WPテーマ「SWELL」レビュー!なぜ神テーマと言われるのか?

ここあです。

 

このページではWordPressテーマ「SWELL(スウェル)」について

実際の使用感も含め、僕の想いや感想を

レビューとしてお伝えしたいと思います。

 

もしも、あなたが今、SWELL(スウェル)を使うかどうか悩んでいて

この記事を読まれているなら、読み終わる頃には必ず答えが出ますので、

ぜひ参考にしてください。

 

僕は今、このブログで「THE THOR(ザ・トール)」というテーマを使ってますが、

実は非公開の有料コンテンツのサイトは全て「SWELL(スウェル)」で組んでいます。

 

かれこれ2年以上「SWELL(スウェル)」を使ってますが、

あまりに快適すぎて本当はこのサイトも今すぐにでも

「SWELL(スウェル)」に変えたいと思っているぐらいです(笑)

 

ただ、個人的には「THE THOR(ザ・トール)」に思い入れがあったり、

少し複雑な事情があって今はまだ「THE THOR(ザ・トール)」を使い続けいます。

 

ですので特に今、

これから楽しく快適にサクサクブログを書くためのワードプレステーマをお探しなら、

僕は「SWELL(スウェル)」を全力でオススメします。

 

ということで、WordPressテーマ「SWELL(スウェル)」は

以下のような方にオススメの超快適な「神テーマ」ですので、

ワードプレスの有料テーマ選びで悩んでいるならぜひ参考にしてください。

 

こんな方におすすめ

  • 時代性に合った美しく綺麗なサイトデザインを作りたいあなた
  • ストレスなくサクサクと快適に楽しくブログの記事を書きたいあなた
  • 自分の思い通りにWebサイトやページを作りたいあなた
  • 一つのテーマで全てのことを完結させてしまいたいあなた

 

僕の記事を読むことであなたにはWordPressテーマ「SWELL(スウェル)」を手に入れた後の

安心感や使い心地、作業の効率性からデザイン性、収益性まで

全てまとめて知ることができます。

 

 特にこれから「ワードプレスでブログを始めたい!」あなたにはSWELL(スウェル)が超おすすめです!

 

WPテーマ「SWELL(スウェル)」を一押しする理由とは?

ワードプレステーマ「SWELL」をすすめる決定的な理由とは?

 

これからワードプレスを使ってブログやWebサイトを運営したいと考えるあなた、

もしくは、今、使われているWordPressテーマに不満や不安があるあなたに

僕が「SWELL(スウェル)」をおすすめする決定的な理由が1つだけあります。

 

それは「SWELL(スウェル)」がすでにGutenberg(グーテンベルク)の

「ブロックエディタ」に完全対応しているテーマだということです。

 

ちなみに、まだ何もWordPress(ワードプレス)のことを知らないあなたのために

簡単に解説しておくと、現在、Wordpressのテキスト編集エディタは2つあります。

 

1つは、「クラシックエディタ」

もう1つが「ブロックエディタ」。

 

詳しくは改めてご確認いただきたいのですが、

もともと「クラシックエディタ」は2021年でサポートが終了と言われてました。

 

ただ、現在は2022年までの使用が可能となっており、

さらに利用者が完全にいなくなるまでサポートはなくならないと

当初の予定から流れは完全に変わりつつあるのですが、

 

いずれにしてもブロックを積み上げながら、

実際のプレビュー画面に近い感じで、記事の作成ができる「SWELL(スウェル)」は

とにかく操作が非常に快適で、記事の作成が楽しくなるテーマです。

 

また現在、様々なWordPressの有料テーマがリリースされていますが、

まだまだ「ブロックエディタ」完全対応のテーマは決して多くはなく、

その中でも特に「SWELL(スウェル)」はユーザーの使い心地に特化しており、

 

開発者である「了」さんの変態的なこだわりとも言える(笑)

アップデートの情熱には毎回驚かされてばかりです。

 

僕は今まで自分が「これしたい!」と思ったことが、

機能として実装されておらず、諦めてしまったり、

無理矢理自分でカスタマズして作ったりしてたのですが、例えば、

 

こんなステップの表示機能だったり、

ステップ表示機能

こんなQ&Aの表示だったり、

FAQ表示機能

さらには最新のアップデートで横並び10個までのカラム表示が可能になり、

しかも、PC版、タブレット版、スマホ版でそれぞれ、

いくつ横並びさせるかが自由に設定できる機能まで実装されました。

 

以下が、設定画面。

リッチカラム機能

「+」をクリックしながら表示されるカラム数を決めたら、

あとはそれぞれ各デバイスごとにいくつ並べるか数を入力するだけです。

リッチカラム設定

 

WordPressテーマ「SWELL(スウェル)」にはこうした私たちユーザーが

「こうしたい!」と考えた時に、それが簡単にできる

痒いところに手が届く機能が多数実装されており、

 

しかもその機能を簡単に使えてしまうのが大きな特徴であり、

自分の「やりたい!」が悩むことなく、しかもすぐにできてしまうからこそ、

どんどん記事が書きたくなってしまいます。

 

つまり、操作を楽しんでいるうちにどんどん記事が長くなってきたり、

記事を書きながら、各機能を使いたくなる楽しみも同時に湧いてきます。

だからブログの記事数も書くのが楽しいので自然と増えてきます。

 

何よりもブログの記事を書く上で、楽しいというのは、

ブログの更新で挫折せずに済みますので、その分成果にも繋げやすいということです。

 

言い換えるなら、「快適さ」ゆえ、

ブログ運営やサイト運営が自然と継続しやすくなる

そんな「魔法」でもかかっているかのようなWordPressテーマが

 

「SWELL(スウェル)」の最大の魅力です。

 

しかも、このテーマはLP(ランディングページ)機能も実装されてますので、

ランディングページ専用のテーマ「カラフル」を購入する必要もありませんし、

わざわざ無料のLPサービス「ペライチ」の使い方を覚える必要もありません。

 

実際、「SWELL(スウェル)」これ1つあれば、

  • ブログの作成や運営
  • 企業向けにWebサイト制作や運営
  • ランディングページ作成

これら全てがこのテーマ1つで全てまかなえてしまいますので、

 

購入後は他のテーマに目移りする必要もなくなりますし、むしろ

あまりの使い心地の良さに他のテーマに乗り換えようという気は

確実になくなるかと思います。

 

また、機能のボリュームがちょうどいいです。

 

多すぎず少なすぎずで、自分がカスタマイズしたい機能が

ほぼほぼ実装されてますので、無駄な機能は一切なく、

全ての機能を余すことなく使えますし、

 

初心者にも中級者にもちょうど良い機能が充実した神テーマ。

それがWordPress有料テーマ「SWELL(スウェル)」の

特徴でもあり、魅力です。

 

実際、WordPressテーマによっては機能が足りず不満だったり、

逆に機能が多すぎて使いこなせないことで、

ストレスを感じることがあるのですが、

 

「SWELL(スウェル)」に限ってはそうしたストレスがマジでないです。

僕はいくつか有料テーマを使ってきましたが、そうしたストレスを感じないのは

ある意味本当に「すごいこと」だと思います。

 

「SWELL(スウェル)」を使うと、

実装されている機能を無駄なく自然に使いこなせるからこそ、

各機能が実装されている意味がありますし、

 

自分で選んで買ったテーマをしっかりと

自分で使いこなせているという実感が持てるからこそ、

「SWELL(スウェル)」を選んで良かったと心から思えます。

 

そう考えると開発者である「了」さんが

どれだけユーザーのことを考えて作ったWordPress(ワードプレス)テーマなのか

非常によく理解できる完成度の高い「神テーマ」です。

 

だから利用ユーザーが酷評することなく、むしろ

「神テーマ」と言う人が後と絶たないというわけです。

 

なので、あなたも「SWELL(スウェル)」を使うと、

快適さ、記事を書く楽しさ、自分のサイトが思い通りに作れる嬉しさに

きっと感動すると思います。

 

実際、プロ顔負けの超綺麗で多機能なユーザビリティの良い

訪問者にとってものすごく親切な見やすいサイトが

誰でも簡単に作れてしまいます。

 

ですので、これから自分のブログやWebサイトの運営を始めるなら、

WordPress(ワードプレス)テーマは「SWELL(スウェル)」一択だと僕は思いますし、

「SWELL(スウェル)」の販売価格は他のテーマよりも高いと思われがちですが、

 

仮にLP専用テーマ「カラフル」8,760円を他のテーマとセットで購入した場合、

明らかの「SWELL(スウェル)」の方が安く済みます。

 

実際、僕が使っているテーマ「THE THOR(ザ・トール)」と

LP専用テーマ「カラフル」をセットにすると総額24,960円、

「AFFINGER6(アフィンがー6)」と「カラフル」をセットにすると総額23,560円。

 

「SWELL(スウェル)」ならそれが17,600円だけで済むわけですから、

高いと言うよりもむしろ、圧倒的にコスパが良いテーマです。

 

WordPress有料テーマ「SWELL(スウェル)」レビュー!

ワードプレステーマ「SWELL」がすごい!と感動した理由

 

僕がワードプレステーマ「SWELL(スウェル)」を実際に使ってみて

「すごい!」と感動した理由は以下の5つ。

 

それぞれ、使い心地から安心感、デザイン性から効率性まで全てまとめています。

※開発者である了さんのことも少しだけ書いています。

SWELLのおすすめポイント具体的な内容
◎ 使い心地(快適性)サイトの設定が感覚的にできる
ブロックエディタの操作にすぐに慣れる
◎ デザイン性デザインの幅が広い
◎ 安心感(安全性)テーマやエディタの変更が不要
アップデートが頻繁に行われている
◎ 作業の効率性プラグインの導入に悩まなくて済む
マニュアルサイトが親切丁寧
会員サイトやオンラインコミュニティがある
+α開発者の了さんが素敵!

 

ということで、お伝えしたい項目がかなり多いので、

駆け足でザッと解説していきます!

 

WPテーマ「SWELL(スウェル)」の使い心地がとにかく神!

WPテーマ「SWELL(スウェル)」を実際に使ってみて

僕がまずすごく良いと感じたのは、他のテーマにはない圧倒的な使い心地!

本当に操作が快適で半端なく使っていて楽しい!

 

それだけ手に入れる価値があると思い、僕は知り合い全員に勧めています。

それぐらい使いやすい。

 

しかも「SWELL(スウェル)」はテーマの設定が

ただ使いやすいというだけではなく

ブロックエディタとの相性が抜群に良すぎて驚きました。

 

そう、良いのではなく「良すぎる」のです。

 

そのおかげか、これまでクラシックエディタしか

使ってこなかった僕でも、わずか数時間触っただけで

操作方法が全て何となくでも理解できてしまうほど

 

「感覚的に使えてしまう!」のが、「SWELL(スウェル)」の凄さ。

それには正直、本当に驚き感動しました!

 

分かりやすく例えるなら、これまでWindowsパソコンしか使ってこなかった人が

Appleのパソコンに買い替えたのになぜかサクサク使えるという感覚です。

分かりにくい?(笑)

 

僕は今までいろんなWordPressの有料テーマを使ってきましたが、

正直なところ「SWELL(スウェル)」ほど

感覚的に操作できる楽しいテーマはありません。

 

もちろん、初めはマニュアルサイトも見ましたし

僕にはWordPressの使用経験が3年強あるので

ある程度は基本的な操作方法は理解できているのですが、

 

それでも衝撃だったのは、

  • ブロックエディタでの編集にしても
  • サイトデザインのカスタマイズにしても

 

必死にマニュアルサイトを確認しなくても

操作方法や設定箇所が非常に見やすくて分かりやすく

 

「多分、ここを触ればここが変わるな…」という感じで

ほとんど迷うことなく操作することができました。

 

実際に僕が唯一迷ったのは、ブロックエディタを使い

文章を書く際に段落ブロックを分ける

「改行方法」が分からなかったという点だけ(笑)

 

というのも、段落ブロックの改行だけはクラシックエディタとは異なり

「スペーサー」と言われるブロックを挿入しないと

段落ブロックを分けることができません。

 

正直、僕が分からなかったのはそれぐらいでした。

 

とは言え、それは「SWELL(スウェル)」の問題とは全く関係なく、

ブロックエディタ自体の問題」だったんですけどね。

 

もちろん、そうは言っても初めて使うテーマですから

「この設定どうするの?」と多少は迷う部分があったのも確かです。

 

ただ、それでもブロックエディタの操作方法もすごく簡単ですし

「SWELL(スウェル)」の設定自体が感覚的にできてしまうので、

本当にテーマの設定や操作に伴うストレスが少なく、

 

僕自身、不思議と作業するのが楽しくなり

他にももっと便利な使い方があるのでは?と気付けば、

「SWELL(スウェル)」の機能をうまく使いこなす方法を探しながらも

 

「サイトのレイアウトをこんな感じにしたい!」と、

いつの間にか夢中になっていました(笑)

 

実際「SWELL(スウェル)」を使うと、

操作や設定がそれぐらい初めてでも楽しいんですね。

 

しかも、クラシックエディタのようにビジュアルエディタと

テキストエディタを切り替えて使う必要もないので

 

視覚的にも分かりやすく、

記事のレイアウトが抜群に組みやすいため、

自然と記事のボリュームが増えていきます。

 

ですから、他の紹介者も書いていますが、

「SWELL(スウェル)」を使えば

確実に作業そのものが楽しくなり、

 

どんどん記事が書きたくなる!」そんな不思議な魅力のある

WordPressの有料「神テーマ」だと僕自身も感じています。

 

しかも僕の場合は、これまでずっと

「クラシックエディタでの環境」がメインだったため、

ブロックエディタでサクサクできる環境がかなり新鮮で

 

「ブロックエディタが予想外に使いやすい!」という衝撃もあり、

それにつられてテンションが上がってしまい、

「SWELL(スウェル)」を手に入れた日からハマってしまいました。

 

WPテーマ「SWELL(スウェル)」で作ったサイトはとにかく綺麗!

WordPressの有料テーマを使うメリットとしては、

誰もが簡単にプロ並みのオシャレなサイトを作ることができる

そんなことがどの紹介記事やテーマでも比較的よく書かれています。

 

しかも、僕が今使っているTHE THORには

デザインの着せ替え機能なるものがあり、

 

あらかじめ用意されたデータをインストールすれば、

ある程度、誰もが簡単に自分の好きなデザインに

仕上げることができるようになっています。

 

そして、「SWELL(スウェル)」も同様にデザインの着せ替え機能として

以下のデモサイトと同じデザインにできる着せ替えデータが

「SWELL(スウェル)」の購入者専用ページにばっちり用意されています。

 

SWELLデモ

 

ただ、そうは言っても多くのWordPress有料テーマは一歩設定を間違えると

ブログ全体のデザインが驚くほどにダサくなる可能性もあるのですが、

「SWELL(スウェル)」に限っては、開発者である「了」さんのセンスが良いのか

 

基本的なサイトデザインのベースがとても綺麗に整っているため、

例えどんな設定にしても、ある程度綺麗なサイトになってしまう

そんな魔法がかかったようなWordPressのテーマでもあります。

 

実際に僕が「THE THOR(ザ・トール)」を気に入っているのは、

他のテーマと比べても比較的綺麗なサイトに仕上げやすい

WordPressの有料テーマだからという理由でもあるのですが、

 

それでも「THE THOR(ザ・トール)」から

「SWELL(スウェル)」にテーマそのものを切り替えてしまうと、

「THE THOR(ザ・トール)」で組んだデザインがなぜかかすんで見えてしまうほど

 

「SWELL(スウェル)」で作ったサイトは

驚くほどサイトデザインがさらに一段階

グレードアップした感じになります。

 

つまり、分かりやすく言うと、「THE THOR(ザ・トール)」も確かに

綺麗なサイトにはできるのですが、どちらかと言うと…

 

THE THORは男性的でダイナミックな美しさ

逆に「SWELLの場合は、女性的で洗練された美しさ」を

兼ね備えたサイトデザインになるといったイメージです。

 

なので、僕なりに頑張って整えた

「THE THOR(ザ・トール)」のサイトでしたが

 

それでも「SWELL(スウェル)」に変えた後は

「今までの苦労は何?」と思えてしまうほどSWELLの

洗練されたデザインの美しさに魅了されてしまいました。
※僕は別の運営サイトをTHE THORからSWELLに全て変更しています。

 

そもそも僕はCSSによるカスタマイズが得意なので、

ある程度、どんなテーマでもデザインの変更は自由自在にできますし、

 

正直、テーマを変えたところでサイトデザインが

それほど大きく変わるとは全く予想もしてなかったのです。

 

ですが、いくら自分がCSSを触りデザイン性を高めたところで

テーマ自体のデザイン性にはやはり限界があるんだ」ということが、

今回、「SWELL(スウェル)」に触れたことで改めて分かりましたし、

 

やはり綺麗で美しいサイトを作るには、

「ベースありき」というのもすごくよく分かりました。

 

なので、デザイン性だけで言うなら、

  • SWELLのデザイン性
  • THE THORのデザイン性、
  • AFFINGER6のデザイン性

など、人それぞれの好みがあるので、

 

どのテーマのデザインが好きなのかは

あなた自身でご判断いただくしかありませんが、

 

ただ僕がプロのデザイナーとして言えることは、

「SWELL(スウェル)」ほど「今の時代性にマッチした」

デザイン性の高いテーマは他にはないと思います。

 

もちろん、多少は僕の好みも含みますが、それを抜きにしても、

今、一番スタイリッシュなテーマは

「SWELL(スウェル)」が群を抜いていると客観的に見ても断言できます。

 

本来は自分が使っているWordPressの有料テーマ

「THE THOR(ザ・トール)」をベタ褒めするべきだとは思うのですが、

流石にデザイン性に関しては正直、

 

僕は自分でTHE THORから「SWELL(スウェル)」に変えたことで

THE THORでは「SWELL(スウェル)」に到底かなわないと思っています。

※あくまでもこれは個人的な感想です。

 

なぜなら、実際に「SWELL(スウェル)」でブログデザインを組んでしまうと、

「THE THOR(ザ・トール)」で組んでいたデザインが一昔前のもののように

霞んで見えてしまうほど差があるように感じたからです。

 

特にこれからの時代は「女性性」が強くなるとの意見も

最近はよく耳にするようになってきておりますので、

どちらかと言うと

 

「THE THOR(ザ・トール)」のような男性的な雰囲気よりは

女性的な洗練された印象が強い「SWELL(スウェル)」を使った

サイトデザインの方がこれからは受けが良くなると思っています。

 

ただ、そうは言っても僕にはTHE THORにもすごく愛着があるので、

まだこのブログだけはそう簡単に他のテーマには譲りません(笑)

※そこはやっぱりこだわりたいです。

 

また、「SWELL(スウェル)」の用途はブログだけにとどまらず、

企業サイトや店舗サイトなど、通常のWebサイトとしても

全く遜色そんしょくのないデザインに仕上げることができるWordPressテーマです。

 

なので、「SWELL(スウェル)」さえ手にしておけば、この先、

「ブログから通常のWebサイトまで」

このWordPressテーマ1つで全て作ることが可能です。

 

さらに、「SWELL(スウェル)」を使えば、LPと言われる縦長の

ランディングページや商品を販売するためのセールスページを

 

LP専用のテーマと同じクオリティで」作ることもが可能です。

※実際にLPの制作もしましたが、LP専用テーマと遜色がないレベルで作れます。

 

つまり、「SWELL(スウェル)」さえ手にしてしまえば、

それこそWebサイトもブログもLPも

ネットビジネスにおける集客から販売までの部分が

 

全て「SWELL一つだで」作れてしまう!

「SWELL(スウェル)」はそんな非常に汎用性が高い、

コスパの良いテーマでもあります。

 

実際に僕は、LPを作るためにLP専用のテーマを買ったり、

サブドメインを取得したり、何かと面倒なサイト管理をしています。

 

ですが、1つで3役こなせるSWELLさえあれば、

わざわざそんな面倒なことをしなくても、

通常の記事を書くのと同じようにLPも作ることができますし

 

LPのドメインを改めて分ける必要もありませんので、

当然、その分だけ運営や管理も楽になります。

 

WPテーマ「SWELL」はアップデートにつれてどんどん快適になる!

続いて、WordPress有料テーマ「SWELL(スウェル)」を

手にすることでの安心感について。

 

最初にもお伝えさせて頂いた通り、「SWELL(スウェル)」を使えば

今後はWordpressテーマの変更や編集エディタの変更も不要になります。

 

そして、用途で言うなら、ブログ、企業サイト、LPまでまかなえる

それが「SWELL(スウェル)」の魅力でもあります。

 

さらに、安心感という意味では、「SWELL(スウェル)」はバグ解消も含め

テーマのアップデートが通常のWordPressテーマ以上に頻繁に行われています。

 

以下の画像を見ても分かる通り、

SWELLアップデート

2020年10月のアップデートだけでも

わずか1ヶ月のうちに3回も行われています。

 

そもそもそこまで頻繁にアップデートする有料テーマはありませんし、

大概そういう場合は、バグの解消ばかりです。

 

ですが、「SWELL(スウェル)」の場合はバグ解消のための

アップデートだけではありません。※もちろん、たまにはバグ解消もありますが。

 

実際に「SWELL(スウェル)」の公式サイトを

見ていただくとよく分かりますが、「SWELL(スウェル)」は毎月アップデートするのが、

まるで当たり前であるかのように

 

毎月2回、3回とアップデートされていきます。

 

なので、仮にテーマだったり、

大元のWordPressのアップデートによるバグが生じたとしても

すぐにアップデートで解消されますし、

 

しかも、テーマのアップデートに伴い、

「SWELL(スウェル)」の使い心地はさらにどんどんアップしていきます。

 

いずれにしてもアップデートが多いテーマというのは

それだけ開発者が購入者のことを考え、真剣に商品を

より良いものにしようという気持ちの表れでもありますし、

 

そこまでアップデートに尽くしてくれる開発者だからこそ

僕は良いテーマだと「確実に信用できる」と思っています。

 

そもそも、売りっぱなしで終わりとか、それこそ無責任の極みですからね。

そんなWordPressテーマなら絶対に買わない方がマシです。

 

ですから、WordPressのテーマ選びをする際には、

どれだけ開発者が購入者のことを大切に考えているか?

そういう視点で選ぶのも非常に重要だと思います。

 

あなたなら何を基準にWordPressのテーマ選びの参考にしますか?

 

WPテーマ「SWELL」を使えば作業や操作で悩むことがかなり減る!

それでは作業の効率性について。

 

僕はこのブログでも散々お伝えしておりますが、

基本的に WordPress有料テーマのマニュアルサイトは

「不親切の極み」という有料テーマが非常多いのが実情です。

 

その理由は簡単で、すでに操作が完璧に分かるスタッフたちが

分かっているの前提でマニュアルサイトを

作ってしまっているからです。

 

つまり、そうして作ったマニュアルサイトを

右も左も分からない初心者に見せて本当に理解できるのかを

検証するところまで徹底しているWordPressの有料テーマは

 

ほぼ皆無だと思っておいてください。

 

特に僕が今使っている「THE THOR(ザ・トール)」はまさにその典型で…、

だからこそ、僕はTHE THORのマニュアルを自分で作り、

購入者の方に「購入者特典」としてプレゼントしています。

 

ですが、「SWELL(スウェル)」の場合は、

公式サイトのマニュアルが比較的他の有料テーマに比べて

親切かつ丁寧に作られており、分かりやすく、

 

しかも、視覚的に分かりやすいよう、

動画のアップもされています。※解説動画ではありませんが…。

 

また、WordPressを使うと

テーマそのものの設定に苦労することもあるのですが、

 

それ以外にも一番頭を悩ませるのは、サイトの表示速度にも影響する

拡張機能の「プラグイン」です。

 

ですが、「SWELL(スウェル)」に関して言うなら、

最低限サイト運営に必要な推奨プラグインを開発者である「了」さん自らが

「これは必要!」「これは不要!」と全て解説してくれています。

 

なので、「SWELL(スウェル)」の購入後は

「プラグインをどうしようか?」と自分で悩む

煩わしい時間は一切必要ありません。

 

そもそもプラグインは膨大すぎて選べませんし、場合によっては

自分が購入したWordPressのテーマと相性がすごく悪いプラグインもあるので、

オチオチ気軽に導入することができません。

 

だからこそWordPressテーマの開発者自らが「これだけでOK!」と

断言してくれると購入者としてはプラグインも選びやすいし心強い。

 

そのおかげでプラグインの導入に関しては一切迷うことなく

僕もすぐに反映することができました。

しかも、テーマ開発者のお墨付きだから超安心!※実はこれ、かなり大きいです。

 

また、「SWELL(スウェル)」には

SWELL購入者専用の会員サイトやフォーラムがあり

SWELL専用フォーラム

 

フォーラム内は流石にお見せすることができませんが、

専用フォーラム内に質問をアップすると、

 

開発者の「了」さんが自ら回答をしてくれるという、

とんでもなく親切なサービスが展開されています。

 

僕も実際に、購入者から頂いた質問に回答しながら

「THE THOR(ザ・トール)」のマニュアルをブラッシュアップしているのですが、

「SWELL(スウェル)」の場合も同様に、開発者である「了」さんが、

 

SWELLの購入者と直接コミュニケーションを取ることで

WordPressテーマのアップデートやバグ解消に

いち早く対応できる環境を自ら作られています。

 

だからこそ、「また?」と思ってしまえるぐらい(笑)

WordPressテーマのアップデートは頻繁に行うことができてますし、

 

開発者の方がそういう姿勢でいてくれるからこそ

「SWELL(スウェル)」は手に入れた後も

安心して使うことができるのです。

 

また、それ以外にも「SWELL専用のオンラインコミュニティ」があり、

2020年11月現在、メンバー数は1,327人の登録があります。

 

そして、ここでも了さんが

「SWELL(スウェル)」のアップデート情報を伝えてくれたり、

 

自分の疑問をぶつけると同じSWELLユーザーが答えてくれたりと

会員サイトのフォーラムとはまた違った交流ができる環境までもが整っています。

 

こうしてWordPressテーマ「SWELL(スウェル)」には

会員サイトのフォーラムとオンラインコミュニティの2つのサポート体制があるので、

 

そんな場がきちんと用意されている「SWELL(スウェル)」なら

これから初めてWordPressを触るあなたには特に心強いと思います。

 

 

WPテーマ「SWELL(スウェル)」の開発者「了」さんが素敵!

最初にもお伝えさせていただきましたが、

やはり、「SWELL(スウェル)」の魅力は何と言っても

開発者である「了さんの魅力」です。

 

僕は実際に「了」さんのTwitterアカウントをフォローし

いつも気にかけているのですが、

 

この人、マジでWordPressのことしか頭にないな」と思えるほど

テーマにかける思いや情熱がすごいと改めて感じています。

 

俗に言う良い意味での「変態!」(笑)

僕はそういう人が大好きです!

 

だからこそ、アップデートしかり、サポートしかり

きちんと購入者ユーザーの意見や気持ちを吸い上げ

それをWordPressテーマのアップデートに活かしてるからこそ

 

SWELLはマジで神テーマ!」そんなことを

発信してくれるユーザーが続出しているのだと思います。

 

逆に言うと、そんなこと

決して偶然言われるようなことではありませんし、

 

ましてや誰かに言わそうとしても

そう簡単に言ってもらえるようなことでもないわけです。

 

しかも、僕はただ「了」さんを見ているだけで

ビジネスの本質まで分かりますし、彼は確実にファンの心を掴める方だと

「了」さんを見ていていつもすごく勉強になりますので、

 

そういう意味では、ただ「SWELL(スウェル)」の機能だけではなく

WordPressテーマの開発者のことを知るのも

非常に重要なことだと最近はつくづく実感しています。

 

僕は、たまたまTwitterで

「SWELL(スウェル)」のことを見かけて知ったのですが、

今ではもう完全に「SWELLと了さん」の虜です(笑)

 

WPテーマ「SWELL(スウェル)」唯一のデメリット

ワードプレステーマ「SWELL」唯一のデメリット

 

最後に念のため、

「SWELL(スウェル)」のデメリットだけお伝えさせていただきます。

 

とは言え、「SWELL(スウェル)」のデメリットは正直、

以下の2点しか思いつきません。

  • 「SWELL(スウェル)」を使ったらクラシックエディタには戻れない
  • 「SWELL(スウェル)」の値段は他のテーマより高い(税込17,600円)

 

僕はまだメインテーマが「THE THOR(ザ・トール)」なので、

今もクラシックエディタで編集をしておりますが、

 

正直に言うと、「SWELL(スウェル)」ほど使い心地が良いなら

本来はブロックエディタで編集したいぐらいです。

 

ただ、いずれにしても、クラシックエディタが

いつまで使えるのか分からない曖昧な状態で気持ち悪いので、

 

ブロックエディタで編集しやすいWordPressの有料テーマに

切り替えておく方が、安心できると思っています。

 

僕はただ、切り替えのタイミングを冷静に見ながら、

せっかくブロックエディタに変更するなら、

今後、長く使いたいと思えるテーマに移行したいと

 

「SWELL(スウェル)」以外の

ブロックエディタ完全対応のテーマが他に出るのも

念のため待っているという状態です。

 

もちろん、現時点では

「SWELL(スウェル)」が最高峰の有料テーマと思ってますが、

 

それでもこれから販売される他のテーマと比べてどうなのか?

というのはもう少しだけ様子を見たいところではあります。

 

なぜなら僕の場合はWordpressテーマの移行という高いハードルに

なりますので「確実にこれが良い!」という確信が持てるまでは、

やはり、慎重にならざるを得ないからです。

 

逆に、今からブログを始めるというなら

僕は一切迷うことなく確実に「SWELL(スウェル)」を使います。

 

なので、もしも他のテーマと比べてみて

「やっぱりSWELLがいい!」と確信が持てれば、

僕は何のためらいもなくこのブログを「SWELL(スウェル)」に変更する予定ですし、

 

逆に今使っている「THE THOR(ザ・トール)」も

ブロックエディタ完全対応になってそれこそサクサク使えるのなら、

僕はこのままTHE THORでの運営を継続すると思います。

 

正直、その辺はまだ何とも言えないというのが、

僕の素直な気持ちでもあります。

実際、テーマの移行が想像以上に大変なので二の足を踏んでいます。

 

だからある意味、これからブログを立ち上げようか検討されているあなたが

僕はすごく羨ましいです(笑)

 

だって、ためらうことなくすぐに「SWELL(スウェル)」から

使い始めることもできますからね。

 

また、今回「SWELL(スウェル)」のデメリットとして挙げた2点目、

他のWordPress有料テーマよりも「お値段が若干高い!」というのは、

実際、SWELLの販売価格が17,600円(税込)なので、

 

15,000円平均のWordPress有料テーマに比べるとやはり

少し高く感じられるとは思います。

 

但し、先にもお伝えした通り「SWELL(スウェル)」があれば、

LP専用のテーマは不要ですので、

LP専用テーマも同時に手に入ると考えれば、むしろ安いです。

 

また、僕が1つ言えることは…

僕が今使っている「THE THOR(ザ・トール)」というこのテーマ。

 

実際にすごく良いWordPressテーマということもあって

僕はおすすめしているのですが、

本当に良いWordPressテーマは必ず売れます!

 

というのも、すでに僕は「THE THOR(ザ・トール)」を

ここ1年半で 450本以上売った販売実績を持っています。

↓実際、このサイトから459本売れています。

 

つまり、本当に良いテーマであれば、同じテーマを使いたいと思う人が

遅かれ早かれ増えてくるので必ず売れます。

 

なので極端な話、「SWELL(スウェル)」を購入し、きちんとサイトを構築し

ブログの運営さえ続けていれば、いずれは自分のサイトから

「SWELL(スウェル)」が売れるようになってきますし、

 

さらに「SWELL(スウェル)」の紹介記事を書いていれば、

よりSWELLが売れやすくなり、

確実に収益化まで持って行けるようになってきます。

 

逆に言うと、どれだけ自分が良いテーマだと思っていても

時代性に合わなかったり、ユーザーの用途に合いにくいテーマは

そう簡単には売れません。

 

事実、同じように紹介し、公式サイトまで飛んでもらっても

ほとんど売れないWordPressのテーマもあります。

 

その点、「SWELL(スウェル)」はこれからの時代にマッチした

しかも多くの人に「神テーマ」と言われるほどに、

「SWELL最高!」というユーザーが続出しておりますので、

 

あなた自身で使うのはもちろんのこと、

あなたの友人や知り合い、ネットユーザーにも今後

非常におすすめしやすいWordpressテーマであるのは間違いありません。

 

ということで、駆け足にはなりましたが、

僕が実際に「SWELL(スウェル)」を購入してみて素直に感じたことを

まとめさせていただきましたので、ぜひ一度、公式サイトをのぞいてみて

 

「SWELLマジで良さそう!やばい!」と思ったら、

あなたの未来に投資するつもりで、だまされたと思って

ぜひ「SWELL(スウェル)」を選んでください。

 

もちろん、僕は騙す気なんてさらさらありませんけど…

 

とにかくこんな僕の思いが、あなたにも届くと良いなと思います。

あ、僕の知り合い、今、全員「SWELL(スウェル)」を使ってます(笑)

それぐらい「SWELL(スウェル)」はおすすめです。

 

WPテーマ「SWELL(スウェル)」レビューまとめ

ワードプレステーマ「SWELL」が神テーマと言われる理由まとめ

 

今回はWordPressの編集エディタ「ブロックエディタ」の

Gutenberg(グーテンベルク)に完全対応した「神テーマ」

「SWELL(スウェル)」についてご紹介させていただきました。

 

改めておさらいさせていただきますと、

「SWELL(スウェル)」には以下、5つの魅力があります。

SWELLのおすすめポイント具体的な内容
◎ 使い心地(快適性)サイトの設定が感覚的にできる
ブロックエディタの操作にすぐに慣れる
◎ デザイン性デザインの幅が広い
◎ 安心感(安全性)テーマやエディタの変更が不要
アップデートが頻繁に行われている
◎ 作業の効率性プラグインの導入に悩まなくて済む
マニュアルサイトが親切丁寧
会員サイトやオンラインコミュニティがある
+α開発者の了さんが素敵!

 

とは言え、こればかりは「百聞は一見に如かず!」ということで、

いくら僕が全力で「おすすめ!」とあなたに伝えたところで

 

あなたご自身で触って頂かなければ、「SWELL(スウェル)」の快適性や

デザイン性の高さはなかなか理解していただくことができないと思います。

 

ただ今回は、本当に「THE THOR(ザ・トール)最高!」と信じて止まなかった僕が

それこそ「SWELLには勝てんな〜!」と嫉妬してしまうほどの

WordPressテーマに出合ってしまったと思っています。

 

しかも「SWELL(スウェル)」はすでにこれから先、

100%デフォルトスタンダードとなるブロックエディタに

完全対応しているテーマですから、正直、悔しいですが、

 

そういう意味では「SWELLに敵うテーマはまだない!」と

僕はそう考えています。※あくまでも2021年10月の時点ですが

 

ただ僕は「THE THOR(ザ・トール)」にもすごく愛着があるので、

このサイトは変更せず、別のサイトを「SWELL(スウェル)」に切り替えてますが、

もしもまだブログを始めたばかりの状態でSWELLを知ったら

 

確実に速攻変えています(笑)

 

いずれにしてもWordPress有料テーマ「SWELL(スウェル)」が

今の時代生にマッチした完全無敵なテーマ」であるのは

間違いありませんし、

 

THE THOR(ザ・トール)にお熱な僕が実際「SWELL(スウェル)」に

嫉妬してしまったぐらいのテーマですので、

さすがにそんなに良いWordPressテーマをすすめない理由はないと思い

 

「本当のおすすめはTHE THORかSWELLのどっちやねん?」と

思われるのを覚悟の上で今回、紹介記事としてまとめました。

 

なぜなら、最初にもお伝えさせていただきましたが、

いずれにしてもクラシックエディタが使えなくなる可能性を考えると

ブロックエディタ対応のテーマに早い段階で変えておく方が

 

確実に「安心・安全」ですし

 

ましてやこれからブログを始めるあなたは

今からクラシックエディタ対応のテーマで使い慣れたところで

余命はそれほどないからです。※まだ実際はどうなるか不確定ですが。

 

ですから、これからブログを始めるなら、正直、

確実にブロックエディタ完全対応の「SWELL(スウェル)」がおすすめですし、

 

僕なら誰よりも早くそうしたテーマを使いながら、

これから覚えようとする人のためにとにかく使い方を覚え

いち早く役立てる人になりたいなとは思います。

 

なので、僕も自分のテストサイトや会員サイトは

すでに「SWELL(スウェル)」に切り替えていろいろと

カスタマイズ方法も含め検証を進めてますし、

 

あとはこのメインブログをいつどのテーマに切り替えるか?

 

それとも、このままTHE THOR(ザ・トール)で突き進むのか

今後、販売者がどう対応してくるのかを静観しながら

行く末を見守っていきます。

 

ということで長々とまとめさせていただきましたが、

もしもこれからあなたがブログを始めるなら、

 

とにかく操作が快適でどんどん記事が書きたくなってしまう

魔法のかかったテーマ「SWELL(スウェル)」で始められることを

僕は全力でおすすめします!

 

最後に一言だけ。

現時点で僕が最高峰だと感じ、多くのユーザーが

WordPress「神テーマ」と絶賛している「SWELL(スウェル)」を

 

あなたが手に入れて後悔することは100%ありません!

実際「使ってみて文句があるならかかってこいや〜!」と強気になれるぐらい(笑)

超おすすめのWordPress有料テーマです。

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございました!

「SWELLの公式サイト」はこちらから飛ぶことができます!

 

>「個人ビジネスのためのデザイン」無料メール講座

「個人ビジネスのためのデザイン」無料メール講座

● 世間からの反応がガラリと変わるデザインの定義とは?
● 自分が狙ったターゲットを確実に集める方法
● 8割の人が勘違いしているデザインに対する思い込みとは?
● 「売れるデザイン」の考え方と作り方
● 今日からすぐデザインが変わる!プロ目線の見方と考え方
当無料メール講座にご登録いただくと、集客や売り上げアップに繋がるデザインの見方や考え方が分かります。デザインをビジネスに活かしたい方、デザインで悩まれている方におすすめです。

CTR IMG