【超お得!】adobe ccを最も安く手に入れる方法!

ここあです。

 

僕はデザイナーとしてずっと昔からadobeの

  • illustrator(イラストレーター)
  • photoshop(フォトショップ)

これらのソフトをデザインの編集作業で使ってきたのですが、

 

それらソフトの使用料が「鬼高い」ということに

独立してからすごく困りました。

 

実際に、Adobe Creative Cloud(通称:Adobe CC)は

年間で使用料が72,336円かかります。

 

しかもデザインソフトの使用料はデザイナーにとって

固定費になるため「何としても抑えたい!」というのが本音です。

 

僕は元々Adobe CCに通常版とアカデミック版が

それぞれあるのは知っていたのですが、

「もう学生じゃないしな〜」と思いながらも

 

色々調べていく中で

「半額近い金額」で手に入れる方法を見つけてしまったのです。

 

それから僕は毎年、その方法で毎年更新するようになり、

Adobe CCがかなり安心して使えるようになりました。

 

なので、僕と同じように

これからadobe系のデザインソフトや映像編集ソフトを

できるだけ安く使いたいと考えているあなたに

 

僕が毎年更新している

Adobe CCを45%OFFの価格で手に入れる方法」をご紹介します。

 

Adobe Creative Cloudを45%OFFで手に入れる方法

デジタルハリウッドadobeマスター講座

 

「Adobe CC」を格安で手に入れる方法は「コレ一択」です。

デジタルハリウッドの「Adobeマスター講座」。

 

講座の参加費用はなんと45%OFFの39,980円(税込)

 

ぶっちゃけ初めて知った時は「マジで?」と我が目を疑いました。

しかも当時は、それよりもさらに安い29,800円でしたからね。

どう考えても怪しいと最初は思いました。

 

なので、最初は絶対に何か裏があるとか、一部の機能が使えないとか

何かしら安い理由があると思って疑ってました(笑)

 

ただ、今となってはその価格で更新するのが

僕にとっては「当たり前」になってますし、

消費税の増税の影響で1万円ほど値上がりしましたが、

 

それでも正規版より半額近い金額で使えるのは、

本当に「ありがたい」としか言いようがありません。

 

ちなみにこの「adobeマスター講座」に申し込むと

  • adobe cc学生・教員版ライセンス1年分
  • 基礎が学べるオンライン動画教材約46時間(視聴期間1ヶ月)
  • 2ヶ月の課題添削期間

これらが全てセットでついてきます。

 

なので、すでにadobe系のソフトが使える方の場合は、

ライセンスが半額近い45%OFFで手に入りますし、

 

adobe系のソフトを使ってみたいという方の場合は、

基本的なソフトの使い方を動画で視聴しながら課題を制作し、

添削してもらいながら楽しくソフトの使い方を学ぶことができます。

 

そして、ある程度使えるようになれば、デジハリの講座終了後に

YouTubeで動画を見たり、Udemyで格安の講座を手に入れれば、

さらにしっかりと使い方をマスターすることが可能です。

 

いずれにしても「Adobe CC」を定価よりも安く手に入れる方法は

Amazonなど他にもあるのですが、いずれにしても

デジハリのAdobeマスター講座が「最安値」ですので、

 

もしも検討されているなら、

「Adobeマスター講座」にお申し込みされることをおすすめします。

 

そもそもデジハリの「Adobeマスター講座」が最安値とわかっているのに、

わざわざAmazonと比較するのは時間の無駄でしかないですからね。

 

なので、僕は他と比べてどうなのか?ということではなく、

それよりも、あなたに必要な情報や知りたいと思うことだけを

この記事に全て集約してまとめてあります。

 

つまり、この記事を読むと

  • なぜ「adobe cc」が45%OFFの価格で手に入ってしまうのか?
  • 「adobe cc」を半額近い金額で購入しても問題ないのか?

 

全ての疑問が解決できますので、

もしもご検討されてるならぜひ最後まで読んでください。

 

そうすれば必ず安心して「adobe cc」を最安値で

手に入れることができるはずです。

 

adobe cc インストール台数は?

さて、adobe系のソフトを手に入れるにしても最も気になるのは

1つのライセンスで何台までインストールできるのか?

ということではないでしょうか?

 

結論からお伝えすると、

adobeのソフトは2台までインストールが可能です。

 

なので、例えば、

デスクトップPCと、ノートパソコンにインストールしておいて

状況に応じて使い分けることができます。

 

ただし!

 

1アカウントにつき1ライセンスという縛りがありますので、

例え、デスクトップ、ノートパソコンにソフトがインストールできても

2台同時に使うことはできません。

 

実際に、adobeの「Support Community」ではこのように

adobeライセンスに関する注意事項

1つのライセンスで2台同時にソフトを立ち上げて使うことはできないと

「使用許諾契約書に記載がある」との回答があります。

 

ただ、いずれにしても同時にさえ立ち上げなければ、

自分が常に使うパソコンにソフトをインストールしておいて、

家ではデスクトップ、打ち合わせや外出時にはノートで使う。

 

そういう使い方ができますので、2台インストールで特に問題ないかと思います。

 

また、3台目にインストールする場合は、

ソフトがインストールしてあるコンピューターのライセンスを

1つを解除することで追加インストールが可能です。

 

以下の管理画面でログアウト(ディアクティベートに)すれば、
3台目のマシンでも使えます。

3台目にインストールする場合

 

つまり、ポイントはあくまでも「ライセンス」を1つ契約するということで、

ライセンス数に応じてPCを使い分けることができますし、通常は

 

  • デスクトップ+ノートPC
  • ノートPC+スマホ or タブレット端末

こうした組み合わせで使われる方が多いんじゃないかと思いますので、

 

よほどのことでない限りは、使いにくいとか、切り替えが面倒とか

そういうことはおそらくないと思います。

 

僕は実際にデスクトップとノートPCで使用してますが、

これといって不便に感じたことはありません。

 

adobe cc のコンプリートプランで使えるもの

続いて「adobe cc」に申し込むとどれだけのソフトが使えるのかと言うと、

以下のソフトが全て1年間使い放題になります。

adobe cc のコンプリートプランで使えるもの

僕がよく使うのは、

  • illustrator(イラストレーター)
  • photoshop(フォトショップ)

これら2つがメインにはなるのですが、

 

それ以外にも動画編集の際に、音声編集機材として「Audition」でマイクの雑音を消したり、

PDF資料を作成の際に、コピー防止のために「Acrobat Reader」でロックをかけたり、

要所要所で「これしたい!」となった時に、いろんなことができるので重宝してます。

 

動画編集に関しては、僕はadobe系ではないソフトを使ってはいるのですが、

  • Premiere Pro(プレミアプロ)
  • After Effects(アフターエフェクト)

 

これらのソフトにはすごく興味があって、毎回デジハリの講座を申し込むたびに

動画講座を見ながら「すげ〜」って遊びながら練習してます(笑)

 

特に今では格安でソフトの使い方を教えてくれる講座だったり、

YouTubeを見れば、ある程度は無料でソフトの使い方も学べますので、

逆にまだ世間に浸透してないソフトを使い倒して

 

そのソフトのプロになるというのも意外と面白いんじゃないかと思います。

 

実際、Web制作用の「XD」なんかは非常にシンプルで使いやすいソフトですが、

まだまだ利用者がそれほど多くはありませんので、

adobe ccを手に入れたら個人的にはぜひ使ってみて欲しいソフトです。

 

また、それ以外にも「adobe cc」が使えるようになると

  • Creative Cloudライブラリで誰とでもデータの共有が可能
  • 20,000以上を超えるフォントの中から好きなフォントを利用可能
  • 100GBのストレージ(追加料金なし)

 

こうしてただソフトが使えるようになるだけではなく、

仕事の幅を広げたり、ファイル管理が楽になり仕事が効率化できたり

どんどん作業もしやすくなります。

 

デジハリONLINE「adobeマスター講座」に申し込む

 

adobe cc の価格比較

「adobe cc」に申し込むと27本ものソフトがいつでも使えて

20000以上のフォントから好きなものを選べて、

しかも100GBのストレージまである。

 

こう聞くと、「めっちゃお得やん!」と考える人もいるでしょうし、

「いや、別にそこまでいらんし…」と考える人もおそらく

いらっしゃると思います。

 

なので実際に、ソフト単体で使うのと

「adobe cc(コンプリートプラン)」を使うのとではどれぐらい差があるのか

簡単に価格の比較をしておきますので、参考にしてください。

 

単体プラン

adobe illustrator(イラストレーター)やphotoshop(フォトショップ)を

単体購入した場合、発生する費用は、

  • 一括払い:28,776円/年(税込)※月換算2,728 円/月(税込)
  • 月額払い:3,828 円/月(税込) ※年間45,936円(税込)

 

ソフト1本の単体プランでは「adobe cc」プランとは

一括払いだと年間で11,204円の差(単体の方が安い)

月額払いだと年間で5,956円の差(デジハリのadobeマスター講座の方が安い)

こうした計算になります。

 

実際、単体プランでソフト1つの計算でこれですから、

adobe illustrator(イラストレーター)とphotoshop(フォトショップ)を

同時に申し込んだ時点で、

 

確実に「単体プラン」で申し込む方が損することになります。

 

コンプリートプラン(通常)

また、デジハリのadobeマスター講座に申し込むことなく、

正規価格で申し込んでしまうと

 

  • 一括払い:72,336円/年(税込)※月換算6,248 円/月(税込)
  • 月額払い:9,878 円/月(税込) ※年間118,536円(税込)

こうした計算となり

 

もはや差額を計算するまでもありません(笑)

 

こうして計算してみるとよく分かりますが、

同じソフトを使うのに手続きの方法や経緯が違うだけで、

これだけの差額が生まれてしまいます。

 

こう考えると「正規価格」で使うのは鬼勿体無いですよね。

 

しかもデジハリの「adobeマスター講座」に申し込むと

正規価格の45%OFFで「adobe cc」が手に入るのに、

 

使えるソフトや機能は、正規価格と全く変わらないわけですから

「adobeマスター講座」を使わない手はありませんよね。

 

デジハリONLE「adobeマスター講座」

デジタルハリウッドadobeマスター講座

 

おそらくここまで読んでくれたあなたは

デジハリの「adobeマスター講座」が最安値で

何となく良さそうという気分になってるんじゃないでしょうか?

 

分かります。まだ気分だけですよね?(笑)

 

僕も分からないことや疑問に思うことがたくさんあったので、

「まだよく分からない」というのが本音じゃないかなと思います。

 

なので、実際に僕が初めて購入する際、気になったことを全て

FAQという形で以下にまとめておきますので、

ここから先を読むともう少し疑問や不安は吹っ飛ぶかなぁと思います。

 

せっかく買うなら納得してから。ですよね。

 

デジハリの講座期間が終了したらライセンスは使えなくなるの?

先にもお伝えした通り、

 

デジハリの「adobeマスター講座」に申し込むと

  • 動画視聴期間(1ヶ月)+添削期間(2ヶ月):計3ヶ月
  • adobe cc学生・教員版ライセンス1年分

これらがセットになってますので、3ヶ月の講座期間終了後も

 

一年間しっかりとadobeのソフト(ライセンス)を使うことが可能です。

 

なので、講座期間終了後、何か設定をしないといけないとか、

煩わしいことも一切ありません。

 

ちなみにライセンスはadobe ccをアクティベート(使用可能)にした日から

1年間ライセンスが有効になりますので、購入した日からではなく、

ライセンス登録してからのカウントになります。

 

なので、申し込みをした時点で慌てて使い始めないといけないとか

そういうことはありませんので、ご安心ください。

 

どういう流れで「adobe cc」が使えるの?

デジタルハリウッド「adobeマスター講座」に申し込み・決済が完了すると、

デジハリさんの方から、adobe ccのライセンス登録するための

「シリアルコード」がメールですぐに届きます。

 

もう何が良いって、すぐに「コード」が届くところです(笑)

サイトにもありますが「最短10分で」すぐに利用が可能です!

 

もしも、お使いのパソコンにadobe系のソフトが入ってない場合は、

Adobe IDを作り、自分が使いたいソフトをインストールし、

「シリアルコード」さえ入力すれば

 

ライセンスがアクティベートになり、

すぐにソフトも使えるようになりますし、

動画講座も申し込んだ日から視聴することが可能です。

 

なので、すぐに使いたい!すぐに講座を見たい!という

セッカチさんにはおすすめです(笑)

 

講座の課題を制作して提出しないといけないの?

デジタルハリウッド「adobeマスター講座」の

動画講座の視聴及び、課題制作は全て任意です。

つまり、強制ではありません。

 

なので、全ての動画を視聴して課題を制作し、

添削してもらっても良いですし、

 

逆に気になるソフトの講座だけ見て

課題の制作や提出はしないというのもOKです。

 

僕は念のため、最新機能の見落としや自分が知らないことが

もしかするとあるかもしれないと思い、

動画講座は一通り見たりしています。

 

ですが、課題はこれまで一度もやったことがありません(笑)

 

また僕の場合、作業に関しては

illustrator(イラレ)やphotoshop(フォトショ)などは

すでに使い慣れていることもあり、動画編集用のソフト

 

Premiere Pro(プレミアプロ)、After Effects(アフターエフェクト)を

動画講座を見ながら遊びがてら触っています。

 

大事なのはまず触ってみて自分が楽しむことですからね。

いつも動画を見ながら触って「すげ〜!」って騒いでます(笑)

 

なぜデジハリだと安く手に入るの?

デジタルハリウッドの「adobeマスター講座」を購入すると

なぜadobeのライセンスが45%も安く手に入るのかと言うと、

 

デジハリがadobeから「プラチナスクールパートナー」として

公式に認定されてるスクールだからです。

 

なので、どこのスクールとかでも良いというわけではなくて、

デジタルハリウッドだからこそ、この金額で出せるのです。

 

もちろん、まだ自分が学生で「学生証」などで

在学証明できるのなら、学生向けの最安値プランがありますので、

そちらで申し込みされる方がさらに安くなります。

 

実際、在学証明できる学生さんの場合だと

  • 一括払い:26,136円/年(税込)※2年目以降は39,336円/年(税込)
  • 月額払い:2,178 円/月(税込) ※2年目以降は3,278円/月(税込)

 

デジハリの「adobeマスター講座」よりもさらにお得です。

僕も学生さんに戻りたいです(笑)

 

社会人でも大丈夫なの?

デジタルハリウッドの「adobeマスター講座」は

学生、社会人関係なく誰もお申し込み可能な講座です。

 

なので副業として、また退職後に再就職までの期間に

スキルを身につけたいという方にもちょうど良い期間、

ちょうど良いボリュームで学べる講座でもありますので、

 

特に

  • スキルアップしたいとか
  • 自分の価値を高めたいとか
  • 手に職をつけたいとか

 

考えている社会人のあなたこそ

デジハリの「adobeマスター講座」はおすすめです。

 

ライセンスの更新はどうすれば良いの?

adobeのライセンスは1年更新になります。

 

なので、ライセンスを更新する際には、自分のタイミングで

改めて「adobeマスター講座」に申し込み、

 

先にまず「ライセンスコードだけ」を獲得しておきます。

 

そして、ライセンスが切れた時点でadobe Accountにある

以下の画面(「新しいコードを引き換える」の部分)から(画像右下)、

ライセンスの再登録

 

新しいライセンスコードを入力すれば、

ライセンスが更新され、継続して使うことが可能です。

 

ただ、デジハリさんの注意書きにあったと思うのですが、

新しいコードを引き換える際には、コードを引き換えた日から

ライセンスがアクティベートになりますので、

 

コードを引き換える際には

「期限が確実に切れてから再登録する」

というのだけ忘れないようにしてくださいね。

 

デジハリONLINE「adobeマスター講座」に申し込む

 

adobe ccを最も安く手に入れる方法まとめ

今回はプロのデザイナーならみんな使っている

プロ専用のデザインソフト

 

Adobe Creative Cloud(通称:Adobe CC)」を

最安値で手に入れる方法を紹介しました。

 

ですが、意外にもプロの現場で働いているデザイナーや

フリーで働いているデザイナーほど

こうしたお得情報を知らなかったりします(笑)

 

実際、友人のデザイナーに話したりすると「マジで?」と

びっくりされるので面白いです。

 

ですが、せっかく同じ機能のソフトを安く使えるのなら

知っているに越したことはありませんし、

それこそプロは2年、3年とずっと使うものですから

 

知ってる知らないだけでトータルの費用がかなり大きく変わってきます。

 

逆に安くなる分、機能が制限されるなら話は別ですが、

今回ご紹介した「adobeマスター講座」は

正規のソフトが丸々使えて、正規版の45%OFFで使えるという

 

誰が見ても「お得」としか言えない講座です。

 

ですので、もしも今、adobeのソフトを使っていたり、

これから使ってみようかなと思うあなたは、

とにかくデジハリの「adobeマスター講座」にご参加ください。

 

また「adobe cc」ではなく、更新費用のかからないバージョンCS6を

未だに使われている方がいらっしゃるかもしれませんが、

 

adobeのソフトはどんどん進化してますし、

多少の固定費は増えるかもしれませんが、

「adobe cc」を導入すれば作業効率は確実に上がります。

 

つまり、作業効率が確実に上がるということは、

その分、快適に仕事がサクサクとできるようになり、

仕事がたくさんこなせるようになるということは、

 

それだけ売り上げも伸ばせるということです。

 

なので、最初は少し出費としては痛いかもしれませんが、

39,980円という価格で1年分の時間と作業効率を買うと考えると、

正直、かなり安い買い物だと思います。

 

僕は毎年4万円近い金額を払っているわけですが、

一度「adobe cc」を使い出したら

あまりの快適さに昔のバージョンには戻せませんし、

 

39,980円という価格が高いと感じたことはありません。

 

それぐらい「adobe cc」も

デジハリの「adobeマスター講座」もコスパが良いです。

 

ただ、いずれにしてもプロを目指していたり、独立を目指していたり、

デザインの仕事で生計を立てていきたいと考えている人こそ

adobe系のソフトは使うべきソフトですので、

 

そうした道を目指さない場合は、むしろ他のデザイン系ソフトで試してみて

それでも満足できなければ「adobe cc」に切り替えれば良いと思います。

 

ということで、少しでも「adobe cc」を安く手に入れたいというあなたは

まずデジハリの「adobeマスター講座」にぜひお申し込みください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

デジハリONLINE「adobeマスター講座」に申し込む

 

 

WordPressテーマ「THE THOR」
一流の開発陣によって集客と収益に徹底的にこだわり開発された究極のテーマ「ザ・トール」。どのテーマよりも早く実装された革新的機能が詰まったこのテーマで、あなたもインターネットを活用したビジネスを始めませんか?

>「個人ビジネスのためのデザイン」無料メール講座

「個人ビジネスのためのデザイン」無料メール講座

● 世間からの反応がガラリと変わるデザインの定義とは?
● 自分が狙ったターゲットを確実に集める方法
● 8割の人が勘違いしているデザインに対する思い込みとは?
● 「売れるデザイン」の考え方と作り方
● 今日からすぐデザインが変わる!プロ目線の見方と考え方
当無料メール講座にご登録いただくと、集客や売り上げアップに繋がるデザインの見方や考え方が分かります。デザインをビジネスに活かしたい方、デザインで悩まれている方におすすめです。

CTR IMG