Googleサーチコンソールの“使い方”と“設置の仕方”

googleサーチコンソールの設定方法を分かりやすく解説

ここあです。

 

あなたがWebサイトやアフィリエイトのためのブログを開設したら

できるだけ早めに導入しておきたいのが

Googleサーチコンソールです。

 

Googleサーチコンソール”はGoogleが無料で提供している

サイト管理用のツールで、あなたのサイトにより多くの検索ユーザーを集めたり

アクセス減少の原因を探るための“SEO対策”に活用できるツールです。

 

特に記事を書き始めたばかりの弱小ブログでは

どういう検索ワードでネットユーザーがサイトを訪問したかを調べ

記事の修正や、その検索ワードに沿った記事を新たに書いていくことで

 

より多くのアクセスを集める対策をとることができるようなります。

 

そんな“SEO対策”に必須とも言える“Googleサーチコンソール”を導入し

フル活用していきましょうね^^

 

“Googleサーチコンソール”と“ウェブマスターツール”の違い

いろいろとネット検索でSEOに関する記事を調べていると

ウェブマスターツール”というワードを見かけることがあるかもしれません。

 

Googleサーチコンソール”は2015年5月20日を境に

ウェブマスターツール”から名称変更されたツールになります。

 

Googleサーチコンソール”と“ウェブマスターツール”は

名称こそ違えど、機能的には全く違いがありませんので

 

もし“ウェブマスターツール”というワードを見かけたら

Googleサーチコンソール”のことと思ってもらって大丈夫です。

 

予備知識として持っておいてくださいね。
※ウェブマスターツールで記事を書かれている場合は情報が古い可能性があるので気を付けてください。

 

それでは早速、Googleサーチコンソールに登録し

あなたのサイトへ設置する方法を説明していきます。

登録も設置も非常に簡単です^^

 

“Googleサーチコンソール”の登録方法

Googleサーチコンソール”に登録するにはGoogleアカウントが必要です。

 

もしあなたがGoogleアカウントをお持ちでない場合は

先にGoogleアカウントを作成してくださいね。

→Googleアカウント(Gmailアカウント)の作成方法はこちら

 

Googleアカウントをお持ちの場合は

こちらから“Googleサーチコンソール”のページに移動しましょう。

→Googleサーチコンソールへ

 

Googleサーチコンソール”のトップ画面に移動したら

右上のログインボタンをクリックしてログインします。

googleサーチコンソールログイン画面

 

 

Googleアカウントのログイン画面に移動しますので

“Googleアカウントのアドレス”を入力して次へをクリックします。

googleアカウントログイン画面

 

次に“Googleアカウントのパスワード”を入力し次へをクリックします。

Googleアカウントパスワード入力画面

 

再びGoogleサーチコンソール”のトップ画面が表示されます。

 

Googleサーチコンソールに登録したいサイトのURL”をテキストエリアに入力し

右側のプロパティを追加のボタンをクリックします。

Googleサーチコンソール画面

 

続いて別の方法をクリックしてください。

Googleサーチコンソールトップ画面

 

一番上のHTMLタグ”にチェックを入れて、確認ボタンをクリックします。

Googleサーチコンソール別の方法選択画面

 

赤枠内の“metaタグ(メタタグ)”を全てコピーして

あなたのサイトの“headタグ”内に設置します。

Googleサーチコンソールメタタグコピー画面

 

metaタグ”のコピーをしたらワードプレス”に移動しましょう!

“サーチコンソール”の画面はこのまま開いた状態で移動してください^^

 

ワードプレスにサーチコンソールの“metaタグ”を設置する方法

ワードプレスにGoogleサーチコンソールの“metaタグ”を設置する方法が2つあります。

1つはワードプレスのheadタグ”に追加する方法

もう1つはAll im One SEOプラグインに設置する方法です。

 

ワードプレスのテーマを頻繁に変えたいと思う方は

テーマを変えるたびにサーチコンソールの“metaタグ”を設置し直す手間や

設置し忘れなどのリスクもありますので

 

プラグインの“All im One SEO”に設置

 

しておく方が安全かもしれません。

今回はその2つの方法について説明いたします^^

 

ワードプレスの“headタグ”に“metaタグ”を設置する方法

上記、googleサーチコンソール登録画面での一連の作業が済んだら

“ワードプレス”の管理画面にログインしてください。

 

管理画面にログインしたらダッシュボードより

外観テーマの編集 → テンプレートのテーマヘッダー(header.php)”

をクリックします。

wordpress管理画面

 

※親テーマと子テーマを使い分けている方は

必ず子テーマの方にmetaタグを設置しましょう!

→“子テーマ”を使用していて“header.php”が見つからない時の対処法

 

テーマヘッダー(header.php)”をクリックし、

コード入力画面を表示したら

 

先ほどコピーしたサーチコンソールの“metaタグ

〈/head〉タグの上に貼り付けます。※〈head〉との見間違いにご注意くださいね。

サーチコンソールmetaタグ貼り付け

↓拡大図

サーチコンソールコード挿入箇所

 

サーチコンソールのmetaタグ”を貼り付けたら

ファイルを更新ボタンを押してください。※更新するのを忘れないように気を付けましょう!

サーチコンソールmetaタグ更新

 

ファイルの更新が完了したら

今度は再びGoogleサーチコンソールの画面”に戻ります。

 

先ほど開いたままにしていたサーチコンソールの画面で

続行のボタンをクリックします。

googleサーチコンソール続行

 

http://xxxxxxxxx.com(あなたのURL)の所有権が確認されました。

のメッセージが表示されれば

 

正常にあなたのサイトが

Googleサーチコンソールに登録できたことになります。

 

最後に続行をクリックして

googleサーチコンソール所有権確認

 

Googleサーチコンソールの設定は完了です^^

 

ワードプレスのプラグイン“All in One SEO”に設置する方法

Googleサーチコンソールの設定として

ワードプレスのプラグンAll in One  SEO”に設置する方法もご説明致します。

 

この“All in One  SEO”というプラグインは

ワードプレスでブログを始める際には必須とも言えるぐらいのプラグイン

なので導入していない方はほとんどいないと思います。

 

まだ“All in One  SEO”のプラグインを導入していない場合は

ぜひ導入してくださいね^^;

 

All in One  SEO”にGoogleサーチコンソールを設置する場合

サーチコンソールのmetaタグを全てコピーする代わりに

 

content=“○○○○○○○”「○○○○○○○」の部分

(ぼかしになっている部分)をコピーします。

Googleサーチコンソールメタタグコピー画面

 

↓拡大図(コピーの際はcontent=“”は不要です。必要なのは中の部分のみです。)

サーチコンソール設置コード画面

 

○○○○○○○がコピーできたら、All in One  SEO”の設定画面を開き

All in One SEO設定画面

 

ウェブマスター認証の項目にあるGoogleウェブマスターツール”の部分(↑の赤枠内)に

コピーしたコードを貼り付け、“ファイルの更新”をクリックすれば設置完了です。

 

サーチコンソールのコードはheadタグ”内か、All in One SEO”内のどちらか

あなたがやりやすい方に設置してくださいね。

 

“Googleサーチコンソール”の絶対に押さえておきたい5つの機能

さて、Googleサーチコンソールの設置(登録)ができたら

以下5つの項目は最低限理解して活用したいところです^^

  • サイトマップ
  • Fetch as Google
  • 検索クエリ
  • クロールエラー
  • 手動による対策

これら5つの項目について簡単に説明していきますね。

 

1)“サイトマップ”でサイト構造を把握してもらおう!

まず初めにやっておきたいのはサイトマップsitemap.xmlの登録です。

そもそもサイトマップとは何でしょうか?

 

サイトマップとは?

サイトマップ”とはWebサイト内のページを

分かりやすく一覧にしたものです。

 

サイトマップ”という言葉をご存知の方は多いと思いますが

普段あなたがよく耳にするサイトマップとは

“htmlサイトマップ”と呼ばれ

 

あなたのサイトを訪れたユーザーが、そのサイトの全体像や

どんなコンテンツがあるのかを把握するために使われているものです。

 

さらにこれとは別にXMLサイトマップと呼ばれる

サイトマップが実はもう1つ存在します。

 

この“XMLサイトマップ”は検索エンジンのクローラー

(ウェブサイトを循環しサイトの情報を収集するプログラム)用の

サイトマップになります。

 

“XMLサイトマップ”にはサイト内の各ページに関する

最新更新日や更新頻度、優先順位などが記載されています。

 

この“XMLサイトマップ”をGoogleサーチコンソールに登録しておくと

検索エンジンのクローラーが優先的にあなたのサイトに

来てくれるようになります。

 

このクローラーがサイトを優先的に巡回してくれることで

“キーワード選定”をがんばりSEO効果を高めた記事の成果が

検索順位に反映されやすくなるというメリットがあります。

 

サイトマップの作り方

それでは続いて、XMLサイトマップを作っていきましょう。

 

ワードプレスを使われている場合

“XMLサイトマップ”を作成するためのプラグイン

すでにいくつか用意されています。

 

一からややこしいファイルを生成しなくても

簡単に“XMLサイトマップ”を作ることができるので便利です。

 

XMLサイトマップ”を自動で作成してくれる数あるプラグインの中で

私がおすすめするプラグインはGoogle XML Sitemapsです。

 

このプラグインはすでに100万を超えるユーザーに愛用されていますので

信頼度も高く、是が非でも導入しておきたいプラグインの1つです^^

 

それでは“Google XML Sitemaps”のプラグインをインストールしましょう。
※インストール済の方は飛ばしてください。

 

ワードプレスのダッシュボードメニューから

プラグイン新規追加を選択し

キーワード検索ボックスにGoogle XML Sitemapsと入力します。

Google XML Sitemapsインストール

 

Google XML Sitemaps”が表示されたら

プラグインの今すぐインストールのボタンをクリックします。

Google XML Sitemapsインストール

 

インストールが完了したら有効化のボタンをクリックし

プラグインを“有効化”します。

Google XML Sitemaps有効化

 

ここでは“Google XML Sitemaps”の細かい設定は省きますが

ワードプレスのダッシュボードメニューから

設定XML-Sitemapを選択すると

XML-Sitemap設定

 

Google XML Sitemaps”の設定画面を開くことができます。

ここで確認して欲しいことはサイトマップのインデックスファイルです。

XML-Sitemap

 

ご覧の通り、検索エンジン用のインデックスファイルは

http://xxxxxxxxxxxxx.com/sitemap.xml

ということが分かります。

 

次に“サイトマップ(sitemap.xmlファイル)”を登録するために

Googleサーチコンソール”にログインします。

 

サーチコンソールにログインしたら、クロールサイトマップを選択し

サイトマップの追加/テストのボタンをクリックします。

Googleサーチコンソールサイトマップ画面

 

すると“サイトマップの追加/テスト”のPOPアップ画面が開くので

先ほど作成したsitemap.xmlをテキストエリアの中に貼り付けて

送信ボタンを押します。

サーチコンソールサイトマップ送信

 

これで検索エンジン用のサイトマップの登録は完了です。

※始めてサイトマップを登録する場合は一定期間“保留中”と表示されることがありますが
時間をおき、確認すると“保留中”の文字は消えますので、焦らず待ちましょう!

 

また、ある程度記事が増えてきたら

同様の手順で“sitemap.xml”を送信して

常にサイトマップを更新するように心がけてください。

※更新作業を怠ってしまうとGoogleにインデックスされず、
いつまでたっても検索結果に反映されないということになりかねません^^;

 

2)“Fetch as Google”でインデックスを早めよう!

“Fetch as Google”はサイトマップの次にすぐ使っておきたい機能です。

“Fetch as Google”では何ができるかというと…

  • ページを検索エンジンにインデックスさせたい
  • ページを更新したことを伝えたい
  • スマホから正しく見えているか確認したい
  • “何か”がおかしい

といったことを依頼したり、確認したりすることができます。

 

特にブログなどで記事をアップしたばかりの時は

検索エンジンにすぐには反映されません。

 

せっかく記事を書いたんだから、早くみんなに読んで欲しい!

と、そんな時のためにその希望に応えてくれる機能が

このFetch as Googleです。

 

Fetch as Google”を使えば、アップしたてのページを

すぐにインデックスしてもらうことができます。

 

なので、Googleサーチコンソールで一番お世話になる機能は

もしかするとこの“Fetch as Google”かもしれません^^

 

それでは早速、“Fetch as Google”の使い方を説明致します。

 

Fetch as Googleの使い方(インデックスの送信方法)

Googleサーチコンソールにログインし、クローラーを呼びたいサイトを選択します。
※サイト登録数が1つの場合は、1つしか選ぶことができません。

サーチコンソールwebサイト選択画面

 

クローラーを呼びたいサイトを選んだら

サーチコンソールのダッシュボードメニューから

クロールFetch as Googleをクリックします。

Fetch as Google

 

赤枠の部分(テキスト入力エリア)に“取得したいURLを入力します。

トップページを取得したい場合は/(スラッシュ)を入力します。

Fetch as Google

 

取得したいURLを入力したら、取得ボタンの左のプルダウンメニューから

呼び出すGooglebotの種類を選択します。通常は“PC”を選択します。

Fetch as googleデバイス選択画面

 

選択が完了したら取得ボタンをクリックします。

Fetch as Google取得

 

ステータス横にあるインデックスに送信ボタンをクリックします。

インデックス送信画面

 

再クロールする対象を選択します。

 

通常はこのURLのみをクロールするで大丈夫です。

そのURLがリンクしている他のページもインデックスして欲しい場合は

その下のこのURLと直接リンクをクロールの方を選んでください。
※ただし“このURLと直接リンクをクロール”は1ヶ月に10件までなのでご注意ください。

 

最後に送信ボタンをクリックします。

インデックスクロール対象選択画面

 

ステータス横にインデックス登録をリクエスト済み

と表示されていれば、完了です^^

インデックス登録リクエスト画面

 

以上でインデックスの依頼作業は完了です。

 

3)“検索クエリ”でユーザーの検索ワードを調べよう!

“検索クエリ”を調べると、あなたのサイトのコンテンツページが表示された時に

ユーザーがどんな検索ワードで調べたのかが分かります。

 

どんな検索ワードで表示されたかを分析することで

どういうキーワードでコンテンツページを作っていけばいいのか知ることができます。

検索クエリは“ダッシュボード” → “検索トラフィック” → “検索アナリティクス”で確認することができます。

 

4)“クロールエラー”で表示されないページを確認しよう!

クローラーとはウェブサイトを循環し、サイトの情報を収集するプログラムです。

クロールエラーで情報が取得できないページは検索結果に表示されることはありません。

 

なので、定期的にクロールエラーがないかをチェックして

クロールエラーの出ているページはクローラーが正しくデータを取得できるように

修正を加えることでページが検索結果に表示されるようになります。

 

“クロールエラー”は“クロール”の項目で確認することができます。

 

5)“手動による対策”でペナルティを受けていないかチェック!

Googleが設定しているガイドラインに違反していると

Googleからペナルティとして検索結果上位から圏外に飛ばされることがあります。

 

意図的にガイドラインの違反を犯す方はいないと思いますが

不幸にしてペナルティを受けてしまった場合はこの手動による対策

ペナルティの該当ページと内容を把握することができます。

 

もしあなたのコンテンツページが表示されなくなったり

急激に検索順位が落ちてしまった場合はGoogleから

ペナルティを受けている可能性がありますので確認してみてください。

 

“手動による対策”は“検索トラフィック”で確認することができます。

 

Googleサーチコンソールの“使い方”と“設置の仕方”まとめ

Googleサーチコンソールの“使い方”と“設置の仕方

をお伝えしてきました。

 

Googleサーチコンソールについては

かなり細かい部分までデータを知ることもできるのですが

いきなり全てを把握しようと思うと混乱してしまうと思います。

 

ですから、特にブログを始めて間もないあなたには

最低限これだけの機能だけは覚えて欲しいという内容だけ

に絞り簡単に説明させていただきました。

 

さらにGoogleサーチコンソールを導入したらすぐにでも使って欲しいという機能

サイトマップの登録方法Fetch as Googleの使い方に関しては

図説付きで説明しました!^^

 

何よりもGoogleサーチコンソールは

あなたのサイトに検索ユーザーを流入させるためのヒントを得られるツールです。

 

あなたががんばって作ったサイトを1人でも多くの方に

見てもらえるように、まずは基本的な見方や使い方を理解し

どんどん活用しながら次のステップへと進んでいきましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

→ネットビジネスに欠かせない!5つのGoogleサービス

→Googleアナリティクスの設定の仕方と使い方

→Googleアナリティクスとサーチコンソールを連携させる方法

 

googleサーチコンソールの設定方法を分かりやすく解説

サクサク使えて書くことに専念できる! ブロガー専用テーマ


究極のモバイルファーストテーマ
「STORK(ストーク)」

簡単操作でキレイなデザインが作れる!
記事を書くことだけに専念できる!
まさに、ワードプレス入門者の決定版!


ABOUTこの記事をかいた人

ここあ

グラフィックデザイナー歴20年。2017年アフィリエイトを始めて独立。デザイナーのスキルも生かし、アフィリエイトでストレスフリーな生活を楽しみながら、ネットビジネスの素晴らしさを一人でも多くの方に伝えたくこのブログを立ち上げました。