ワードプレステーマSWELLが「神テーマ」と言われる理由とは?!

デザインコンサルタントのここあです。

 

私は情報収集のため、よくトイレにこもりながら

スマホでTwitterを見ているのですが…(笑)

 

たまたま見かけたツイート

これは神仕様…! そろそろSWELLはやばい領域まできたな…!(語彙力)
了さん、いつもありがとうございます。
はやた(@hayata_desu)Jun.18 2020

 

これを見た時に

  • 「ヘぇ〜、SWELLっていう新しいワードプレステーマ」があるんだ
  • 「しかも神仕様ってどういうこと?」

そのツイートを見てすごく気になりました。

 

というのも、私がデザイナーというのもあって

いろんなワードプレステーマを見たり、触ったり、

カスタマイズするのが大好物なのですが、

 

Twitterでこのツイートを見るまで恥ずかしいことに

私は「SWELL(スウェル)」というテーマの存在自体を知りませんでした。

 

なので、私は「SWELL」ってどんな新しい神テーマなのか?

気になってすぐにトイレから出て、パソコンから

「SWELL」の公式サイトにアクセスしました。※もうトイレネタはいい?(笑)

 

するとびっくり!

  • 「SWELL」の発売時期は2019年3月
  • ブロックエディタ「Gutenberg(グーテンベルク)」完全対応

 

これを見て私は正直ショックでした。

 

なぜなら、

「そもそもSWELLは全然新しいテーマなんかじゃない!」

ただ自分が「SWELL」というテーマを知らなかっただけ…^^;

 

しかも、使いにくいと評判なブロックエディタ

「Gutenberg(グーテンベルク)」に完全対応。

そんなテーマがあることすら知らなかったと気付いたからです。

 

私はTwitterや「SWELL」の公式サイトを見た後に

なぜ「SWELL」が神テーマと言われるのかを探るため

「SWELL」に関する様々な記事をかたぱしから読んだのですが、

 

実際にSWELLを使っているほとんどの人が

ブロックエディタに完全対応したその使い心地を

驚くほどに絶賛していました。

 

とは言え、いくら「SWELL」がGutenberg(グーテンベルク)に

完全対応のテーマとは言え、私はそこまで使いやすいテーマというのは

「絶対に嘘だ!」と思わざるを得ませんでした。

 

なぜなら、Gutenberg(グーテンベルク)のブロックエディタは

ほとんどの人が使いにくいと感じるためか、

今現在も、ブロックエディタではなく、

 

クラシックエディタ対応のテーマを使っていたり、

推奨している人の方が圧倒的に多いからです。

 

私も実際に、クラシックエディタでサクサク使える

THE THOR(ザ・トール)を一押しのテーマとしてすすめています。

 

ですが、そんなことを知ってしまった以上は

「圧倒的な使い心地!」と、多くの人に絶賛されているテーマを

私は試さずにはいられません(笑)

 

なので、いずれにしても「とにかく良さそうなテーマだ!」と

直感的にピピッときたので「絶対に買って損はないはず!」と

「SWELL」の購入に踏み切ったわけなんですが、

 

実際に「SWELL」を購入し、いざ自分で使ってみると…

  • 「ブロックエディタでも本当に全然使いにくくない!」
  • 「逆にブロックエディタ超使いやすい!ヤバイ!」

と、驚くほど操作がしやすく衝撃でした。

 

「ヤバイ、マジで神テーマ…」

何で今までこんなに良いテーマを知らなかったんだろう?

 

自分でも不思議とそう思えてしまうほど、確かに圧倒的な使い心地。

 

正直、今までブロックエディタは「使いにくい、使えない!」という

勝手な思い込みをしていた私ですが、

 

実際にブロックエディタ完全対応の「SWELL」を知ったことで

そのイメージが完全にくつがえってしまったのです^^;

 

だから「SWELL」が神テーマと言われるのか…と

 

私は「SWELL × ブロックエディタ」を使ってみて

  • なぜ「SWELL」が神テーマと言われるのか?
  • なぜ「SWELL」を使うとクラシックエディタに戻りたくないと思うのか?

その2点がはっきりと分かりました。

 

また同時に私は「SWELL」の存在を知ったことで、

自分の思い込みや無知の怖さを改めて

「SWELL」に思い知らされることにもなりました。

 

ということで、今回はそんなブロックエディタ完全対応の

ワードプレステーマ「SWELL(スウェル)」を

あなたにご紹介させていただきますので

 

「SWELL」についてまだ何も知らないあなた、もしくは

「SWELL」のことが少しでも気になっているあなたは

ぜひ最後まで読んでください。

 

こんな方におすすめ

  • 時代性に合った美しく綺麗なサイトデザインを作りたいあなた
  • ストレスなくサクサクと快適に楽しく記事を書きたいあなた
  • 自分の思い通りにサイトやページを作りたいあなた
  • 一つのテーマで全てのことを完結させてしまいたいあなた

 

私の記事を読むことであなたには「SWELL」を手に入れた後の

安心感や使い心地、作業の効率性からデザイン性、収益性まで

全てまとめて知ることができます。

 

 特にこれから「ブログを始めたい!」あなたにはSWELLが超おすすめです!

 

ただ、これだけは念のためにお伝えさせていただきます。

現時点で、クラシックエディタ対応のテーマは

やはり私は「THE THOR」が一押しです。

 

今回のSWELLはあくまでも「ブロックエディタ完全対応」ということで、

これからブロックエディタでブログを構築しようと

考えているあなたのためにSWELLの紹介記事を書いています。

 

ですから、この記事は私が紹介している

「THE THOR」や「AFINNGER5」を

決して否定するものではありません。

 

なので、あくまでもテーマ選びをする比較検討の材料として

私の記事を参考にしていただけると嬉しいです。

 

いずれにしても「良いモノは良い!」とすすめるのは

実際に私が使ってみて本当にそう思えるから書いています。

ということで、SWELLの魅力を全力でお伝えさせていただきます!

 

ワードプレステーマ「SWELL」をすすめる決定的な理由とは?

ワードプレステーマ「SWELL」をすすめる決定的な理由とは?

 

これからワードプレスを使いブログやサイトを運営したいと考えるあなた

もしくは、今、使われているテーマに不満や不安があるあなたに

私が「SWELL」をおすすめする決定的な理由が1つだけあります。

 

それは「SWELL」がすでにGutenberg(グーテンベルク)の

「ブロックエディタ」に完全対応しているテーマだということです。

 

そもそも多くの無料テーマや有料テーマはまだほとんどが

ブロックエディタに対応しておらず、公式サイトやマニュアルサイトでも

「クラシックエディタ」の使用を推奨しているのが実情です。

 

2020年8月現在のGutenberg(グーテンベルク)対応状況は以下の通り

ワードプレステーマ有料/無料Gutenberg(グーテンベルク)対応状況
SWELL有料
Cocoon無料
THE SONIC有料
JIN有料
SANGO有料
DIVER有料
STORK19有料
AFFINGER5有料
TCDシリーズ有料×
THE THOR有料
腎威有料

 

このように、ブロックエディタに完全対応しているテーマは

まだ、SWELL、Cocoon、THE SONICの3つだけです。

 

ですが、

現在使用可能なクラシックエディタは2022年に廃止予定。

その事実をあなたはご存知でしょうか?

 

とは言え、もちろん有料テーマの販売者は

時期を見てきちんと対応してくるとは思っていますが

ただ、それでもいつ完全対応になるかまでは分かっていません。

 

ですから、クラシックエディタ推奨テーマというのは

  • いつになればブロックエディタ完全対応になるのか?
  • どのタイミングでブロックエディタに切り替えなければならないのか?

不安を抱えたまま作業を続けていくしかないのです。

※そう言う私もちょっと不安(笑)

 

私の場合に限って言うなら、ワードプレスを使い出した頃というのは…

せっかく無料ブログで操作を覚えたのに、

 

ワードプレスに切り替えたことで

「また一から操作を覚え直し!」というストレスを抱えましたし、

 

STORKを使い続けた後、今のTHE THORに切り替え

微調整するのに「丸一週間かかった」という苦労もし、

 

これら2つの経験から、途中で使用テーマを切り替えるのは

かなり大変だということを知っています。

 

だからこそ、これからワードプレスを始めるあなた

もしくは他のテーマに切り変えようと考えているあなたは

 

今、すでにブロックエディタに完全対応のテーマ

「SWELL」を導入しておけば、今後、そういった

テーマの変更に伴うストレスや不安を完全に無くすことができます。

 

また、クラシックエディタを使っているユーザーが

まだまだ多い今だからこそ

 

ブロックエディタに完全対応している「SWELL」を先に導入すれば、

あなたが他のユーザーよりも「一歩先を行ける」メリットもあります。

 

つまり、あなたが仮に初心者でもただSWELLを使うだけで

クラシックエディタで編集するテーマを使っている他の初心者よりも

確実に一歩先を進んでいる強みにもすることができるのです。

 

いずれにせよ私もこのメインブログを来年中には

ブロックエディタに完全対応させる必要があり、

 

クラシックエディタからの変更に正直恐怖し、おののいています^^;

※だからちょっと不安なのです(笑)

 

ワードプレステーマ「SWELL」レビュー!私がすごいと感動した5つの理由

ワードプレステーマ「SWELL」がすごい!と感動した理由

 

私がワードプレステーマ「SWELL」を実際に使ってみて

「すごい!」と感動した理由は以下の通り。

 

それぞれ、使い心地から安心感、デザイン性から効率性、

収益性までまとめています。※開発者である了さんのことも少しだけ書いています^^

SWELLのおすすめポイント具体的な内容
◎ 使い心地(快適性)サイトの設定が感覚的にできる
ブロックエディタの操作にすぐに慣れる
◎ デザイン性デザインの幅が広い
◎ 安心感(安全性)テーマやエディタの変更が不要
アップデートが頻繁に行われている
◎ 作業の効率性プラグインの導入に悩まなくて済む
マニュアルサイトが親切丁寧
会員サイトやオンラインコミュニティがある
◎ 収益性独自のアフィリエイト機能がある
+α開発者の了さんが素敵!

 

ということで、お伝えしたい項目がかなり多いので、

駆け足でザッと解説していきます!

 

SWELLの使い心地がとにかく神!

「SWELL」を実際に使ってみて私が感じたのは、まずはこれ!

圧倒的な使い心地の良さ!本当に操作が快適で半端なく楽しい!

 

しかも「SWELL」はテーマの設定が

ただ使いやすいというだけではなく

ブロックエディタとの相性が抜群に良くて驚きました。

 

そのおかげか、これまでクラシックエディタしか

使ってこなかった私でも、たかだかわずか数時間触っただけで

操作方法が全て何となくでも理解できてしまうほど

 

「感覚的に使えてしまう!」のが、SWELLの凄さ。

それには正直、本当に驚き感動しました!

 

今までいろんなテーマを触ってきた私ですが、正直なところ

SWELLほど感覚的に操作できるテーマはありません。

 

もちろん、初めはマニュアルサイトも見ましたし

私にはワードプレスの使用経験が2年強あるので、

ある程度、基本的な操作方法は理解できているのですが、

 

それでも衝撃だったのは、

  • ブロックエディタでの編集にしても
  • テーマのカスタマイザーにしても

 

必死にマニュアルサイトを確認しなくても

操作方法や設定箇所が分かりやすく

 

「多分、ここを触ればここが変わるな…」という感じで

ほとんど迷うことなく操作することができたということ。

 

実際に私が唯一迷ったのは、ブロックエディタを使い

文章を書く際に段落ブロックを分ける

「改行方法」が分からなかったという点だけ(笑)

 

というのも、段落ブロックの改行だけは

クラシックエディタとは異なり

 

「スペーサー」と言われるブロックを挿入しないと

段落ブロックを分けることができないからです。

 

正直、私が分からなかったのはそれぐらいでした。

 

とは言え、それはSWELLの問題とは全く関係なく、

ブロックエディタ自体の問題」だったんですけどね^^;

 

もちろん、そうは言っても初めて使うテーマですから

「この設定どうするの?」と多少は迷う部分があったのも確かです。

※その辺は今後ガッツリ記事にしていきます。

 

ただ、それでもブロックエディタの操作方法もすごく簡単ですし

SWELLの設定自体が感覚的にできてしまうので、

本当にテーマの設定や操作に伴うストレスが少なく、

 

私自身、不思議と作業するのが楽しくなり

他にももっと便利な使い方があるのでは?と気付けば、

SWELLの機能をうまく使いこなす方法を探しながらも

 

「サイトのレイアウトをこんな感じにしたい!」と、

いつの間にか夢中になっていました(笑)

 

実際SWELLを使うと、SWELLの操作は

それぐらい初めてでも楽しいんですね。

 

しかも、クラシックエディタのようにビジュアルエディタと

テキストエディタを切り替えて使う必要もないので

 

視覚的にも分かりやすく、記事のレイアウトも

抜群に組みやすいというメリットがあります。

 

ですから、他の紹介者も書いているように、

確かにSWELLを使えば作業そのものが楽しくなり、

 

どんどん記事が書きたくなる!

そんな不思議な魅力のあるテーマだと私自身も感じています。

 

ただ、私の場合は、これまで

「クラシックエディタでの環境」がメインだったため、

ブロックエディタでサクサクできる環境がかなり新鮮で

 

しかも、「ブロックエディタが予想外に使いやすい!」という衝撃もあり、

それにつられてテンションが上がってしまったというのも、

もちろんあるとは思います。

 

SWELLで作ったサイトはとにかく綺麗でオシャレになる!

ワードプレスの有料テーマを使うメリットとしては、

誰もが簡単にプロ並みのオシャレなサイトを作ることができる

そんなことが「どのテーマでも」比較的よく言われています。

 

しかも、私が今使っているTHE THORやAFFINGER5には

デザインの着せ替え機能なるものがあり、

 

あらかじめ用意されたデータをインストールすれば、

ある程度、誰もが簡単に自分の好きなデザインに

仕上げることができるようになっています。

 

そして、SWELLも同様にデザインの着せ替え機能として

以下のデモサイトと同じデザインにできる着せ替えデータが

SWELLの購入者専用ページにばっちり用意されています。

 

SWELLデモ

 

ただ、そうは言っても多くの有料テーマは一歩設定を間違えると

ブログ全体のデザインが驚くほどにダサくなる可能性もありますが、

SWELLだけに限っては、開発者である「了」さんのセンスが良いのか

 

基本的なサイトデザインのベースがとても綺麗に整っているため、

例えどんな設定にしても、ある程度綺麗なサイトになってしまう

そんな魔法がかかったようなテーマでもあります。

 

実際に私がTHE THORを気に入っているのは、他のテーマと比べても

比較的綺麗なサイトに仕上げやすいテーマだからという理由

でもあるのですが、

 

それでもTHE THORからSWELLにテーマ切り替えてしまうと、

THE THORで組んだデザインがなぜかかすんで見えてしまうほど

 

SWELLで作ったサイトは驚くほどサイトデザインが

さらに一段階グレードアップした感じになります。

実際に私は非公開の会員サイトをTHE THORからSWELLに切り替えています。

 

つまり、分かりやすく言うと、THE THORも確かに

綺麗なサイトにはできるのですが、どちらかと言うと…

 

THE THORは男性的でダイナミックな美しさ

逆に「SWELLの場合は、女性的で洗練された美しさ」を

兼ね備えたサイトデザインになるといったイメージです。

 

なので、私なりに頑張って整えたTHE THORのサイトでしたが

それでもSWELLに変えた後は「今までの苦労は何?」と思えてしまうほど

SWELLの洗練されたデザインの美しさに魅了されてしまいました。

 

そもそも私はCSSによるカスタマイズが得意なので、

ある程度、どんなテーマでもデザインの変更は自由自在にできますし、

 

正直、テーマを変えたところでサイトデザインが

それほど大きく変わるとは全く予想もしてなかったのです。

 

ですが、いくら自分がCSSを触りデザイン性を高めたところで

テーマ自体のデザイン性にはやはり限界があるんだ」ということが、

今回、SWELLに触れたことで分かりましたし、

 

綺麗で美しいサイトを作るには、やはり「ベースありき」

というのも改めてよく分かりました。

 

なので、デザイン性だけで言うなら、

  • SWELLのデザイン性
  • THE THORのデザイン性、
  • AFFINGER5のデザイン性

など、人それぞれの好みがあるので、

 

どのテーマのデザインが好きなのかは

あなた自身でご判断いただくしかありませんが、

 

ただ私がプロのデザイナーとして言えることは、SWELLほど

今の時代性にマッチしたデザイン性の高いテーマ」は

他にはないということです。

 

もちろん、多少は私の好みも含みますが、それを抜きにしても、

今、一番スタイリッシュなテーマは

SWELLが群を抜いていると客観的に見ても断言できます。

 

本来は自分が使っているテーマ「THE THOR」を

ベタ褒めするべきだとは思うのですが、流石にデザイン性に関しては

 

正直、私は自分でTHE THORからSWELLに変えたことで

THE THORではSWELLに到底かなわないと嫉妬すら覚えました^^;

※あくまでもこれは個人的な感想です。

 

なぜなら、実際にSWELLでブログデザインを組んでしまうと、

THE THORで組んでいたデザインが一昔前のもののように

霞んで見えてしまうほど差があるように感じたからです。

 

特にこれからの時代は「女性性」が強いとの意見も

最近はよく耳にするようになってきておりますので、

 

どちらかと言うと男性的というよりは

女性的な印象が強い洗練されたサイトデザインの方が

これからは受けが良くなるのではとも思っています。

 

ただ、そうは言っても私にはTHE THORにもすごく愛着があるので、

まだこのブログだけはそう簡単に他のテーマには譲りません(笑)

※そこはやっぱりこだわりたい^^

 

また、SWELLの用途はブログだけにとどまらず、

企業サイトや店舗サイトなど、通常のWebサイトとしても

全く遜色そんしょくのないデザインに仕上げることができるテーマ。

 

なので、SWELLさえ手にしておけば、この先、

完全にデフォルトとなるブロックエディタで

「ブログから通常のWebサイトまで」作ることが可能です。

 

さらに、私はまだ作っていないのですが、

恐らくSWELLを使えば、いわゆるLPと言われる縦長の

ランディングページや商品を販売するためのセールスページを

 

LP専用のテーマと同じクオリティで」作ることも

全然可能だと私は確信しています。

※これからLPはテストサイトで作る予定で、あくまでも恐らくですが…。

 

つまり、SWELLさえ手にしてしまえば、

それこそWebサイトもブログもLPも

ネットビジネスにおける集客から販売までの部分が

 

全て「SWELL一つだけで」作れてしまう!

SWELLはそんな活用範囲が広いテーマでもあります。

 

実際に私は、LPを作るためにLP専用のテーマを買ったり、

サブドメインを取得したり、何かと面倒なサイト管理をしています。

 

ですが、1つで3役こなせるSWELLさえあれば、

わざわざそんな面倒なことをしなくても、

通常の記事を書くのと同じようにLPも作ることができますし

 

LPのドメインを改めて分ける必要もありませんので、

当然、その分だけ運営や管理も楽になります。

 

SWELLはアップデートにつれてどんどん快適になる!

続いて、SWELLを手にすることでの安心感について。

 

最初にもお伝えさせて頂いた通り、SWELLを使えば今後は

テーマの変更や編集エディタの変更が不要になります。

 

そして、用途で言うなら、ブログ、企業サイト、LPまでまかなえる

それがSWELLの魅力でもあります。

 

さらに、安心感という意味では、SWELLはバグ解消も含め

テーマのアップデートが通常のテーマ以上に頻繁に行われています。

 

以下の画像を見ても分かる通り、

SWELLアップデート

2020年10月のアップデートだけでも3回行われています。

 

実際に公式サイトを見ていただくとよく分かりますが、

SWELLは毎月アップデートするのが、まるで当たり前であるかのように

 

月2回、3回とアップデートされていきます。

 

なので、仮にテーマによるバグが生じたとしても

すぐにアップデートで解消されますし、しかも、テーマのアップデートに伴い、

SWELLの使い心地までもがさらにどんどんアップしていきます。

 

正直、ここまで頻繁にテーマがアップデートされるのは

恐らくこのSWELLとAFFINGER5だけ…。cocoonもそこそこ多いかな?

※AFFINGER5は販売されてから時間が経つので、流石に最近は減りましたけどね。

 

いずれにしてもアップデートが多いテーマというのは

それだけ開発者が購入者のことを考え、真剣に商品を

より良いものにしようという気持ちの表れでもありますし、

 

そこまでアップデートに尽くしてくれる開発者だからこそ

私は良いテーマだと「確実に信用できる」と思っています。

 

そもそも、売りっぱなしで終わりとか、無責任の極みですからね。

そんなテーマなら絶対に買わない方がマシです。

 

ですから、テーマ選びをする際には、

どれだけ開発者が購入者を大切に思っているか?

そういう視点で選ぶのも非常に重要だと思います。

 

あなたなら何を基準にテーマ選びの参考にしますか?

 

SWELLを使えば作業や操作で悩むことがかなり減る!

それでは作業の効率性について。

 

私はこのブログでも散々お伝えしておりますが、

基本的にワードプレステーマのマニュアルサイトは

「不親切の極み」というテーマが非常多いのが実情です。

 

その理由は簡単で、すでに操作が完璧に分かるスタッフたちが

分かっているの前提でマニュアルサイトを

作ってしまっているからです。

 

つまり、そうして作ったマニュアルサイトを

右も左も分からない初心者に見せて本当に理解できるのかを

検証するところまで徹底しているワードプレステーマは

 

ほぼ皆無だと思っておいてください。

 

特に私が今使っているTHE THORはまさにその典型で…、

だからこそ、私はTHE THORのマニュアルを自分で作り

購入者の方に「購入者特典」としてプレゼントしています。

 

ですが、SWELLの場合は、マニュアルサイトが比較的

他のテーマに比べて親切丁寧に作られており分かりやすく、

 

しかも、視覚的に分かりやすいよう、

動画のアップもされています。※解説動画ではありませんが…。

 

また、ワードプレスを使うとテーマの設定もさることながら

一番頭を悩ませるのは、サイトの表示速度にも影響する

拡張機能の「プラグイン」。

 

ですが、SWELLに関して言うなら、最低限サイト運営に必要な

推奨プラグインを開発者である「了」さん自らが

「これは必要!」「これは不要!と全て解説してくれています。

 

なので、SWELLの購入後は「プラグインをどうしようか?」と

自分で悩む煩わしい時間は一切必要ありません。

 

そもそもプラグインは膨大すぎて選べませんし、

場合によってはテーマとの相性が悪いプラグインもあるので、

オチオチ気軽に導入することも残念ながらできません。

 

だからこそテーマの開発者自らが「これだけでOK!」と

断言してくれると購入者としては選びやすいし心強い。

 

そのおかげでプラグインの導入に関しては一切迷うことなく

私もすぐに反映することができました。

しかも、テーマ開発者のお墨付きだから超安心!※実はこれ、かなり大きいです。

 

また、SWELLにはSWELL購入者専用の会員サイトやフォーラムがあり

SWELL専用フォーラム

 

フォーラム内は流石にお見せすることができませんが^^;

 

専用フォーラム内に質問をアップすると、

開発者の「了」さんが自ら回答をしてくれるという、

とんでもなく親切なサービスが展開されています。

 

私も実際に、購入者から頂いた質問に回答しながら

THE THORのマニュアルをブラッシュアップしているのですが、

SWELLの場合も同様に、開発者である「了」さんが、

 

SWELLの購入者と直接コミュニケーションを取ることで

テーマのアップデートやバグ解消に

いち早く対応できる環境を自ら作られています。

 

だからこそ、「また?」と思ってしまえるぐらい(笑)

テーマのアップデートは頻繁に行うことができていますし

 

開発者の方がそういう姿勢でいてくれるからこそSWELLは購入時も、

手に入れた後も安心して使うことができるのです。

 

また、それ以外にも「SWELL専用のオンラインコミュニティ」があり、

2020年11月現在、メンバー数は1,327人の登録があります。

 

そして、ここでも了さんがSWELLのアップデート情報を伝えてくれたり、

自分の疑問をぶつけると同じSWELLユーザーが答えてくれたりと

会員サイトのフォーラムとはまた違った交流ができる環境までもが整っています。

 

こうしてSWELLには会員サイトのフォーラムとオンラインコミュニティの

2つのサポート体制があるので、そんな場がきちんと用意されているSWELLなら

これから初めてワードプレスを触るあなたには特に心強いかと思います。

 

SWELLには独自の収益化機能がある!

これからブログの運営を始める方は恐らくネットビジネスとして

自分のサイトを運営したいと考える方がほとんどだと思います。

 

ですから、当然、その目的は「ブログの収益化」のはずです。

 

だからこそ、そんなあなたに朗報なのですが、

SWELLにはSWELLならではのオリジナル収益化機能が実装されており、

 

それがどういうものかと言うと…

 

特に、アフィリエイトを専用に扱うASPに登録せずとも

SWELLを利用しているサイトにSWELLの公式サイト

「swell-theme.com」へのリンクを設置するだけで、

 

あなたのサイト経由でSWELLが購入されれば、報酬が発生します。

 

つまり、わざわざSWELLの紹介記事を頑張って書かなくても、

公式サイト「swell-theme.com」へのリンクを通して

何かしらの形で自分のページからSWELLの公式サイトに飛んでもらい、

 

SWELLが購入されれば報酬が発生し、

お金を稼ぐことができるということです。

 

↓以下は公式サイトの説明です。

SWELLのアフィリエイト

 

しかも、仮にすぐネットユーザーに購入されなかったとしても

自分のサイトを経由したアクセスから30日の間に購入されれば

報酬が発生するという非常に親切な仕組みとなっています。

 

ただし、その期間中にSWELLを使っている別の人を経由してしまうと

その権利が新たな経由先に移行してしまいますので、

SWELLのアフィリエイト

 

その「30日の間」という期間がプラスに出るか、マイナスに出るかは

正直、微妙なところではあります^^;

 

私は実際にまだメインブログでSWELLを使っておりませんので、

そうしたSWELL独自の機能を使うことができず、

どこまで収益化しやすいかまではあなたにお伝えすることができませんが、

 

それでもSWELLにはそうした収益化しやすい機能が

きちんと備わっておりますし、アフィリエイト報酬は25%ですので、

単純に自分のサイト経由で「SWELLが4本」売れれば元が取れます。

 

なので、記事を書けば書くほど、

あなたのブログに訪れる人も増えてきますし、その度に

「このテーマ良いな!」とネットユーザーに思われれば、

 

あなたの頑張り次第では、あなたのサイト経由で

どんどんSWELLが売れる可能性も出てくるわけです。

 

SWELLの開発者「了」さんが素敵!

最初にもお伝えさせていただきましたが、

やはり、SWELLの魅力は何と言っても開発者である

「了さんの魅力がすごい」ところです。

 

私は実際に「了」さんのTwitterアカウントをフォローし

いつも気にかけているのですが、

 

この人、マジでワードプレスのことしか頭にないな」と思えるほど

テーマにかける思いや情熱がすごいと改めて感じています。

 

俗に言う良い意味での「変態!」(笑)

私はそういう人大好きです!

 

だからこそ、アップデートしかり、サポートしかり

きちんと購入者ユーザーの意見や気持ちを吸い上げ

それをテーマのアップデートに活かしてるからこそ

 

SWELLはマジで神テーマ!」そんなことを

発信してくれるユーザーが続出するのだと思います。

 

逆に言うと、そんなこと

決して偶然言われるようなことではありませんし、

 

ましてや誰かに言わそうとしても

そう簡単に言ってもらえることでもありません。

 

しかも、私はただ「了」さんを見ているだけで

ビジネスの本質までもが分かりますし、確実にファンを掴める方だと

「了」さんを見ていていつもすごく勉強になりますので、

 

そういう意味では、ただSWELLを使うだけではなく

テーマの開発者のことを知るのも非常に重要なことだと

最近はつくづく実感しています。

 

私は、たまたまTwitterで見かけて「SWELL」を知ったのですが、

今ではもう完全に「SWELLと了さん」の虜です(笑)

 

ワードプレステーマ「SWELL」唯一のデメリット

ワードプレステーマ「SWELL」唯一のデメリット

 

最後に念のため、SWELLのデメリットだけお伝えさせていただきます。

 

とは言え、SWELLのデメリットは私も他のブロガーと全くの同意見。

正直、SWELLのデメリットは以下の2点しか思いつきません^^;

  • SWELLを使ったらもうクラシックエディタには戻れない!
  • SWELLの値段は他のテーマより若干高い(税込17,600円)

 

私はまだメインテーマがTHE THOR(ザ・トール)なので、

今もこうしてクラシックエディタで編集しておりますが

 

正直に言うと、SWELLほど使い心地が良いなら

本来はブロックエディタで編集したいぐらいです。

 

ただ、いずれにしても、クラシックエディタの有効期限が

2021年末までなので、遅かれ早かれ、このサイトも

ブロックエディタには移行しなければなりません。

 

私はただ、そのタイミングを冷静に測りながら、

せっかくブロックエディタに変更するなら、

今後、長く使いたいと思えるテーマに移行したいと

 

SWELL以外のブロックエディタ完全対応のテーマが出るのも

念のため待っているという状態です。

 

もちろん、現時点ではSWELLが最高峰とは思ってますが、

やはり、それでも他のテーマと比べてどうなのか?

というのはもう少しだけ様子を見たいところではあります。

 

なぜなら私の場合はテーマの移行という高いハードルに

なりますので「確実にこれが良い!」と確信が持てるまでは、

やはり、慎重にならざるを得ないからです^^;

 

とは言え逆に、今からブログを始めるなら確実にSWELLを使います。

 

なので、もしも他のテーマと比べてみて

「やっぱりSWELL!」と確信が持てれば、私は何のためらいもなく

このブログをSWELLに変更しますし、

 

逆にTHE THORがブロックエディタ完全対応になって

それこそサクサク使えるのなら、私はこのまま

THE THORでの運営を継続すると思います。

 

正直、その辺はまだ何とも言えないというのが、

私の素直な気持ちでもあります。

実際、テーマの移行は想像以上に大変なので^^;

 

また、SWELLのデメリットとして挙げた2点目、

他のテーマよりも「お値段が若干高い!」というのは、

実際、SWELLの販売価格が17,600円(税込)なので、

 

15,000円平均の有料テーマに比べるとやはり

少し高く感じられるとは思います。

 

とは言え、私から1つだけ言えることは…

私が今使っているTHE THORというこのテーマ。

 

実際にすごく良いから私はおすすめしているのですが、

本当に良いテーマであれば「必ず売れます!

 

というのも、すでに私はTHE THOR(ザ・トール)を

ここ1年半で400本以上売った販売実績を持っています。

↓実際、このサイトから459本売れています。

 

つまり、本当に良いテーマであれば、そのテーマを使いたいと思う人が

遅かれ早かれ増えてくるので、きちんと売れます。

 

なので極端な話、SWELLを購入し、きちんとサイトを構築し

ブログの運営さえ続けていれば、いずれは自分のサイトから

SWELLが売れるようになってきますし、

 

さらにSWELLの紹介記事を書いていれば、よりSWELLが売れやすくなり、

確実に収益化まで持って行けるようになってきます。

 

逆に言うと、どれだけ自分が良いテーマだと思っていても

時代性に合わなかったり、ユーザーの用途に合いにくいテーマは

そう簡単には売れません。

 

事実、私が紹介してもほとんど売れないテーマもあります。

 

その点、SWELLはこれからの時代にマッチした

しかも多くの人に「神テーマ」と言われるほどに、

「SWELL最高!」というユーザーが続出しておりますので、

 

あなた自身で使うのはもちろんのこと、

あなたの友人や知り合い、ネットユーザーにも今後

非常におすすめしやすいテーマであるのは間違いありません。

 

ということで、駆け足にはなりましたが、

私が実際にSWELLを購入してみて素直に感じたことを

まとめさせていただきましたので、ぜひ一度、公式サイトをのぞいてみて

 

「SWELLマジで良さそう!」と思ったら、

あなたの未来に投資するつもりで、だまされたと思って

ぜひSWELLを選んでください。

 

もちろん、私は騙す気なんてさらさらありませんけど…(笑)

 

とにかくこんな私の思いが、あなたにも届くと良いなと思います。

 

ワードプレステーマ「SWELL」が神テーマと言われる理由まとめ

ワードプレステーマ「SWELL」が神テーマと言われる理由まとめ

 

今回はワードプレスの編集エディタ「ブロックエディタ」の

Gutenberg(グーテンベルク)に完全対応した「神テーマ」

SWELLについてご紹介させていただきました。

 

改めておさらいさせていただきますと、

SWELLには以下、5つ+αの魅力があります。

SWELLのおすすめポイント具体的な内容
◎ 使い心地(快適性)サイトの設定が感覚的にできる
ブロックエディタの操作にすぐに慣れる
◎ デザイン性デザインの幅が広い
◎ 安心感(安全性)テーマやエディタの変更が不要
アップデートが頻繁に行われている
◎ 作業の効率性プラグインの導入に悩まなくて済む
マニュアルサイトが親切丁寧
会員サイトやオンラインコミュニティがある
◎ 収益性独自のアフィリエイト機能がある
+α開発者の了さんが素敵!

 

とは言え、こればかりは「百聞は一見に如かず!」ということで、

いくら私が全力で「おすすめ〜っ!」と伝えたところで

 

あなたご自身で触って頂かなければ、SWELLの快適性や

デザイン性の高さはなかなか理解していただくことができません。

 

ただ今回は、本当に「THE THOR最高!」と思っていた私が

それこそ「SWELLには勝てない!」と思ってしまうほどの

ワードプレステーマに出会ってしまったと思っています。

 

しかも「SWELL」はすでにこれから先、

100%デフォルトスタンダードとなるブロックエディタに

完全対応しているテーマですから、正直、悔しいですけど、

 

そういう意味では「SWELLに敵うテーマはまだない!」と

私はそう考えています。※あくまでも2020年11月時点

 

ただ私はこのメインログにもTHE THORにも愛着があるので、

このサイトは変更せず、別のサイトをSWELLに切り替えておりますが、

もしもまだブログを始めたばかりの状態でSWELLを知ったら

 

もしかすると、速攻変えていたかもしれません。

 

いずれにしてもSWELLが

今の時代生にマッチした完全無欠なテーマ」であるのは

間違いありませんし、

 

THE THORにお熱な私が実際「SWELL」に

嫉妬してしまったぐらいですので、さすがに

そんなに良いテーマをすすめない理由はないと思い

 

「本当のおすすめはTHE THORかSWELLのどっちやねん?」と

思われるのを覚悟の上でまとめました。

 

なぜなら、最初にもお伝えさせていただきましたが、

これから先、クラシックエディタが使えなくなることを考えると

ブロックエディタ対応のテーマに早い段階で変えておく方が

 

確実に「安心・安全」ですし

 

ましてやこれからブログを始めるあなたは

今からクラシックエディタ対応のテーマで使い慣れたところで

余命はわずか1年ほどしかないからです^^;

 

ですから、これからブログを始めるなら、正直、

確実にブロックエディタ完全対応のSWELLがおすすめですし、

 

私なら誰よりも早くそうしたテーマを使いながら、

これから覚えようとする人のためにとにかく使い方を覚え

いち早く役立てる人になりたいなとは思います。

 

なので、私も自分のテストサイトや会員サイトは

すでにSWELLに切り替えていろいろとカスタマイズ方法も含め

検証を進めておりますし、

 

あとはこのメインブログをいつどのテーマに切り替えるか?

 

それとも、このままTHE THORで突き進むのか

今後、販売者がどう対応してくるのかを静観しながら

行く末を見守っていきます。

 

ということで長々とまとめさせていただきましたが、

とにかく、もしもこれからあなたがブログを始めるなら、

2021年末に使えなくなる「クラシックエディタ」を覚えるよりも

 

2022年からデフォルトスタンダードとなる

ブロックエディタを先取りする」意味でも

 

ブロックエディタ完全対応のテーマ「SWELL(スウェル)」から

始められることを私は全力でおすすめします!

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございました!

 

「SWELLの公式サイト」はこちらから飛ぶことができます!

ワードプレステーマSWELL
WordPressテーマ「SWLL」
ブロックエディター完全対応!シンプルかつ高機能!圧倒的な使い心地を追求したテーマ「SWELL」。記事を書けば書くほど楽しくなる、まさにそんな言葉がぴったりハマるテーマで、あなたもブログをはじめませんか?

>ネットで毎月30万円以上の自動収益を得ながら 「自分らしい人生」を送る方法を無料公開!

ネットで毎月30万円以上の自動収益を得ながら 「自分らしい人生」を送る方法を無料公開!

●自動化の仕組みで毎月30万円を稼ぐ仕組みの全貌マニュアル
●主婦やニートでもネットで毎月5〜10万円の不労所得を得る方法
●20年サラリーマンをしてきてなぜ今になって脱サラしたのか?
●安定を求めれば求めるほど不安定になる理由とは?
●いくら知識があっても、成功できない理由
など、無料メール講座本編では、決して表には出せない秘匿性の高い情報もたくさん提供していきます。※この無料メール講座は、私が有料セミナーで直接成功者たちから聞いた内容も多数含まれているため、予告なく募集を終了する可能性があります。

CTR IMG