

 

「マジか〜」というぐらい

ドメイン名は決めにくいです…^^;

 

だから、ドメインを取得する時にはあらかじめ

ドメイン名の候補をできるだけたくさん書き出してから

取得するようにしてくださいね。

 

参考までに私たちが普段からよく目にする

トップレベルドメインの意味も少しだけご紹介しておきます。

  • .co.jp:株式会社などの法人組織用のドメイン
  • .ac.jp:学校関係の法人組織用のドメイン
  • .go.jp:政府機関のためのドメイン
  • .com:commercialの略。商用に利用。個人、団体でも可。
  • .net:networkの略。個人、団体でも可。
  • .org:organizationの略。個人、団体でも可。
    ※.orgは元々、非営利団体が使用する目的で作られたドメインです。

 

これ以外にもかなりたくさんありますので

ドメインの意味を正しく理解した上で取得しましょう。

 

逆に、あなたのサイト目的に合わせた

トップレベルドメインを選ぶと…

 

あなたが決める任意のドメイン名とマッチして

誰が見ても分かりやすいドメイン(URL)になります^^

 

個人でオウンドメディアを立ち上げる場合

逆に「ドメインの種類が多すぎて選べない」

というあなたは、無難に…

  • .com
  • .net
  • .infoや.biz

などを選んでおきましょう。

 

ドメインの取得費用と維持費用について

あなたが独自ドメインを取得する時に

特に気を付けなければならないのが

取得費と更新費の関係です。

 

というのも、ドメインの取得費は

キャンペーンなどで1円や99円などで

安く購入できるものもあります。

 

しかし、これらの取得費は安くても…

年間の更新費が高額に設定されている場合がほとんどです。

 

なので、独自ドメインを取得する際には

取得費と更新費をしっかりと確認しましょう。

 

どちらかと言うと…

ドメインの維持費用(更新費)が安い方が

後々のランニングコストにも影響するので

 

更新費を重視する方が賢い選択ができます。

実際に価格を見てみるとよく分かりますね。

 

以下はトップレベルドメインのほんの一例ですが…

ご覧の通り、取得費よりも更新費(維持費)の方が

はるかに高いことが分かります。

ドメイン費用

 

 

上記例の場合、1年目の取得費と更新費は両方合わせて…

  • .comの場合:2,440円
  • .netの場合:2,079円

.netの方が361円安くなります。

 

翌年2年目の更新費まで計算すると…

  • .comの場合:1,280円
  • .netの場合:1,480円

1年目との差額を計算すると

.netの方がかろうじて161円だけ安くなります。

 

しかし、それから先3年目からは…

  • .comの場合:1,280円
  • .netの場合:1,480円

.comと.netの更新費が逆転し

.comの方が39円更新費が安くなります。

 

そこから先は毎年200円ずつ.comの方が安くなるので

独自ドメインを取得する場合は

  • 同じドメインを何年使うか
  • 取得費の安いドメインと何年先に更新費が逆転するか

なども計算した上で、賢く選びましょう。

 

「せこい!」と言われそうですが

こういう分析はとても大事ですよ…(笑)

 

独自ドメイン登録時の注意点と考え方について

ドメイン名は、あなたが希望する文字列が

他の人によって登録済でなければ

自由に取得することができます。

 

しかし、他の人や会社の名前、商品名、サービス名等を

ドメイン名として登録・使用したりすると

 

それが不正な行為とみなされ

思わぬトラブルに巻き込まれたり

あなたの登録したドメインが抹消される可能性もあります。

 

なので、ドメイン名を登録・使用する際には

正当な利用目的で必要とするドメイン名を

登録することを心がけ

 

他の人や会社などの権利を侵害しないように

注意することが必要です。

 

あなたが希望するドメイン名が簡単に取れず

ドメイン名を決めるのは難航するかもしれませんが

 

少なくとも不正行為としてみなされる

ユーザーの混乱を招くようなモラルの低い

ドメイン名にするのだけは絶対に避けましょう。

 

ここからはちょっとしたアドバイスです^^

 

独自ドメインは…

  • できるだけ分かりやすく
  • 簡潔にまとめる

 

こうすることで、サイト訪問者であるユーザーが

あなたのドメインをパッと見た時に

どんなサイトなのか一目で分かりやすくなります。

 

だから、ドメイン名はあなたがこれから目指す

  • サイトをイメージしやすい名前
  • ユーザーに覚えてもらいやすい名前

にするとサイトとのマッチングも良く効果的です。

 

日本人は造語とか略語とかが得意なので

ドメイン名に迷ったときは…

  • 造語
  • 略語
  • あなたのマニアックなニックネーム(笑)

などで考えてみると、探しやすくなるかもしれませんね^^

 

仮に独自ドメインと

サイトイメージがマッチしなくても

何となく響きが良くて語呂の良いドメインにすることで

 

サイト訪問者であるユーザーに…

好感を与える覚えやすいURLにもなります。

 

ただし、ドメイン名に特定のジャンル名を含めてしまうと

後からサイトの方向性を少し変えたくなった時に

違和感が出てしまうので気を付けましょう。

 

例えば、○○○-diet.comとしてしまうと…
※diet=ダイエット

後からもう少し美容系とかファッション系とか

「サイトターゲットを広げたい!」と思った時に困ります…^^;

 

希望するドメイン名が取得できないと次第に…

「あ〜、面倒臭い!」と気持ちが萎えてしまかもしれませんが

 

ドメイン名はオウンドメディアのURLとなるあなたの住所。

あなたの顔ともいうべき名前にもなります。

 

これから長くネットビジネスで

あなたのオウンドメディアを運営していくなら

 

諦めることなくあなたが「これっ!」と思える

素敵なドメイン名をがんばって取得してください。

 

そうすれば、あなたのオリジナル名刺にも入れられるし

人にも紹介しやすくなります。

 

ドメイン名を決めるのが面倒になって適当に決めてしまうと

  • 何のサイトか分かりにくい
  • 周りの人に紹介しにくい
  • 覚えてもらいにくい

なんてことになってしまいますからね…^^;

 

これから、せっかくあなたの資産となる

オウンドメディアを立ち上げる以上は…

  • みんなに紹介したくなる
  • どんなサイトなのか分かりやすい
  • 覚えやすい

そんなドメイン名を考えてみてくださいね。

 

たかがドメインとは言っても、されどドメインです。

ドメイン名は一度取得すると、後から変更ができません。

 

だから、独自ドメインを取得する時は

慎重に考えてからお気に入りのドメイン名で登録しましょう!

まぁ、一生懸命考えたのに、全部登録済とか言われたらへこみますけどね…(笑)

 

Whois情報公開について

独自ドメインを取得する際には

Whois情報公開についても気を付けましょう。

特に副業が禁止されている場合は要注意です…。

 

Whois情報公開とは…

 

サイトのURLであるドメインを

誰がどこのサーバーで使っているかを

誰からでも見ることができる情報のことです。

 

例えば以下のサイトで簡単にWhois情報を調べることができます。

Whois情報検索

 

元々はネット上で技術的なトラブルがあった時に

原因元を調べ、連絡するための手段として

Whois情報が公開されるようになったというのが大きな理由です。

 

しかし、なぜそんなWhois情報公開に

気を付けなければならないのかというと…

 

個人でドメインを取得している場合

管理者の登録住所が自宅であれば

自宅の住所や電話番号が公開されることになります。

 

それでは困りますよね?^^;

ある意味あなたの個人情報が筒抜け

という状態になってしまいます…

 

特に副業として誰にも気付かれずネットビジネスをする場合は

あなたの個人情報が誰からでも閲覧できるという

状況だけは絶対に避けなければなりません。

 

つまり「バレなきゃいいや…」と始めたあなたの副業が

Whois情報公開によって誰かに知れ渡る可能性も

100%ないとは言い切れないのです。

 

だから、今は個人情報を保護する意味も含め

Whois情報公開によって個人の情報が特定されないように

 

ドメインの取得会社によっては

whois情報代行サービスというものが行われています。

 

副業しているしていないに関わらず

簡単にあなたの個人情報が見ず知らずの人に

特定されるのは不本意だと思います。

 

だから、独自ドメイン取得の際には

必ずwhois情報代行サービスを申し込み

あなたの個人情報をしっかりと世間から守ってくださいね。

 

独自ドメインのお申し込み前には必ず

ドメイン取得会社にwhois情報代行サービスが

あるかどうかも合わせて確認するようにしましょう。

 

ちなみにエックスサーバーは

whois情報代行の無料サービスがありますよ…^^

 

また、これからあなたに紹介する

ドメイン取得先であるムームードメインも

同じくwhois情報代行の無料サービスがあります。

 

ドメイン(独自ドメイン)の取得方法

それでは、ここからは実際にあなたの独自ドメインを

取得するための具体的な方法を解説していきます。

 

おすすめの独自ドメイン取得先

独自ドメインの取得さきはムームードメイン

 

今回あなたにおすすめする独自ドメインの取得先は

ムームードメインです。

 

ムームードメインはアフィリエイターにもよく使われる

メジャーなドメイン取得先です。

 

ムームードメインをおすすめするポイントは…

  • ロリポップサーバーを運営しており、ドメインとサーバーの紐付けが簡単
  • 設定マニュアルが他の会社よりも親切で分かりやすい
  • Whois情報公開代理サービスが無料

 

このようにムームードメインは…

ロリポップサーバーの運営会社のサービスとなるので

 

ロリポップサーバーを契約された場合は特に

独自ドメインをムームードメインで取得する方が設定も簡単です。

 

また、ムームードメインやエックスサーバーは

頻繁にキャンペーンも行っています。

 

オウンドメディアの立ち上げを検討している場合は

定期的に…

  • エックスサーバー
  • ムームードメイン

の公式サイトをチェックしていると

 

タイミングによっては…

かなりお得にドメインが取得できることもあります。

 

例えば、エックスサーバーであれば

独自ドメイン永久無料キャンペーン

というのを行っている時があります。

 

タイミング良くサーバーの申し込みをすれば…

独自ドメインが1つ無料で取得できる上に

独自ドメインの年間更新料も無料になるので

 

キャンペーンを上手く使えば、サーバーの維持費だけで

オウンドメディアを運営することも可能になります。

 

ドメイン(独自ドメイン)の取得手順

独自ドメインの取得方法を図説で解説

 

それでは早速、ムームードメインで

あなたの独自ドメインの取得手続きをしていきましょう。

 

まずは、ムームードメインの公式サイトへ移動します。

ムームードメインオフィシャルサイトへ

 

独自ドメインを初めて取得する場合は、先にユーザー登録が必要です。

 

ということで、トップページから新規登録をクリックし

ユーザー登録から進めましょう。

ムームードメイントップページ

 

 

新規登録をクリックすると…

以下、ムームーID登録の新規登録画面が表示されます。

ムームードメイン新規登録画面

 

 

この画面では、あなたのID(メールアドレス)とパスワードを入力します。

 

●ムームーID

メールアドレスは連絡先にもなります。普段よく使うメールアドレスで登録しましょう。

 

●パスワード

他人には推測されにくく、あなたには分かりやすいものを設定してくださいね。

 

両方入力ができたら、内容確認へのボタンをクリックします。

 

入力内容確認画面で、改めて入力内容を確認し

問題がなければ、ユーザー登録のボタンをクリックしましょう。

ムームードメインユーザー登録画面

 

 

「ユーザー登録ありがとうございます!」という

画面が表示されたらユーザー登録は完了です。

ムームードメインユーザー登録完了

 

 

ユーザー登録が完了したら、あなたが登録したメールアドレスに

ユーザー登録の完了メールが届きます。念のため確認しておいてくださいね。

 

「とりあえず会員登録だけでいいや」という場合は

画面を閉じていただいても大丈夫です。

 

後日、あなたの独自ドメインを改めて取得する時には

トップページからログインをクリックし

  • ムームーID(メールアドレス)
  • パスワード

を入力して進めてください。

 

ひとまずユーザー登録が無事できました。

そのまま独自ドメインを取得する場合は…

 

トップページに戻り、ログインしてから

引き続き、独自ドメインの取得手続きを進めます。

ムームードメインログイン画面

 

 

トップページ画面上のログインをクリックし、先程あなたが登録した

  • ムームーID(メールアドレス)
  • パスワード

を入力し、ログインしてください。

 

ムームードメインログイン画面

 

 

ログインが出来たら画面左

メニューバーの取得ボタンをクリックします。

ムームードメイントップ画面

 

 

ドメインの取得画面に入ると

「お気に入りのドメインを見つけよう」という画面が表示されますので

あなたが取りたいと思う好きな英数字でドメイン検索してみてください。

 

まだ誰にも使われていないものであれば、すぐに取得できます。

ドメイン取得画面

 

  • ①に好きなドメイン名(任意の英数字:サイト名・テーマなど)を入力
  • ②をクリックすると、.netや.infoなどのトップレベルドメインを選択できます。
  • ①と②が入力できたら、③をクリックして検索します。

 

検索すると、以下のようなドメイン候補が表示されますので

カートに追加となっていれば、取得できます。

 

ドメイン価格を確認し、ドメイン名にも問題なければ

そのまま好きなトップレベルドメインを選んで

カートに追加をクリックしましょう。

独自ドメイン検索画面

 

 

カートに追加すると「カートへ追加しました」

という画面が表示されますので、そのドメインで良ければ

そのままお申し込みへのボタンをクリックします。

独自ドメインお申し込み画面

 

 

申し込みへのボタンをクリックすると

続いてユーザー確認の画面に移動するので

改めてパスワードを入力し、お申し込み画面に進んでください。

ユーザー確認画面

 

パスワードを入力し、ログインすると…

ドメイン設定他、独自ドメインのお申し込み画面になりますので

上から順番に必要事項を入力の上、ドメインのお申し込みを進めていきます。

 

●ドメイン設定

Whois情報公開、ネームサーバはそのままでOK。触りません。

ドメイン設定

 

 

●連携サービス同時申し込み

エックスサーバーではなく、ロリポップサーバーを利用される場合は

連携サービス同時お申し込みにチェックをいれてください。

 

●オプションサービス

オウンドメディアをご自身で設定するはずなのでチェックは不要です。

 

●ムームーメール

ムームーメールも特に必要なければ契約は不要です。

ムームーメールの設定

 

 

●お支払い

お支払い方法は…

  • クレジットカード決済
  • コンビニ決済
  • 銀行振込
  • おさいぽ決済
  • amazon pay

から選べますので、あなたのご都合の良い決済方法を選んでください。

クレジットカードをお持ちでない場合は、コンビニ決済がお手軽です。

 

ただし、決済方法によって手数料がかかる場合があるので

気を付けてくださいね^^;

ドメインお申し込み画面

 

 

なお、決済方法によって入力画面も変わります。

↓ クレジットカード払いの場合

独自ドメイン決済方法

 

 

必要事項が全て入力、決済方法を選べたら

次のステップへをクリックし、先に進んでください。

次のステップへ

 

 

次のステップに進むと以下の画面が表示されますので

さらに、次のステップへをクリックしましょう。

ムームードメインおすすめ

 

 

画面が切り替わったら、ムームードメイン利用規約に目を通した上で

下記の規約に同意しますにチェックを入れて

取得するをクリックします。

ムームードメイン利用規約に同意

 

しばらく待っていると…

ドメイン取得中

 

 

以下の画面が表示されると共に

あなたの独自ドメインは無事に取得できました!

ドメインを取得しました!

 

 

独自ドメインの取得が完了したら

以下のような確認メールが届いています。

 

念のため、メールの内容をコピーするなどして

大切に保管しておきましょう。

ドメイン取得完了のお知らせ

 

無事にあなたのお気に入りの独自ドメインは

取得できましたか?^^

 

今回、ムームードメインに登録したIDやパスワードは

ドメインを複数取得する場合や、サーバーなどの設定に

ログインする際に必要となりますので必ず控えておきましょう!

 

独自ドメインの取得方法と注意点まとめ

今回はムームードメインを独自ドメインの取得先として

独自ドメインの取得方法や独自ドメインを選ぶ時の

注意点などについて解説しました。

 

以前は、ドメイン名もSEOに影響があるなんて言われていましたが

正直、ドメイン名はSEOにはほとんど関係ありません。

 

ドメイン名のことを気にするぐらいなら

あなたのオウンドメディアをユーザーに喜ばれる

価値ある情報が詰まったサイトに仕上げる方がよっぽど大事です。

 

ドメイン名はとにかく…

  • ユーザーやあなたが覚えやすいもの(短いと覚えやすい)
  • あなたに愛着が湧くもの

それぐらいを基準に気軽に考えてもって大丈夫です。

 

この先、あなたがオウンドメディアを立ち上げるに至っては

まだまだやるべきことが山ほどあります。

 

なので、あなたのオウンドメディアを立ち上げる前に

ドメイン名でつまづかないようにあまり深く考え過ぎず

あなたが好きな単語をピックアップして作ってみてくださいね。

 

ドメインの取得について、不明な点などありましたら

いつでも気軽にご相談ください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

合わせて読みたいおすすめの記事

オウンドメディアに欠かせない!独自ドメインの取得方法と注意点

ABOUTこの記事をかいた人

ここあ

グラフィックデザイナー歴20年。2017年アフィリエイトを始めて独立。デザイナーのスキルも生かし、アフィリエイトでストレスフリーな生活を楽しみながら、ネットビジネスの素晴らしさを一人でも多くの方に伝えたくこのブログを立ち上げました。