【超簡単!】ワードプレスをダウングレードする方法

ここあです。

 

ワードプレスでブログを運営して1年半。

私はずっとワードプレステーマ「STORK」を使ってきましたが

いろいろあってテーマを「THE THOR」に変更しました。

 

そのついでもあってベースとなる

ワードプレスも4.9.8から5.2.4に変えたのですが

 

先日ワードプレス5.3がリリースされたこともあり

何も考えずに思わずアップデートをポチってしまいました^^;

 

するとびっくり!

「え?まじか〜?」と叫ばざるを得ない

悲惨な状況が起こりました。

 

なぜなら、投稿記事を編集しようにも

ビジュアルモードにはならず強制的にテキストモードが表示され

記事を編集しても保存を済ませるまでプレビューすらできないという

 

なんとも恐ろしい事態が起こったからです。

ワードプレス不具合

 

何が恐ろしいかって…

 

私はワードプレステーマをSTORKからTHE THORに変更したばかりで

STORKで使用していたショートコードなどを

全て一から編集し直さないといけない状況。

 

そんな状況にも関わらず編集機能が使えないのは

例え100歩譲ったとしても

「大丈夫!」と言える状況ではなかったのです^^;

 

なので、ビジュアルモードで編集できなくなってしまった私は

泣く泣くワードプレスをダウングレードしなければならないという

状況に追い込まれてしまいました。

 

ということで、FTPソフトでサーバーからデータを削除し

ワードプレスの旧バージョンをアップデートするしかないと思い

バックアップをとっていたわけですが

 

バックアップ中にいろいろなサイトを調べていたら

とんでもない「神プラグイン」と出会いました!

 

というのも、その「神プラグイン」を使うことで

FTPソフトを使わずとも簡単にワードプレスを

ダウングレードすることができたからです。

 

いや〜、ほんとこのプラグインは

まじで「神」です(笑)

 

だから、バックアップは取ったものの

FTPソフトを使って恐る恐るワードプレスを

ダウングレードしなくても簡単に戻すことができましたので

 

今回は、例え初心者のあなたでも

簡単にワードプレスがダウングレードできる方法というのを

解説したいと思います。

 

なので、もしも私のように勢い余ってワードプレスを

アップデートしてしまい不具合に見舞われて困っている

というあなたはぜひ参考にしてくださいね。

 

この方法さえ使えば、わざわざデータのバックアップを取らずとも

ものの数分でワードプレスのダウングレードができます。

 但し、それでも念のためデータのバックアップを必ずとってくださいね。ダウングレードも自己責任でお願いします。

 

今回、私の記事を読んでいただきたいのはこんなあなた

こんな方におすすめ

  • ワードプレスをダウングレードしたい!
  • ワードプレスを以前のバージョンに戻したい!

 

それでは順番に解説していきます。※データのバックアップは必ずとってください。

プラグインのインストール方法

今回私が発見した神プラグインは

WP Downgrade | Specific Core Version」というプラグインです。

 

まずはこのプラグインをあなたのワードプレス に

インストールしましょう。

 

ダッシュボードメニューから

プラグイン → 新規追加をクリック

 

以下、プラグインの追加画面で

「WP Downgrade | Specific Core Version」と入力します。※全部入力しないと表示されません^^;

「WP Downgrade | Specific Core Version」を入力

 

 

そうすると以下、

「WP Downgrade | Specific Core Version」という

プラグインが表示されますので、インストールをクリック。

インストールをクリック

 

 

インストールが完了したらプラグインを「有効化」してください。

プラグインを「有効化」

 

 

なお、プラグイン「WP Downgrade | Specific Core Version」は

こちらからもダウンロードできます。

 

WP Downgrade | Specific Core Versionをダウンロード

WP Downgrade | Specific Core Versionをダウンロード

取り急ぎ「WP Downgrade | Specific Core Version」をインストールして

有効化できれば下準備は完了です。

 

ワードプレスをダウングレードする方法

WP Downgrade | Specific Core Version」が

きちんとインストールできていたら

ダッシュボードメニューからプラグインをクリックすると

 

プラグインの管理画面に

WP Downgrade | Specific Core Version」が表示されておりますので

「Settings」をクリックしましょう。

「Settings」をクリック

 

 

そうすると、以下のような設定画面が開きます。

設定画面

 

 

上記画面は英語ですが、以下のような表示項目となっておりますので

  • WordPress Target Version:新たに再インストールしたいバージョンの入力画面
  • Current WP Version:現在のワードプレスのバージョン
  • Language Detected:言語

一番上の入力欄に今回あなたがダウングレードしたい

ワードプレスのバージョンを入力します。

 

直近のバージョンで問題がなかった場合は

WordPress Target Version:の部分に「5.2.4」と入力しましょう。

WordPress Target Version設定画面

 

 

なお、それ以外のバージョンにダウングレードしたい場合は

以下のサイトを参考にワードプレスのバージョンを確認してみてください。

WordPress.org

 

ワードプレスのダウングレードしたいバージョンが入力できたら

変更を保存」をクリックしてください。

「変更を保存」をクリック

 

 

そうすると以下のような表示画面に切り替わりますので

続いて「Up/Downgrade Core」をクリックしてください。

 

 

なお、変更を保存の上にある「edit downroad URL」にチェックを入れると

インストールデータのあるURLを入力する欄が表示されますが

基本的に使うことはありませんので、無視してもらって大丈夫です。

edit downroad URL

 

 

「Up/Downgrade Core」をクリックすると

以下、ワードプレスの更新画面が表示されますので

そのまま「再インストール」をクリックしましょう。

「再インストール」をクリック

 

 

再インストールが完了するとワードプレスを更新した際の

いつもの画面が表示されますので、

これで無事にワードプレスのバージョンがダウングレードされました。

ワードプレス更新完了画面

 

 

最後にワードプレスがきちんと

ダウングレードされているか念のため確認してみてください。

ダッシュボードメニュー

 

上記、ダッシュボードメニューの概要欄にもきちんと

ダウングレードされたバージョンが記載されています。

 

以上がワードプレスをダウングレードする一連の流れです。

 

ワードプレスをダウングレードした後にしておくこと

「WP Downgrade | Specific Core Version」を使用して

ワードプレスをダウングレードした後は

 

以下、どちらかを必ず実行するようにしてください。

  1. 「WP Downgrade | Specific Core Version」を無効化する
  2. 「WP Downgrade | Specific Core Version」を再設定する

 

特に今後ワードプレスをダウングレードする予定がない場合は

「WP Downgrade | Specific Core Version」を無効化しておきましょう。

 

そうすることで、ワードプレスのアップデート情報や

ワードプレステーマの更新があった際には

きちんと更新通知が届くようになります。

 

逆に「WP Downgrade | Specific Core Version」を無効化しない場合は

「WP Downgrade | Specific Core Version」の設定を

再設定するようにしてください。

 

というのも、「WP Downgrade | Specific Core Version」の設定を

先ほど入力したように、ワードプレスのバージョンを5.2.4のままにしておくと

ワードプレスがアップデートされた場合、更新通知が届かない場合があります。

 

なので、「WP Downgrade | Specific Core Version」を無効化しない場合は

改めて設定画面に戻り、以下、ワードプレスのバージョン入力欄を

空欄にして「変更を保存」しておいてください。

※空欄にしても現在のバージョンが薄いグレーで表示されます。

 

「WP Downgrade | Specific Core Version」

 

「WP Downgrade | Specific Core Version」を有効化していても

ワードプレスのバージョンを空欄のまま「変更を保存」すれば

更新通知が届くようになります。

 

ワードプレスをダウングレードする方法まとめ

ワードプレスをダウングレードする方法まとめ

 

以前、私はワードプレスのアップデートにより

不具合が生じたことがありましたので、その時は、泣く泣く

FTPソフトを使って恐る恐るワードプレスのダウングレードを行いました。

 

もちろん、それでも上手くいきましたが

FTPソフトを使ってダウングレードする場合は

間違ってファイルを消去したり、上書きしてしまうと

※もちろんバックアップは致しますが‥

 

二度とサイトが復活できないというリスクがありますので

サイト運営に関してはできるだけリスクを冒したくない

と思っていました。

 

とはいえ、経験というのも非常に大事ですので

リスクをできるだけ緩和するためにテストサイトを立ち上げて

検証してみるというのもすごく勉強になります。

 

今回のプラグインに関しても私はテストサイトで試してから

きちんとダウングレードができることを確認した上で

メインサイトのダウングレードを行いました。

 

ですので、ワードプレスのアップデートにしろ

テーマのアップデートにしろ

どんな不具合が生じるかは分かりませんので

 

ワードプレスやワードプレステーマの

アップデートをする際には

  • 必ずバックアップをとってから行う
  • 先にテストサイトで検証する

ということが非常に重要となるわけです。

※テストサイトはサブドメインで幾つでも作ることができます。

 

そして、何よりも一番危険なのは、

今回、私がポチってしまったように

何も考えず安易にアップデートしてしまうこと^^;

 

ということで、ワードプレスのアップデートで

困ったというあなたはその経験を生かし

今後のサイト運営に役立てていただけたらと思います。

 

そういう私も、流石に今回は焦りましたが(笑)

「神プラグイン」のおかげでリスクなく

ワードプレスのダウングレードができ

 

また、「神プラグイン」と廻りあえたことは

私にとっては非常に良い出来事だったと思っています。

 

つまり、どんなに悪いことが起こっても

きちんと良かった面を見ることができれば

その教訓も必ず次の行動に生かすことができるのです。

 

なので、ぜひあなたも様々な経験をしながら

良い面、悪い面、両方の側面から

あなたに起こった出来事を分析し

 

その情報をまた新たな情報として

今後の情報発信に生かしていただければと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

>ネットで毎月30万円以上の自動収益を得ながら 「自分らしい人生」を送る方法を無料公開!

ネットで毎月30万円以上の自動収益を得ながら 「自分らしい人生」を送る方法を無料公開!

●自動化の仕組みで毎月30万円を稼ぐ仕組みの全貌マニュアル
●主婦やニートでもネットで毎月5〜10万円の不労所得を得る方法
●20年サラリーマンをしてきてなぜ今になって脱サラしたのか?
●安定を求めれば求めるほど不安定になる理由とは?
●いくら知識があっても、あなたが絶対に成功できない理由
など、無料メール講座本編では、決して表には出せない秘匿性の高い情報もたくさん提供していきます。※この無料メール講座は、私が有料セミナーで直接成功者たちから聞いた内容も多数含まれているため、予告なく募集を終了する可能性があります。

CTR IMG