WordPressの全データを丸ごとバックアップする超簡単な方法!

WordPressの全データを丸ごとバックアップする超簡単な方法!

 

ここあです。

 

これからオウンドメディアを運営していくのに

もっとも大事なのはデータのバックアップ。

 

というのも、あなたのサイトに

いつどんなトラブルが起こるかなんて分かりません。

 

例えば、海外から不正ログインされて

WordPressのデータがぐちゃぐちゃに荒らされる。

不正ログインはプラグインでがっちりガードしよう!

 

サイトをカスタマイズしようとphpファイルを触っていたら

突然画面が真っ白になってログインできなくなる。
※私は一度やらかして、かなり焦りました…^^;

などなど、いろんな緊急事態に備えておく必要があるんですね。

 

なので、バックアップは本当に大事だし、出来るだけ早い段階で

WordPressのバックアップ方法を学んでおく方が

安心してサイト運営をすることができます。

 

ということで、WordPressのバックアップ方法を

しっかりと学び、あなたのサイトをトラブルから守りましょう。

 

WordPressのバックアップ方法は…

  • サーバーから直接データをダウンロードする方法
  • FTPソフトを使ってデータをダウンロードする方法
  • WordPressのプラグインを使う方法

など、いろいろあります。

 

今回は、その中でも特にお手軽な

サーバーから直接データをダウンロードし

バックアップする方法をご紹介致します。

 

なお、今回、私があなたにご紹介するのは

エックスサーバーから直接WordPressのデータを

ダウンロードする方法です。

 

エックスサーバーなら、サーバーパネルから

全てのアップロードファイルと、データベースの

バックアップが簡単操作で取れるのでかなりおすすめ^^

 

エックスサーバーについて詳しくは

こちらにまとめています。

アフィリエイトで失敗しないレンタルサーバーの選び方

 

WordPressのバックアップで大事なこと

WordPressのバックアップは

プラグインを使用しても可能です。

 

しかし、ここであなたに覚えておいて欲しいのは

WordPress上でいくら簡単にバックアップが

できたとしても…

 

「WordPressにログインできなくなったらどうするんだ?」

ということです。

 

いくらプラグインでバックアップが取れていても肝心の

WordPressの管理画面にログイン出来なくなったら

それこそバックアップの意味がありません…^^;

 

だから、WordPressの管理画面にログインせずとも

万が一の時に、データ復旧が確実にできる

バックアップ方法を先に学んでおく必要があるんですね。

 

また、バックアップデータはあなたのパソコンだけでなく

外付けハードディスク(HDD)やUSBなど

数カ所に分けて保存しておくとさらに安心。

 

バックアップデータをダウンロードしたら

必ず数カ所に分けて保管しておきましょう。

※パソコンだっていつ壊れるか分かりませんからね…^^;

 

ファイルとデータベースの違い

WordPressのバックアップデータを確実にとるには…

 

  • アップロードファイル
  • データベース

それぞれをバックアップする必要があります。

 

アップロードファイルに含まれる主なデータは…

  • WordPressのデータ(WordPress 4.9.8など)
  • WordPressテーマのデータ(STORK、AFFINGER5など)
  • 各ページに使用しているアップロードデータ(主に画像)など

これらが含まれています。

 

また、データベースには…

  • 投稿記事・ページに関するデータ
  • カテゴリ・タグの設定データ
  • ユーザー情報

など

 

WordPressの管理画面で設定した項目や

あなたが作成した記事の内容などが

各種データとして保管されています。

 

つまり、WordPress本体やテンプレートのデータと

WordPressの設定に関するデータは

それぞれ別々に保存されているので

 

これらファイルとデータベースがセットになって初めて

1つのサイトが成り立っているというワケなんですね。

 

だから、テンプレートを変更しても

あなたがアップロードした記事自体は消えてなくならない

というシステムが成立しています。

 

なので、データバックアップの際には必ず

  • アップロードファイル
  • データベース

の両方を常に保管しておく必要があり

 

データ復旧の際にもこれら

  • アップロードファイル
  • データベース

が必要になると覚えておいてください。

 

ただし、FTPソフトが使える場合には

サーバーに直接入って、エラーの出ているファイルだけを

上書きコピーで復旧することも可能です。

 

FTPソフトの使い方を知りたい?

 

とは言うものの…、初めのうちはどのファイルを

どこにコピーすればいいかなんて分からないハズなので

 

WordPress初心者の場合は

とりあえず丸ごとバックアップをとっておく方が

間違いありません^^

 

エックスサーバーからファイルをバックアップする方法

それでは実際にエックスサーバーから

各ファイルをダウンロードし

バックアップする方法を順番に解説していきます。

 

まずは、エックスサーバーのサーバーパネルにログインしましょう。

エックスサーバーのトップページへ

 

エックスサーバートップページ

 

 

サーバーパネルにログインしたら

アカウント項目の中にある

バックアップをクリックしてください。

サーバーパネル

 

 

バックアップをクリックすると…

このような画面に切り替わります。

バックアップ

 

画面一番上のホームディレクトリをダウンロードすることで

サーバーにアップロードされている全てのデータを

まとめてバックアップすることが可能です。

 

また、ホームディレクトリ以下には

あなたがサーバーに設定した

各ドメインの情報が表示されているので

 

● 全てのデータをバックアップする時

ホームディレクトリのダウンロードボタンをクリック。

 

●各ドメインのデータを個別にバックアップする時

各ドメイン名の右にあるダウンロードボタンをクリック。

 

するなどして、バックアップを取りましょう。

 

今回は、このサイトのデータのみバックアップしてみます。

なので、このサイトのドメイン名の横にある

ダウンロードボタンをクリックします。

 

バックアップデータのダウンロード

 

 

ダウンロードボタンをクリックすると

以下、画面が切り替わり

 

データダウンロードのポップアップ画面が開くので

OKをクリックし、ダウンロードを開始します。

バックアップデータのダウンロード

※画像はMacの表示画面です。

 

バックアップデータのダウンロードは

あなたのサーバーにあるファイル容量によって

ダウンロード時間が異なります。

 

ダウンロードをクリックしたら

しばらくダウンロードが完了するまで

お茶でも飲んでのんびりしましょう^^

 

データ保存の際には、必ずあなたが分かりやすい

任意の場所を指定してダウンロードしてください。

※私は無難にダウンロードフォルダを指定しました。

 

ダウンロードが完了すると

先ほどあなたが指定した任意の場所に

データが保存されているので

 

必ずダウンロードデータを確認し

保存場所を決めてしっかり保管するようにしてください。

ダウンロードデータの確認

 

 

ファイルのバックアップに関しては以上です。

 

エックスサーバーからデータベースをバックアップする方法

続いて、データベースのバックアップです。

 

それでは再び、エックスサーバーの

サーバーパネルに移動しましょう。

 

エックスサーバーのトップページへ

エックスサーバー:サーバーパネル

 

 

WordPressのデータベースは

MySQLというデータベースが使用されています。

 

サーバーパネルに移動したら、今度は

データベースの項目にある

MySQLバックアップをクリックしましょう。

MySQLバックアップをクリック

 

 

MySQLバックアップをクリックすると

以下のようなデータベース一覧が表示されますので
※データベースの数はドメインの設定数により異なります。

手動バックアップのタブをクリックして表示画面を切り替えます。

MySQLデータベース

 

 

画面を切り替えると、このように

MySQLのバックアップデータを個別に

エクスポート(ファイル出力)できるようになっているので

 

必要なデータを個別に1つずつエクスポートしましょう。

MySQLバックアップ

 

 

データをエクスポートする時は

  1. 圧縮形式:gz形式にチェック
  2. エクスポート実行をクリック

①、②の手順で、進めてください。

 

データベースのバックアップ

 

 

データベースはそれほど容量が重くはありませんが

何事も「塵も積もれば山」となるので

 

エクスポート実行の際には、必ずgz形式にチェックを入れて

データを圧縮して書き出しましょう。

 

エクスポート実行をクリックすると

先ほどのファイル同様、ポップアップウインドウが開くので

ファイルを保存をクリックしてください。

 

データベースダウンロード

※画像はMacの画面です。

 

以上がデータベースのダウンロード方法です。

すごく簡単ですよね^^

 

バックアップデータは必ずまとめて保管しよう!

せっかくWordPressのバックアップデータを取ったのに

肝心のデータ管理がずさんではバックアップを取った

意味がなくなってしまいます…^^;

 

なので、バックアップファイルをダウンロードしたら必ず

  • 分かりやすいフォルダ名で
  • 分かりやすい場所に保管して

データ管理を徹底するよう心がけましょう。

 

データ管理で一番分かりやすいのは…

フォルダにバックアップした日付を付けて

ファイルとデータベースのデータを一緒に格納する方法です。

 

私の場合であれば…

このように、バックアップした日付をフォルダに入力し

データバックアップ

 

 

フォルダの中身は

  1. ドメイン名のフォルダ
  2. ファイルのデータ
  3. データベースのデータ

という具合に、1つにまとめて管理しています。

 

バックアップデータの管理

 

 

バックアップデータは万が一のトラブルがあった時の

保険としてしか使わないため、それほど頻繁に

中身を確認するようなものではありません。

 

だからこそ「いざ!」という時に

  • 「バックアップデータどこだっけ?」
  • 「最新のバックアップデータはこれだったかな?」

なんて、迷ってしまうようでは意味がないし

 

逆に、そんなトラブルは決まって忘れた頃にやってくるので

3ヶ月後、半年後、1年後に見ても必ず分かるように

しておかなければなりません^^;
※1年前のバックアップデータではバックアップの意味がないです(笑)

 

だから、バックアップデータが

簡単に取れるからと言って気を抜くのではなく

 

いつトラブルが起こっても

しっかりとあなた自身で対処できるように

データの保管を確実にしておくことも大切です。

 

むしろ、企業内でオウンドメディアを

チームで運営している場合は

 

なおさらバックアップのルールを決めておかないと

万が一データトラブルがあった時に

 

オウンドメディアの復元が不可能になるどころか

データ管理者の責任は確実に問われるし

 

オウンドメディア運営チームの立場が弱くなるだけではなく

万が一、あなたがデータ管理の責任者だった場合は

あなたの立場すら危うくなり兼ねません。

 

だからこそ、データ管理は慎重にかつ

確実に管理しておく必要があります。

 

個人で所有するオウンドメディアのデータ管理が

しっかりできれば、仮に会社でオウンドメディアを

運営することになっても

 

そんなデータ管理のノウハウが必ず会社でも役立ちます。

 

なので、今回はWordPressのベースデータとなる

  • WordPress本体などのファイル
  • データベース

それぞれのバックアップ方法をご紹介しましたが

 

単純にバックアップの方法だけではなく

  • バックアップの大切さ
  • データ管理の重要性

なども同時にご理解いただけると嬉しいです。

 

WordPressの全データを丸ごとバックアップする方法まとめ

WordPressの全データを丸ごとバックアップする方法まとめ

 

 

今回はオウンドメディアを

WordPressで運営しているあなた

オウンドメディアの運営を始めたばかりのあなたに

 

エックスサーバーから簡単にデータをダウンロードし

WordPressのデータを丸ごとバックアップする方法を

ご紹介しました。

 

WordPressはセキュリティ面や機能の向上と共に

定期的にアップデートされ続けており

 

それに伴い、各プラグインや

WordPressテーマのアップデートも行われます。

 

もちろん、アップデートの時に

何も問題ないのがベストですが、場合によっては

 

WordPressがアップデートされたことにより

テンプレートに不具合が起こり、一部の機能が

動かなくなるなんてこともあるワケなんですね。

 

テンプレートの不具合で私が右往左往した時の話

 

なので、バックアップは基本的に…

  • WordPress本体をアップデートする前
  • WordPressテーマをアップデートする前
  • プラグインをアップデートする前

など

 

各テンプレートやプラグインのアップデート時にも

不具合が起こる可能性があるので

 

出来るだけこまめにバックアップをとって

管理していく方が望ましいです。

 

バックアップの作業はいくら簡単とはいえ

ついつい面倒臭くなって、疎かになりがちに

なってしまいますが…

 

いつも予期せぬ時、忘れた頃に

突然やってくるのがトラブルです。

 

そんな時に、オロオロと復旧方法をネットで探し

復旧作業をする方が、無駄に時間がかかってしまうし

その時の精神的なダメージは相当なもの^^;

 

なので、ブログアフィリエイトなどで

特に収益化を考えるのであれば、なおさら

データのバックアップは重要になります。

 

正直、オウンドメディアをあなた個人で運営している以上

あなたのサイトを守れるのはあなただけなのです。

 

だから、まずは一番簡単なバックアップ方法として

エックスサーバーからダウンロードする方法を学び

 

オウンドメディアの運営に慣れてきたら、続いて

FTPソフトの使い方を勉強したり、プラグインから

バックアップする方法なども導入しながら

 

二重三重とあなたのオウンドメディアを守る術を

身につけていってくださいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

こちらの記事もぜひ参考にしてみてください^^

合わせて読みたいおすすめの記事

 

オウンドメディアの構築に関し、分からないことがあれば

いつでも気軽にご相談ください。

「ここあ」に問い合わせる

 

WordPressの全データを丸ごとバックアップする超簡単な方法!

ABOUTこの記事をかいた人

ここあ

グラフィックデザイナー歴20年。2017年アフィリエイトを始めて独立。デザイナーのスキルも生かし、アフィリエイトでストレスフリーな生活を楽しみながら、ネットビジネスの素晴らしさを一人でも多くの方に伝えたくこのブログを立ち上げました。