プロフィール

プロフィール

 

初めまして!

 

デザインコンサルタントの「ここあ」と申します。

 

僕は現在、インターネットを使いビジネスをして、

収入を得ながら妻と2人で仲良くのんびりと過ごしています。

 

そんな僕はこれまで20数年間、グラフィックデザイナーとして

デザインの制作プロダクションに勤務し、

 

大手広告代理店の下請けや、大手印刷会社の下請け、

直クライアントと様々なお客様から仕事をいただき

  • 会社案内、パンフレット、カタログ、リーフレット
  • 新聞や雑誌広告、電車の中吊り広告
  • 駅看板や店頭POP、バナー、タペストリー、ポスター
  • 商品パッケージ、書籍、本の装丁
  • 折り込みチラシ、イベントチラシ
  • 会社ロゴ、商品ロゴ
  • 名刺、封筒、クリアファイル
  • レストランのメニュー、ショップカードなど

 

デザイナー → アートディレクター →クリエイティブディレクターとして

ありとあらゆる業種や媒体のデザインをしてきました。

 

そして、2017年に独立し、個人事業主となった今の生活は、

主に、知り合いから頼まれたWebデザインの仕事を手伝ったり、

 

ブログ運営による収益化やブログデザインを教える

デザインコンサルタントをしています。

 

ですからデザインに関しては、ここ最近、

自分がするのではなく人に教える機会も増えてきているので、

 

どうすればより多くの人に実践的なデザイン方法を教えられるか

日々研究することも始めています。

 

また、僕は現状に満足することなく

様々なビジネスコミュニティにも参加し、

そこで知り合った多くの仲間たちや成功者から

 

ビジネスや日々の生活に活かせるたくさんの「知恵や知識」を学んだり

コミュニティのイベントに参加するため地方に足を運んだりと、

 

サラリーマンをしていた時には味わえなかった

充実した毎日」を過ごしています。

 

親から「センスがない」と言われ続けた学生時代

ただそこだけを切り取ると、僕の人生がかなり順調で

いかにも成功者」という印象をあなたは受けるかもしれません。

 

しかし、僕はデザインの才能どころか

美的センスのカケラもない「ただの凡人」でした。

 

学生時代はそこそこ勉強もスポーツもできましたが、

一通りのことが無難にできる、いわゆる普通の人。

 

中学、高校と成績はいつも中の上。

 

「可もなく不可もなく」という何の取り柄も、

特徴もないただの人でした。

 

こんな僕には兄がいるのですが、

僕の兄はとにかく芸術のセンスに長けていて

僕と比べると「天と地」ほどの差がありました。

 

だから、学生時代の僕は勉強こそそれなりにできたものの

僕には兄のように突出した才能がなく、

僕はいつも兄の才能をすごく羨ましく思っていました。

 

実際、両親にも「お前には美的センスが全くない!」と

言われ続けて育ちました。

 

だから、自分には芸術やデザインの才能もないし、

 

デザイナーというのは、兄のように

「生まれつき才能がある人がなるもんだ!」と

僕は勝手に思っていました。

 

就職難で人生初めての挫折

勉強がそれなりにでき、常に成績が中の上だった僕は

県の受験制度のおかげで高校は公立高校でしたが、

受験勉強は一切せずに合格。

 

高校時代にはTVゲームに明け暮れ、

将来、何の役に立つのかもさっぱり分からない

義務教育の勉強が大嫌いだった僕は

 

学校の勉強とたまに通ってた数学と英語の塾で、

得意科目だけを強化し、大学も一切受験勉強を行わず、

かろうじて滑り止めの大学に合格。

 

学生時代は特にやりたいこともなく、大学に進んでおけば、

とりあえず就職もできるだろうと楽観的に考えて進学しました。

 

ところが、僕の大学在籍中に世の中はなんと「バブル崩壊!

 

「就職氷河期」という最悪の非常事態がいたずらにも

僕が就活をするというタイミングで起こったのです。

 

もちろんバブル崩壊直後に直面した

就職氷河期一期生」の僕にはまだ、

インターネット環境もなかったですし

 

就職試験や面接対策などの攻略本もありませんでした。

 

なので、僕はそんな就職氷河期をどうすれば乗り越えられるのか?

全く見当がつかず、全然就活が上手く行かず焦るばかり。

 

当時、2つ上の先輩はバブル崩壊前で

安定的に内定が3社も4社ももらえていたのに

僕は50社近く面接に行っても、1社からも内定がもらえず

 

「あと2年早く生まれていれば、こんなことにはならなかったのに!」と

自分が生まれた年を悔やみ(笑)

※今考えると他人任せのかなり愚かな考え^^;

 

それまでは何となく人生が上手くいっていた僕でしたが

就職氷河期によって「就職できない!」という事態に直面し、

僕は人生において初めての「挫折」を経験しました。

 

挫折を味わい始めて自分と向き合った貴重な一年

僕は忘れられた世代とも言われる

最初の就職氷河期を経験した「団塊世代」ですが、

今ではそんな時代に生まれたことに感謝しています。

 

というのも、そんな事態を学生時代に経験したことで、

それまで可もなく不可もなく無難に生きてきた僕でしたが

 

自分の人生を真剣に考えるきっかけを

大学の卒業後にもらうことができたからです。

 

僕は結局、大学を卒業後、就職することができず就職浪人し

アルバイト生活を続けながら、自分の人生について考えました。

大学受験ですら浪人しなかっただけに流石にショックでした(笑)

 

そしてその時、僕は気付いたのです。

 

例えどんな時代になっても

自分の力で生き抜く力を手に入れないとダメだ!」と。

 

実際、バブル崩壊直後というのは、

業績が悪化した企業は会社の存続を守るため

会社に貢献できていない社員はどんどんリストラされていました。

 

僕はそんなニュースを毎日のようにTVで見て悟ったのです。

「手に職さえつけておけば、例えどんな時代でも生き残れる!」と。

 

そして僕はすでに広告業界でプロのデザイナーとして

活躍している兄に相談をしてみました。

 

兄のように才能はなくてもプロのデザイナーになれるのか?」と。

 

僕を決断させた兄の一言

兄は僕にこう言いました。

 

「確かにお前にはデザインセンスのかけらもない!」(笑)

でも「デザインにセンスや才能は関係ない。」

必要なのは努力だけだ!」と。

 

それを聞いて僕は正直、すごく驚きました。

 

なぜなら、「デザイン = 才能」だと思っていた僕は

生まれつき才能がある人しかデザイナーにはなれないと

勝手に思い込んでいたからです。

 

続けて兄は言いました。

「だからお前も努力さえすれば、今からでも余裕でデザイナーになれる!」

 

目からウロコでした。

 

僕はそれを兄から聞き、いてもたってもいられなくなり

すぐさまデザイン専門学校の体験入学に申し込み、

  • 実際に学校ではどんなことが学べるのか?
  • 卒業後はどんな進路に進めるのか?

 

根掘り葉掘り学校の先生に聞いて周り、

僕は23歳になって人生で初めて

自分が「本気でやりたい!」と思えることを見つけたのです(遅っw)

 

それからというもの、

僕は体験入学をしたデザイン専門学校に入学し、

2年間必死になってデザインの勉強をしました。

 

デザインの専門学校で感じたのは、

大学の頃には全く得られなかった充実感!

 

同じ目標を持った仲間との出会いと

そんな仲間たちと一緒に学ぶ楽しさ。

 

当時は同級生と5つほど年の差があったのですが、

みんな仲良くしてくれて、男女関係なくワイワイ楽しく過ごしました。

 

こんなに楽しい学生生活は今までの人生で味わったことがない!

そう感じるほど、本当に充実した2年でした。

 

さらに驚いたことに、大学の時は50社近く受けても内定がもらえず

就職することができなかったのですが

 

デザインを学び始めてからは、僕の本気度が伝わったのか

就職が決まったのは僕が学年で一番早く、

しかも面接を受けたのは1社だけ(驚)

 

2年生の夏休み明けには就職先を決めることができていました。

 

まさか自分が?デザイナーあるあるで再び人生のどん底に

専門学校卒業後、

僕は晴れてプロのデザイナーになることができたのですが

 

正直、デザインの現場は自分が想像していた以上に過酷でした。

 

いわゆる巷で言うところの「社畜生活」が

専門学校を卒業してから約20数年続くことになったのです。

 

毎日朝9時に出社して、終電まで帰れないのが当たり前。

金曜日の夕方にはクライアントから

月曜の朝一に修正案ちょうだい!」の電話(泣)

 

つまり、休日出勤確定。もちろん、代休なんてありません。

それが日常茶飯事。さらに徹夜も当たり前。

20代の頃は2日に1回徹夜なんてことも当たり前のようにしていました。

 

とは言え、僕は25歳でデザイナーデビューをしたおかげで

同い年の先輩と5年ほど実務経験の開きがあり、

あまりにもその差が大きすぎることに愕然としていました。

 

実際、社内コンペをしても

僕はクライアントに提出できるレベルのデザインができず、

常に先輩との勝負に負け続ける100戦100敗のデザイナー(泣)

 

だからこそ、技術職として5年のブランクを1日でも早く埋めたい!

 

僕はそんな一心で徹夜することもいとわず

ただプロとしての技術を磨くことだけに徹しました。

 

さらに、僕は経験をたくさん積みたいという理由で

3年サイクルで会社を転職。

 

当時は若かったこともあり、転職時に希望給与を言えば

希望通りの給与で採用される。

 

「転職は自分の収入を増やすために行うもの!」

そう思えるほど、給料は転職する度どんどん上昇していきました。

 

そんなこともあり20代〜30代前半の頃は

努力さえしていればどんどん給料が上がるんだ!」と思い込み

 

とにかく給料を上げるため

寝る間も惜しんで必死になって仕事をしました。

 

ところが、そんな僕に再び不幸が訪れました。

 

仕事一筋の僕でもふとしたきっかけで彼女ができ

無事に結婚することができたのですが…

 

妻を幸せにするため、さらに頑張ろうと土日も休むことなく、

僕が仕事を最優先にしてしまったがために妻は僕に不信感を感じ、

ある日突然、家を出て行ってしまったのです。

 

しかも、僕が「浮気してる!」と勘違いして…(謎)

 

結局、僕は誤解した彼女を連れ戻すことができずそのまま離婚。

 

その時になって僕は初めて

何のために必死になって仕事をしてきたんだ?」と

改めて自分の矛盾に気が付きました。

 

妻を幸せにするため一生懸命働いていたのに、

まさか自分が浮気していると勘違いされ

何も言われず出て行かれるなんて…

 

僕は離婚後、仕事から帰るなり、

「どうしてそんなことになってしまったのか?」

 

灯もつけず暗い部屋でポツンと一人寂しく

ずっと後悔しながら泣き続けていました。

 

そんな離婚当時は周りからも気休めのためか

デザイナーあるあるだよ!」とよく言われ(笑)

 

会社の上司や、クライアントさんには毎晩呑みに連れ回され

慰めていただいたことは、今では本当に忘れられない良き思い出。

 

なので、妻には出て行かれましたが、

クライアントには信頼され愛されていると分かって良かったですw

 

デザイナーの寿命

離婚後、僕は気持ち新たに仕事を頑張りつつ、

知り合いの紹介で出会った彼女と10年の交際期間を経て無事再婚。

 

初婚のトラウマがあったため、

彼女との結婚を遅らせてしまったことを後悔しつつ、

 

僕と再婚してくれた妻を「今度こそ幸せにする!」と誓い

再び毎日仕事に明け暮れていました。

 

とは言え、デザイナーというのは第一線のプレイヤーとして

定年までとても働けるような職種なんかではありません。

 

実際、現場を見渡して見ても、現役プレイヤーは30代がメイン。

 

僕は「俺の将来どうなるの?」と年齢を重ねるにつれ

どんどん不安だけが大きくなっていきました。

 

さらに、僕の妻は海外旅行が大好きで、

付き合い始めてからは毎年海外に行くようになり

 

僕は彼女のおかげでいろんな国を見て回るうちに

自分の視野の狭さを実感し、どうして日本の一企業の中で

限られたクライアントのためだけに、肩身の狭い思いまでして

 

しかも、自分がやりたかった仕事を

嫌々し続けなければならないのか?

 

いつの間にかそんな葛藤を抱えるようになっていました。

 

努力をすればするほど不幸になった40代

僕は30代になってからも相変わらずいろんな経験を積むため

転職活動を繰り返していたのですが、

 

30代半ば頃から転職をするたびに年齢のためか不景気のためか、

だんだんと給料が下がっていき、勤務先の社長にはデザイン力や

マネジメント力など仕事の能力は認められるものの、

 

収入と仕事量や責任のバランスが相反するようになり、

どんどん仕事へのモチベーションが落ちていきました。

 

なので、僕はそんな状況に嫌気がさし

「こんな理不尽な仕事はもう嫌だ!」

「何でこんな安月給で働かないといけないんだ!」

 

「俺にだってプライドはある!会社を辞めたい!」

「辞めてやる!」

 

でもやっぱり辞められない…

そんな葛藤を繰り返す日々を過ごしていました。

 

なぜならいくら頭の中でそう考えても、実際には…

 

会社を辞めて自分の力だけで何ができる?

会社で働くこと以外に収入を得る方法なんてあるの?

そもそもデザイン以外の知識やスキルは何もない!

 

そんなことが次々と頭に浮かび、僕は嫌々ながらも結局は

会社で悶々と過ごす日々を送るしかなかったのです。

 

また、それ以外にも

僕には会社を辞められない理由がありました。

 

ただ、自分にはもう時間がない。そんな焦りだけが募っていました。

 

早く「新たな居場所」をしっかりと確立しておかないと

会社に放り出されたら完全に終わりだ!次はない!

 

その焦りだけを常に感じながら日々生活をするのは

本当にすごく苦しかったです。

 

その理由というのが、

僕はデザイン業界で3年サイクルのペースで

転職活動を繰り返していたこともあり「自分の市場価値」や

 

年齢が上がるたびに再就職が厳しくなる」という現実を

体感的に身をもって知っていたからです。

 

なので、流石の僕も40歳を迎えてからは

「なんとかなるっしょ!」と楽観的でいることだけはできませんでした。

 

「会社にクビを切られたら一貫の終わり!」

いつの間にか僕はそんな恐怖に苦しめられるようになったのです。

※念のためお伝えしておきますが、まだ40代ですよ(笑)

 

僕の人生を変えたたった1つの出来事

そんな僕に転機が訪れたのは2017年の夏。

 

簡単に言うと僕は「とある病気」にかかり、体調を崩したことが、

僕にとっては人生最大の転機となりました。

 

実際、いろんなブログのプロフィールを見ていると

「うつ病」経験のある人が非常に多く見られますが

僕はその手の病気ではありません。

 

至ってメンタルは健康です(笑)

もちろん、いろんな意味でメンタルはヤバかったですけどね。

 

というのも、デザイナーというのは基本的に

寝る間も惜しんで制作をする肉体労働とも言える仕事で、

肉体的にもかなりキツイのですが、

 

さらにそれに加えて会社だの、クライアントだの

仕事へのプレッシャーが積み重なると徐々にメンタルがやられてしまい

常人では耐え切れなくなってしまうからです。

 

ただ僕の場合は楽観的な性格で

「メンタルは常人よりも強い」と勝手に思い込んでいたのですが…

 

実際にふたを開けてみると実はそうでもなかったみたい。

 

そんなこんなで結局、仕事が原因で体を壊し、会社を辞めた僕は

簡単には再就職が不可能な年齢となっていたわけなんですが、

会社を辞めた時点ですでにそれが分かっていました。

 

それどころか、

そもそも理不尽な仕事、安月給、帰れない毎日、

休日出勤など肉体的、精神的疲労がピークに達し、

 

会社を辞めた時点でもう二度と

理不尽な会社組織や社畜生活には戻りたくない!

僕は素直にそう思うようになっていました。

 

だから、僕は会社を辞めてからというもの

どうすればこれまで自分が培ったスキルを生かし

世の中に貢献できるか?

 

その方法を自分なりに模索しようと考えました。

 

そこで僕は、グラフィックデザイナーとして

印刷媒体のほとんどがデザインできるようになってましたが

これから先のことを考えると

 

やはり、「印刷ではなくWeb制作の知識が必須だ!」と考え、

 

母校のデザイン専門学校に再び通って、

Web制作の知識を身につけることにしたのです。

 

その時、偶然出会ったのが、僕が今している

「インターネットビジネス」と言われる世界。

 

インターネットビジネスというのは

インターネット上で見込み客を集めて、

 

購入者に自分のスキルや知識を提供しながら

世の中に広く貢献していくというビジネスモデル。

 

簡単に言うと、

インターネットで集客してリアルな仕事に繋げたり、

自分の知識やスキルをコンテンツとして価値提供するといった感じです。

 

僕は「これなら営業経験のない自分にもできるかもしれない!」と思い

Web制作の勉強を続けながら「自分にはもうこれしかない!」と

背水の陣でネットビジネスを始めることにしたのです。

 

僕を変えた新たなる出会い

僕は専門学校に通いながら再び同じ夢を追い求める仲間と出会い

充実した日々を過ごしていました。

 

しかし、その一方で、ネットビジネスの準備を進めていたのですが

人知れず実践するのは並大抵のことではなく

やはり始めたばかりの頃は僕の予想通り全然上手くいきませんでした。

 

そこで、僕はそんな状況から抜け出すために

様々な「有料コンテンツ」を購入し、勉強を続け、

いろいろな知識を手に入れたのですが、

 

それでも結局は

  • 何が正しいやり方なのか?
  • ビジネスの本質とは何か?

 

自分では何も判断することができず、

思い切って先生(コンサルタント)をつける道を選びました。

 

実際に先生をつけてからは

何が正しいやり方で何をすればいいのかが分かり始め、

さらにはその先生を通じてどんどん仲間の輪が広がり、

 

いつの間にか人知れず進めていたネットビジネスが

気付けばリアルな仲間もたくさん増え(笑)

 

今ではインターネットを活用してビジネスしたいという仲間と

同じ目標や夢を持って楽しく過ごせるようになりました。

 

なので、今は本当に専門学校に通っていた時と同じように

同じ夢や目標に向かって共に切磋琢磨できる仲間もいて

ワクワク感が止まらない楽しい毎日を過ごしています。

 

もちろん、それ以外にも会社をやめてから

  • ストレスがなくなり肉体的にも精神的にも健康を取り戻したこと
  • 自分の毎日を自分で決められる生活が手に入ったこと
  • どれだけ頑張って会社で仕事をしても一向に増えなかった収入が
    ネットを通じてあっという間に増えていったことなど

 

生活面、収入面、健康面、

その全てにおいて僕の人生が病気をきっかけに一変し、

 

ネットビジネスという新たなフィールドで活動しようと

果敢にチャレンジしたことが僕にとっては驚くほどプラスに作用し

 

今となってはこれまでの生活とは180度違う

  • 朝は目覚ましもかけず、起きたい時間に起きる!
  • 朝ごはんを食べながら、毎日やりたいことをその日に決める!
  • 平日の昼間からショッピングや映画を堪能!
  • お気に入りのカフェが自分の仕事場!
  • 勉強を兼ねて地方の仲間とグルメツアー!
  • 海外旅行も好きな時に格安プランで自由に組める!

 

会社勤めしていた頃の「猛烈ハードモード」な生活から、

充実したスローライフ」を手にすることができたのです。

 

とは言え、ただ自分だけが幸せになっても

周りのみんなが幸せにならなければ、当然僕は全然楽しくありません。

 

ですから、僕は一人でも多くの人に、自分と同じように

行動すればいくらでも人生を変えられる!」と伝えながら

 

さらにはこれまで培ってきたスキルを

「必ず多くの人に役立てる!」と

そんな使命を持って現在、情報発信を続けています。

 

個人ビジネスがうまくいかない理由

今、僕のプロフィールを読んでいるあなたはもしかすると

 

  • 今の会社や将来に不満、もしくは不安がある
  • ストレスまみれの社会に疲れ切ってしまった
  • 自分の時間を捧げて労働を続けることに疑問を感じている
  • 歳を重ねる前に、もっと自分らしく生きてみたい

など

 

時代の流れに不安を感じ、

僕のブログへとたどり着かれたのではないでしょうか?

 

そして、あなたは僕の記事を読んで

自分の知識やスキルでビジネスができるのでは?」と

かすかな希望に目をキラキラと輝かせているかもしれません。

 

ですが残念なことに、誰もが簡単に

個人ビジネスでうまくいくというわけではありません。

 

なぜなら、ネットユーザーというのは基本的に

全ての人があなたにとっては「赤の他人」だから。

 

つまり、そんな赤の他人に、何か仕事を頼もうとか

自分に足りない知識を教えてもらおうと思ってくれる人なんて

そう簡単には現れないんですね。

 

実際、あなたは顔も知らない、直接話したこともない僕から

「ブログコンサルを30万円でやりますけどどうですか?」と言われて

「はい!お願いします!」と即答できるでしょうか?

 

まぁ、無理ですよね(笑)

それが普通の反応です。つまり、それが現実。

 

なので、これからあなたが個人でビジネスをするにしても

どうすれば「他人に自分を信用してもらいビジネスに繋げるのか?」

 

その方法を真剣に考えて実践しないと

インターネットを生かしたビジネスで成功することはできません。

 

しかし、他のサイトを見ればよく分かりますが、

自分の第一印象を左右するサイトデザインに力を入れている人は

それほど多くはないんですね。

 

なので、未だにそうですが、

「ネットビジネスやアフィリエイトのイメージは?」って聞くと

ほとんどの人に「なんかすごく胡散臭い!」と言われてしまいます。

 

だからこそ僕は、

ネットビジネスに少しでも興味を持ってくれたあなたに

どうすれば個人の力だけでビジネスが成功するのか?

 

その方法をぜひ真剣に考えていただきたいなと思います。

 

デザインで日本を元気にするために!

僕はネットビジネス業界に参入して約3年経ちますが、

これまで多くの仲間たちに出会ってきたことで

気付いたことが一つだけあります。

 

それは、どんなに巷でネットビジネスが胡散臭いと言われていても

インターネットを活用し「自分らしい人生を手に入れたい!」と

ネットビジネスで成功しようと必死になって頑張っている人というのは

 

至って健全でまじめだということです。

 

もちろん、中には「ただ広告を貼っておけば良いんでしょ?」と

ネットビジネスをビジネスと捉えず

 

まるで魔法でお金が稼げるかのように

安易な考えを持っている人たちも中にはいます。

 

しかし、そういう人たちは放っておいても

結局、頑張るのは最初だけで、すぐに消えていきます。

 

そもそもネットビジネスの世界が

胡散臭いと言われる理由は、多くの人が

  • ネットビジネスについて正しい知識を持っていない
  • ネット上のネガティブな噂話や美味しい話だけを真に受けすぎている

 

さらに言うと、

素人でもwebサイトが簡単に作れる時代になったため

ほとんどのサイトデザインは見た目があまりよろしくないなど

 

このように多くの人が

まだ自分が知らないビジネスモデルに不安や恐怖を感じ、

 

さらには素人臭いデザインが輪を掛けるように

胡散臭さを漂わせてしまっているからなんですね。

 

そもそも私たち人間というのは自分が理解できないモノ、

得体の知れないモノに「恐怖を感じる」生き物です。

 

なぜならそういう本能が私たちには生まれつき備わっているから。

 

しかもその理解できないビジネスの土台が

素人の作ったサイトデザインともなれば

「胡散臭い!」と恐怖を感じてしまうことはある意味当然。

 

だからこそ、僕は巷で胡散臭いと思われている

ネットビジネス業界のイメージをデザインの力で払拭し、

より健全で安全なビジネスのフィールドにしたいと思っています。

 

そしてまた一人の「ネットビジネス実践者」として、

この先、時代の主流となるビジネスモデルの魅力を伝え、

 

あなたの人生を本来のあるべきカタチ」として取り戻していただき

日本を「デザインの力で元気にしたい!」と思っています。

 

つまり、まずはあなたを幸せにする!そして日本を元気にする!

この流れを僕はデザインの力で作るために情報発信を続けています。

 

決まった枠から飛び出せば世界は広がる!

僕はもともとクリアリティブなこと、

人を喜ばせるのが大好きな人間でした。

 

だから僕はモノ作りやデザインが昔から大好きでしたが、

自分には才能がないという自信の無さ」から

一度はクリエイティブ職につく夢を諦めていました。

 

しかし兄の一言や、時代背景に後押しされ20数年間

僕はプロのグラフィックデザイナーとして第一線で活動してきました。

 

そんな僕でも、会社で無理難題の仕事やパワハラ、

理不尽な休日出勤など、嫌な思いばかりをさせられ

デザインの仕事が苦痛で苦痛でたまらなく、

 

気付けばデザインすることに疲れ、

デザインが嫌いになることすら多々ありました。

 

ですから、僕は転職を繰り返すたび「デザインを辞めたい!」

実は毎回、そう思っていたのです。

 

ただそれでも「自分にはデザインしかない!

そう考えて僕は今まで必死になってデザインを続けてきたし、

それこそ会社を辞めてフリーランスになってからは

 

「やっぱり自分はデザインが好きだったんだ!」と

改めてデザインの楽しさに気付き、もっと世の中に

「デザインを生かして貢献したい」と思えるようにもなりました。

 

なぜなら、デザイン業界では、デザインができて当たり前ですが、

いざデザイン業界を飛び出すと、それが当たり前ではなくなり

 

周りからはすごいと言われ、しかも感謝されながら

楽しく仕事ができるからです。

 

つまり、あなたが今、当たり前に過ごしている

居心地の良い環境から一歩踏み出す勇気は確かに必要ですが、

 

逆に一歩踏み出してしまえば、今までとは全く違った世界が広がり

これから見えてくる未来がかなり大きく変わってきます。

 

今では自分でも本当にビックリするぐらい

生活も、付き合う人も人間関係も変わりました。

人間関係に至っては、まさにストレス0です。

 

今のご時世は本当に「自分が好きなこと」や「やりたいこと」だけで

楽しくビジネスをしながら生活ができるそんな時代になっていますし、

 

だからこそ、今、以前の僕のように理不尽な要求に耐えながら

嫌々会社勤めされているあなたには早く「他にも選択肢がある」

ということに気付いて欲しいと思っています。

 

もちろん、人それぞれで状況が全く違いますし、

「そうは言われても行動できない!」とあなたが思うのも分かっています。

 

ですが、それでも

あなたが行動しなければ何も未来は変わりません。

 

逆に言うと、

「それならいつになればあなたは行動できるのか?」

あなたにはそのタイミングが分かりますか?

 

僕も実際にいろんなしがらみがあり、

「今すぐにでも会社を辞めて抜け出したい」と思ってましたが

なかなかそうも行かず悶々とした日々を送っていたのも事実です。

 

だから、以前の僕は今のあなたと全く同じ状況でした。

 

それこそ、僕は過去に一年間ずっと会社の社長から

理不尽にパワハラを受け続けていたこともあります。

その間、部下は精神を病み、無断欠勤→出社拒否して退職しました。

 

それでも僕は、その会社を辞めることなく3年間我慢し続けました。

なぜなら、例えパワハラを受けていても、

僕には学びの方が大きかったからです。

 

その時、僕には「何がなんでも今より成長する!」という

信念だけがありました。

だから僕は辛いパワハラにも耐えることができました。

 

なので、僕は3年間、その会社で学ぶことがなくなるまで我慢し、

もう完全に学ぶことがなくなってから退職しました。

 

もちろん、社長には引き留められましたが、

留まる理由がなくなれば、会社を辞める決断も簡単にできます。

 

確かに自分の道を選択するタイミングは難しいですが、

ただ、僕があなたにお伝えすることができるのは

 

あなたがこれからどういう未来を目指すために行動をしているのか?

それを明確にした上で自分が想像する理想の未来を

確実に実現できる道」を選択して欲しいということです。

 

それがサラリーマンというならサラリーマンで良いですし

起業する方が良ければ、起業の仕方を学べば良い。

言ってしまえば、大事なのはただそれだけです。

 

ただ、いずれにしても

あなたがこの先どうしていきたいか」という判断は

できるだけ早くするようにしてくださいね。

 

なぜなら、それだけ時代の流れが一昔前に比べて

どんどん早くなっているからです。

 

つまり、いつまでもどういう未来を目指したいか迷っていると、

それこそ「あっという間」に周りからは置いて行かれてしまいます。

 

なので今あなたに

  • やりたいことや迷っていること
  • こんな理想の未来を目指したい!

そんな強い思いがあるのなら

 

あなたの素直な気持ちに従って」例え少しずつでも

必ず良い方向に向かえる道を選択しながら、行動をするようにしてください。

 

次の時代を生き残れる人物像とは?

長い不況から未だに抜け出せない見掛け倒しの先進国日本。

あなたは日本の未来に不安はありませんか?

 

僕は超不安だらけです。

 

だからと言ってお金さえあれば「安心で幸せか?」というと

僕は決してそうではないとも思っています。

 

もちろん、お金がなければ大変ですが、

お金があるから幸せといういうわけではありません。

人それぞれ幸せの定義も違いますし。

 

だからこそ、僕はお金以上に価値があるもの。

 

あなたがお金だけではなく、

お金と共にこれからもっと幸せになれるもの

それを僕はあなたと一緒に手に入れたいと思っています。

 

なぜなら、これからの時代は個人プレーの時代でなく

チームプレーが主流の時代になるからです。

 

だから僕はただお金を稼ぎたいという人ではなく

一緒に切磋琢磨しながら、世の中に貢献できる事業を作りたい。

 

そんな考えが持てる魅力的な仲間を

本気で集めたいと考えています。

 

そもそも「デザインの制作費が安ければそれで良い」

そんなクライアントは大事にしても意味がない。

それを僕は身に染みて分かっていますからね。

 

なぜなら「お金の切れ目が縁の切れ目」と言われるように

低価格にこだわるクライアントというのは、

 

さらに低コストで発注できる人が現れれば、

簡単に流れていってしまうからです。

 

ですから、僕は

お金だけの付き合いというのは絶対にしたくありませんし、

 

逆に言うと、ただお金を稼ぐ方法ではなく、

「どうすればより収益が発生するのか」永続的にお金が稼げる

ビジネスの本質を伝えていきたいと思っています。

 

なぜそれが僕に分かるのか?それは僕が長年広告業界で

マーケティングに効果的なデザインをするための

「デザイナー」をしてきたからです。

 

ただ、この一言で僕の真意がわかる人はいないでしょう。

でも今は全然それで良いのです。

 

僕はその理由を本気で知りたい人とだけ繋がりたいと思っているから。

ここではあえてお伝えしません。

 

さらに言うと、僕は他人に依存するような

思考停止状態の人とも繋がりたいとは思っていません。

 

だからこそ、僕の真意を真剣に考え、その答えを知りたいと思う人、

そういう自分ならでの考えをしっかりと持ち

きちんと行動できる人と繋がりたいです。

 

そもそもこれからの時代というのは

  • クリエイティブ力(創造力)
  • イマジネーション力(想像力)

 

このような2つの「ソウゾウリョク」に長けた人が

どんどん活躍できる時代になってきます。

 

だからこそ僕はこれまで経験してきたデザインのスキル、

ネットビジネスで培ったマーケティング力を活かし

 

その力を相乗効果でより高められる人たちと僕は繋がり

一緒に幸せを掴んでいきたいと思っています。

 

デザイナーの魅力

最後にデザイナーの魅力についてお伝えします。

 

「デザイナーの魅力」それは…

「自分で仕事を生み出せる」クリエイティブな能力です。

実際にそんなことができたらすごいですよね。

 

でも、デザイナーはできるんです。

 

おそらくそんなことができるのは、

数ある職種の中でもほんの一握りだと思っています。

 

とは言え、先にもお伝えした通り、これからの時代に必要な要素

  • クリエイティブ力(創造力)
  • イマジネーション力(想像力)

これら2つを鍛えれば、

 

誰でも仕事を生み出すことができるようになります。

 

いわゆる錬金術。

つまり、デザイナーというのは自分で仕事を生み出し

自分でお金が稼げるのです。

 

実際、この魅力に気付いている人はほとんどいません。

 

なぜならデザインの定義を理解しようと考える人が

ほとんどいないからです。

 

だから、デザインの世界はある意味ブルーオーシャンですし

これからますますデザインの需要も高まってきます。

 

だからこそ、僕は

デザインとマーケティングを掛け合わせた「錬金術」。

 

そうしたスキルが学びたいと思ってもらえるあなたと

この先、繋がっていきたいと思っています。

 

そしてそのための環境もすでに整ってますので、

これからの生き方を本気で変えたいと考えているあなたは

ぜひ僕のメール講座にご登録ください。

 

いずれにしてもあなたがこの先、

自分の人生を良くするも悪くするも

全てはあなたの行動力次第です!

 

メール講座のご登録はこちら

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

>自分が本当にやりたいことをしながら「自分らしい生き方」を手に入れる方法を無料公開!

自分が本当にやりたいことをしながら「自分らしい生き方」を手に入れる方法を無料公開!

● 自分らしい生き方に憧れる人の「不都合な真実」
●「3%の成功者」になるための方法と考え方
● 自分らしく生きるための「基本原則」
● 確実に「自分の好きなこと」で生きていく方法
● 誰もが実装可能な自分専用の「最強装備」をまとう方法
当無料メール講座にご登録いただくと、期間限定のセミナー動画を通じて、挫折することなくネットビジネスを続けるための「最強装備」をまとう方法を知ることができます。「さぁ、自分らしい生き方を自分の手でデザインしよう!」

CTR IMG